ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■スマブラDXからの変更点
1.ディンの炎(横B必殺技)の大幅強化
2.上Aとネールの愛(B必殺技)のふっ飛ばし強化
3.一部の通常攻撃に細かな上方修正

※以下はマイナス点

1.ネールの愛の反射時間の低下
2.シークチェンジ(下B必殺技)の変身時間の増加

■特徴
分かりやすく説明すると、重量級の攻撃力と隙を併せ持った「軽量級」
横A・上Aなど、見た目のギャップとは裏腹に一撃一撃が重いお姫様。
特に、稲妻キック(ジャンプ前・後A)を上手いこと直撃させてくるプレイヤーには、怒涛のプレッシャーを感じる。

攻撃の一つ一つの動作が遅いため、基本的にスネークのような待ち型。
最強の飛び道具と名高いディンの炎を駆使しながら、相手の出方を伺うのが常套手段。

基本的に、攻撃の隙が大きい割りに体重が軽いため、4人戦では突出しにくいキャラ。
また、ステージに復帰する手段が乏しいため、一度ステージ外に飛ばされるとそのまま戻れない事もしばしば。

■必殺技
B(ネールの愛) 14%
接近戦の主力1
相手の飛び道具を反射する効果を持つが、技の発生時に周囲を吹き飛ばすのがミソ。
スマブラXでは反射時間が減退したと前述したが、逆に言うと
1回1回の攻撃時間が短くなっているため、隙も軽減され扱いやすくなっている。

横B(ディンの炎) 16%
スマデラよりも始動と硬直が軽減され、爆発範囲と射程距離(上下方向)が大幅にアップしている。
また、ふっ飛ばし距離も強化されているため、相手の復帰に合わせて放つと画面外へバーストを狙う事も可能。
牽制の要にステージの復帰阻止にと、ゼルダの軸となる技。

上B(フロルの風) 6%
姿を消し、スティックを傾けている方向へ瞬間移動。
姿を消した直後とワープ後に攻撃判定があり、GC技として使えない事も無いがシークと同じく復帰専用技。

下B(シークチェンジ)
数秒後、シークに変身する。
変身時間は長いが、その間は無敵時間を備える。
ダメージ稼ぎはシーク、フィニッシュはゼルダと言う割り切り方でもOKだが、
その場合は、どちらのキャラクターもそれなりに扱える事が前提条件となる。

※表示%はマリオを相手にした最大ダメージ
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/718-7ec378e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。