ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下、週刊ファミ通のクロレビ。
テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士

■カミカゼ長田 8点
評価が高い作品の続編だけに、いろんな点で賛否両輪あると思うが、少なくともハズレではないかと。
前作からのシステム的な変更点(マップ移動の簡略化やモンスターが仲間になるなど)は、テンポや演出、戦略性の向上に貢献。
何より、前作と異なるプレイ感覚が味わえるってのはイイ。

■山本ペンキ 8点
おなじみの戦闘はフリーランや空中コンボなど、従来のシステムを盛り込みつつ、エレメンタルグリッドなどの新要素も追加。
さらにモンスターを仲間にして育成したりと、大胆な変化もあります。
それでいてシリーズの基本はしっかり抑えられているので、安心して楽しめますよ。

■吉池マリア 8点
イベントが豊富。
前作のキャラはもちろん、町の様子や人々のセリフなども”前作から2年後の世界”というのが違和感なく表現されていて○。
戦闘は難度が高めで、経験値稼ぎが必要な場面も。
モンスターと契約し、収集するのはやり甲斐がありますが、育成はもうひと工夫欲しかったです。

■河田スガシ 7点
お手軽でスピーディーな戦闘、テンポよいシナリオ展開、快活なキャラクターたちなど、シリーズならではの魅力は健在。
小難しい事を考えずに楽しめる。
RPGの王道を行く作風だ。
話もキャラも前作とのつながりが大きいので、前提ではないが、前作を遊んでいたほうが楽しめる。

8 + 8 + 8 + 7=31点(シルバー殿堂入り)


モンスターよりも、シンフォニアのキャラなどをパーティに組み込む人が多そうな予感。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/837-46abcbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。