ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売から2ヶ月ほど経過していますが、感想まとめ。

■1人用モード
1.亜空の使者(アドベンチャーモード)
ストーリー(ムービー)に沿って、全部で30面あるステージを一つずつクリアしていくと言うもの。
コンプリート(100%クリア)に約10時間は掛かることから、アクションにしては作業ゲーとなりがちなモード。

某メッセでも面白いと感じた方がいないほどの不評っぷり。

2.競技場:ターゲットをこわせ!!
一部の人にとっては空気となるモード。
スマブラDXではキャラクターごとに専用ステージが設けられていたものの、今作では共通のステージを使い回しと言う・・。

3.トレーニングモード
お馴染みプラクティスモード。
設定し忘れなのか、OP(ワンパターン)相殺による補正が付いていないのが残念。

4.コインシューター
集めたコインを消費して、シールやフィギュアを集めるミニゲーム。
最近、連射コントローラがあるとすごい簡単に収集できる事に気付きました・・。

5.クリアゲッター
ある条件を満たすごとに、特典が解放されるパネル。
「オールスターを全キャラクターでクリア」や「百人組み手を全キャラクターでクリア」などの廃人要素が売りです(^ω^)

■Wi-Fi対戦
1.おきらく乱闘は、本当に「おきらく」
戦績が付かない事もあってか、フレンド対戦よりも中毒性は薄目の感想。
個人的には、1VS1のタイマンルールの検索枠があっても良かったかなというところ。

2.キャラ別の使用人口はスネーク・アイクが多め?
次点で、雷連打ピカチュウとマルス辺り。
意外に、低年齢層に人気の出そうなウルフはそれほど見ないかも(メタナイトは、ぼちぼち)

あくまで、自分がプレイした時の主観であって、時間帯によっても使用人口は左右されますが。

3.4人戦は自然とスマッシュぶっぱが多く
ごっつあんアイクや黄ばみネズミの雷も、意外とよく当たります。
最早、タイマンとは別ゲーと言う方もおられますが、これが本来のスマブラの形かも。

4.フレンド対戦にて、2/4の部屋に入りづらい!
タイマンしているかの見分けが付かないため、非常に入室を拒んでしまいますw
フレンドの部屋戦機能にも、おきらく乱闘と同じく2人戦が欲しかったかなというところ。

■その他
1.CPUのジャストシールドのタイミングが相変わらず神
弱攻撃見てから直ガ余裕でしたはスマブラDXからお馴染みですが、シールドリフレクトが無くなったのが唯一の救い。
基本的にCPUの思考は向上しており、こちらの落下に合わせて迎撃体制を取るようになったのは64版のCPUを彷彿、またスマッシュホールドも使用してくるように。

2.空中緊急回避を受け付けるまでの猶予が短く
吹っ飛ばされてからの受身入力が素早く行えるため、追撃が決めにくくなった感想。
そのため、コンボは著しく減少し、どちらかと言うと連携に近いものが大半を占めそうな。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/734-99488544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。