ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■地上攻撃
A 3%>2%>4%
ひっかき攻撃。
最高三段目までチェーンでき、最後の一撃は1キャラ分前進した後、相手を大きく吹き飛ばす。
初段を当てるとそのまま繋げる事が容易で、始動も早いため近接距離での暴れに最適。

横A 11%
シフトチェンジ対応技。
両手で前方をひっかく、ウルフの主力技の一つ。
前のめりになるためリーチが長く、二段ヒットする。
たまに一段目をガードした相手が、シールドを解除して二段目を直撃するケースも少なくは無い。

上A 10%
かかと落としの一段目のモーションのまま、真上に蹴り上げ。
めくり判定は無いが、見た目以上に前方への攻撃範囲が広い。

下A 6%
しゃがみ状態で、相手の足元へ蹴りを入れる。
リーチが長く、相手を一定確率で転ばせる性能を持つ。
ウルフの主力技の一つで、OP相殺が掛からないように横Aと使い分けると吉。

■空中攻撃
JA 8%
体を丸めて、前後に揺れながらグルグルと回転攻撃。
体全体に攻撃判定があり、始動の部分を当てると相手が吹っ飛ぶ。
但し、それ以外の部分を当てるとカス当たり(1%)となり、相手へのリアクションがほとんど無くなるため注意。

J前A 11%
体勢を崩しながら、前方をひっかく。
見た目とは裏腹にふっ飛ばしベクトルは上方向のため、空中にいる相手に対して画面上へのバーストを決めることも可能。
但し、SJから繰り出すと着地に硬直が応じるため、その場合はジャンプ後Aを代用したい。

J後A 13%
後方に向かって蹴りを入れる。
始動が早く、リーチも長いためウルフの空中戦の要。
ダッシュ反転ジャンプからの切り込みにも最適で、利用できる場面は多い。

J上A 12%
一つ間隔を置いて、真上をひっかく。
他の遊撃と同じく、相手を真上へと吹っ飛ばす性能を持つが、
フォックス・ファルコと比較するとふっ飛ばし力が劣るため、フィニッシュ技としては扱いづらい。

J下A 15%
両手を力を溜めるように掲げた後、真下へとハンマーの様に殴りつける。
相手を真下へと叩き落とすメテオ効果を備え、ジャンプ攻撃の中では一番威力が高い技。
数あるメテオ技の中でも始動は早い部類だが、攻撃範囲が狭いため当てづらさは相変わらず。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/722-e1b12c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。