ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       「パッケージ画面に描かれていた
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        アリスとデクスが仲間にならなかった」
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    ロイド達が育成不可能だったとか 正式な仲間がマルタだけだったとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ   もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


シンフォニア(前作)との比較
ハードがWiiに置き換わった事により、イベントムービーが大量に増加し、キャラクター達のグラフィックも美麗になった印象。
また、前作では少し時間の掛かった「フィールド移動」が簡素化され、街から街へとショートカットできるようになったのは嬉しい要素。
他にも、新たにモンスターとの契約(新要素)で仲間を獲得できたりと、テイルズとしては異色な試みも味わえました。

逆に、前作にあってラタトスクの騎士(今作)に無いシステムは↓

1.特技・術の熟練度が廃止
2.戦闘後の料理(回復など)が不可能に
3.スキット(パーティ内の会話イベント)の早送りが不可能に

など。

ちなみに、今作の操作方法はWiiリモコン+ヌンチャクのみのため、そこの所には注意(GC・クラシックコントローラは使用できません)

シナリオ
正式な仲間キャラクターがエミルとマルタだけと言う事もあって、二人の関係の話が中心となっています。
特に、マルタがエミル一筋な想いを抱いているため、恋愛に関するネタが豊富(不評と言われているToD2似?)
また、主人公のエミルが徐々に肯定化して行く過程も、PS2のアビスと若干ストーリーが被っているかな?と言う印象。

シンフォニアのキャラクターについては、エミル達の引き立て役といった存在で、あくまでシナリオの脇役へと成り下がっています。
あと、これは個人的にですがエミルとマルタはシナリオの関係上、ロイド達をあまり好ましくないと思っているため、序盤の話の展開は前作のファンには耐えがたいかも?(旧キャラ達を罵倒したり、皮肉った言い回しが多めです)

話が進むと、のちに和解するのですが、エミルなんかはラタトスクの騎士に目覚めると暴言吐きまくりの痛い子に変貌するため、真相を知っているファンにとってはこの展開にイライラする可能性も(ノ∀`)

音楽・グラフィック
BGMについては、イメージ的には前作と同じ感覚。
戦闘音楽も序盤は新規のものが使用されていますが、中盤以降になると前作のアレンジメドレーとなるため、好みが分かれるところ。

グラフィックに関しては細かく描写しているためか、たまにキャラクターの動きがカクカクになると言った部分が(それほど気にはなりませんが)
ダンジョンについては、旧マップの使いまわしが多いため前作を相当やりこんだ人にとってはその攻略よりも、世界再生から2年後の舞台を楽しむと言った作りです。
村や寄り道できる施設も大半が使いまわしなのですが、前作では入れたはずの民家が「空家」になっていたりと少し変化しているため、この様な仕様変更はある意味 探索の手間が減ったかなと言う感想。

ちなみに、秘奥義を使用した時に挿入される「カットイン」が、何故か旧キャラのみ廃止されました・・。

レビューまとめ
少しロイドが前作とギャップを感じさせる(大人びた?)人物になっていましたが、それなりに楽しめました( ゚∀゚)=3
クリア時間はプレイ時間に換算すると、約30時間ほどで1週することが出来るため、サクッとプレイすることが可能です。
長すぎず、短すぎずかな?

冒頭にも執筆しましたが、パッケージイラストを飾っている「アリス」と「デクス」は仲間にならないため、そこの所の履き違いには注意。
また、シンフォニアで登場したキャラクター達もゲスト(経験値が入らない)扱いのため、あくまで世界再生からのその後を保管するための内容と言った感じです。

とりあえず、ヒロインのマルタ役の声優が釘宮理恵さんのため、灼眼のシャナが好きな人はそれだけでも価値がありそうなゲームです。

気になった所
ちょっと不便に感じたシステムです。

1.秘奥義のカットが不可能
ボス戦で多用する技のため、これが出来ると戦闘の高速化が。

2.スキットの早送りが出来ない
先ほども挙げましたが、Aボタンで次のメッセージが流れたらなぁ・・と。
Bボタンでキャンセルは出来るんですが、それだと肝心の会話ログが表示されなかったりします。

3.一度見た、イベントシーンが長い
自動的に会話が流れる演出なんですが、リトライした時などは邪魔に感じます。
ただ、後々「A+Bボタン」の長押し(小ネタ)でカットできる事に気付き、不満は解消されました(ノ∀`)

4.イベントで仲間と一時的に解散したときに、合流すると「作戦」がリセットされているのが面倒
ラタトスクの騎士では仲間と分断するイベントが多いため、余計に不便に感じました。

5.アイテムの整理整頓が不可能
一応、カテゴリーごとで検索すると整理はされているのですが、自分で整頓しないと納得しない主義でして・・。
コメント
この記事へのコメント
スキットBボタンorCボタンでカットできますよ
2008/07/05(土) 09:42 | URL | オタオタ #/.OuxNPQ[ 編集]
えーと、少し説明があやふやになりました(;^ω^)

>>スキットの早送りが出来ない
会話メッセージをAボタンで流せないという意味ですね。
レビューにも執筆していますが、Bボタンなどのキャンセルだとログが表示されない模様です。
2008/07/05(土) 15:39 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
何と、正式な仲間がマルタだけとは驚きの仕様ですね。という事は、仲間モンスターが結構活躍するのかしら
料理や旧キャラの秘奥義カットイン廃止も少し寂しい所。
前作では各キャラの料理の好き嫌いが見れて、楽しかったものですから。

とはいえ、育成不可能でも一応前作キャラは全員仲間にできるようですし、
前作のキャラが好きなら買って損はない…のかな。
プレセア可愛いよプレセア
2008/07/06(日) 20:52 | URL | ロマンサー #-[ 編集]
育成できるキャラは、エミル・マルタ・モンスターのみのようでした。
モンスターについてなんですが、やはり戦っているとボイス無しなのが悔やまれる所ですね。
一応、モンスターのSEなどは流れるんですが、
テイルズの戦闘は、やはりキャラ同士の掛け合いが1つの醍醐味かなぁと再認識できたり(ノ∀`)

料理に関しては、モンスター用のメシへと化してしまいました・・。
相変わらず、スキットで料理ネタも用意されているんですが、戦闘後の回復にも利用したかったですね。

>>プレセア
この子は登場するのが終盤のため、利用する期間が短いのがネックですね。
と言いつつ、自分は愛用させてもらっていましたが(ノ∀`)
2008/07/07(月) 00:24 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/865-c4f09f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。