ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「FF3」発売まであと3日。
「あつまれ! パワプロクンのDS甲子園」は投手第2号を作成して、ひとまず中断と行きたい所です。

現在育成しているチームは、
ボブ・デービットソン
名前=「ボブ」
守備位置=ピッチャー
投打=左投げ左打ち
投法=スリークォーター
打法=クラウチング
血液型=0型
都道府県=兵庫
高校=予算:C、指導:A、人望:E
高校名=デービット
高校短縮名=誤審
って、既に高校名ですら無いチームなんですが、一番のポイントはあの誤審で有名な「ボブ・デービッドソン」がキャプテンを務めている事です^^
こりゃ、試合では荒れそうだぜ・・(;´∀`)
高校の短縮名も「誤審」で、相手チームを威圧できそうです。

前回の、「投手」第1号完成!の記事では変化球ポイントが有り余ってしまったので、今回は育成方法を修正する事に。
まず、練習は「変化球練習」から始めて、3,4種類の変化球を覚える事が投手育成の基本みたいですね^^
前回の投手育成で試して見ましたが、変化球ポイントは最初に複数の変化球を覚えてから、それぞれの球種レベルを上げた方が必要な経験点を節約できますね。
よって、球種レベルを上げてから、更なる変化球を覚える事はナンセンスと言えますね。
覚えた変化球はセンス=100になった時点で、一気に上げると更に経験点の節約に結びつきます。
センス=100になるまでは、変化球ポイントは貯めて置くべきなんですね^^

育成している「ボブ」君は、初期で「スライダー2」「フォーク2」を所持していたので、これに「カーブ」を加えて変化球は3種類に留める事に。
とりあえず、センスが100になるまでは「スライダー2」「カーブ1」「フォーク2」で頑張る事にします。

最初の年は、春の甲子園優勝が一番の目標ですね^^
そのためにも、まずは秋の予選を突破しなければ(;´∀`)

記事は明日に続きます。
コメント
この記事へのコメント
自分も管理人さんの育成を真似て作っているのですが普通なら変化球が終わったら急速アップの練習に移りますが管理人さんの育成法だと変化球が何Pくらいで7までなるか和から無くないですか?

3000Pくらいあれば2つ7までレベルあげれるでしょうか?
2006/08/22(火) 08:52 | URL | ひゅうま #-[ 編集]
3000ポイントは多すぎますね~^^;
1500ポイントあればセンス=100の状態で、初期変化球を軸に変化球レベルを「7、5、5」位までは上げれますよ^^
世間評価が100の状態で選手登録をすると、「変化球レベルがランダムで2球種+2」されるので、自ずと「7、7、7」になると思います。
まぁ、ランダムなので運も必要ですがね^^;
2006/08/22(火) 21:29 | URL | J.Jan #q7EjBrqg[ 編集]
3000は多かったですね。
確かに。

試しに12月下旬センス100になってない状態でやったら3000P全部使ったらスローカーブ7 チェンジアップ7 Hシンカー6が出来ました。ちょうど3000P使いましたよ。

今まだ育成中ですね。

あとブログ今日作ってみたので良かったらどうぞ。

迷惑ならすみません
http://blog.goo.ne.jp/nintendo-ds-lite/
2006/08/22(火) 21:39 | URL | ひゅうま #-[ 編集]
>>育成
今の所は、失敗続きです(;´∀`)

>>ブログ
全然迷惑では無いですよ~^^
攻略情報はネタ作りが忙しいと思いますが頑張って下さい(・∀・)ノシ
2006/08/22(火) 22:03 | URL | J.Jan #q7EjBrqg[ 編集]
>>Janさん
誤審って・・・・・・(笑)
ついでにボブのこと見ましたが・・・あんなことしてた人だったとは;;;
今更ですがやっぱりWBC日本-アメリカ戦は「誤審」ですね!!
優勝したからいいけど^^
2006/09/01(金) 19:19 | URL | JACK #oUPgpoCM[ 編集]
ボブ(=デービッドソン)は、面白い人ですよね(笑)
本当に、いい加減な審判です(;´∀`)
2006/09/01(金) 20:31 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/86-08d638dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。