ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■地上攻撃
A(小太刀>逆小太刀>連突) 3%>3%>2%(1ヒットに付き)
手刀によるラッシュ攻撃。
最後までヒットさせると、相手が「ずらし」行為を行わない限りハメが可能。
ラッシュ攻撃が出始めると隙が大きいため、ヒット確認が出来ない場面では無闇に連打しないのが吉。

横A(円弧) 5%
半月の「弧」を描く様に、前方を蹴り上げる。
シークの主力となる技で、リーチは短めだが一度ヒットすると更なる追撃が決まりやすい。
主に、横A×Nから上スマッシュや、相手が浮いた場合は空中攻撃で追撃などのパターンが多い。
また、相手への蓄積ダメージが少ない序盤では、横Aからの投げが比較的繋ぎやすい。

上A(真弓) 13%
2段ヒットするカカト落とし。
隙自体は少なめだが、横Aと攻撃範囲が被る事もあるため使用場面は限定される。
一応、2段ヒットすると高威力且つ、横Aよりかは真上へのリーチが長い。

下A(旋風) 8%
低空姿勢からの足払い。
シークのしゃがみは非常に姿勢が低いため、相手の一部の技を回避することも可能。
ヒットさせると相手を浮かす、OP相殺が掛からない様に横Aと使い分けると吉。

■空中攻撃
JA(落葉) 13%
前方に蹴りを入れたモーションで硬直。
この時、自分自身に攻撃判定が存在するため、体当たりの様に相手に接触すると吉。
通常攻撃の中ではふっ飛ばし距離もそこそこ(出始めのみ)なため、フィニッシュ技としてSJから繰り出してみるのもあり。

J前A(鉈) 9%
スマデラのフィニッシュ技として重宝した「鉈」
今作では、ヒットさせても相手が勢いよく真横に吹っ飛ぶことは無くなった。
始動は早いが、短いリーチとふっ飛ばし能力が噛み合っていないため、無理に使用する必要は無いかも。
ただ、その発生の早さは空中で上手く相手に密着できると、効果を発揮しそうな予感。

J後A(飛燕) 12%
シークの空中攻撃の中では、一番リーチが長い。
蓄積ダメージも平凡なため、基本的に空中攻撃を仕掛ける場合はこれを軸にしたい。

J上A(錐) 11%
上方に向かってドリルキック。
攻撃判定が大きく、画面上バーストへのフィニッシュ技の一つ。
少し浮かせた相手や、空中から落下してきた所に追撃を決める際に用いる。

J下A(百舌) 10%
斜め下に向かって急降下キック。
地面に着地した際に隙が応じるため、着キャンが出来ない今作では基本的には使わない。
また、一度使用すると暫くの間はキャンセルできないため、ステージ外へ誤って突っ込まないように。
コメント
この記事へのコメント
自分は、ゼルダ、ゼロスーツ使いなんですけど、シークも極めてみたいと思ったのでとても役に立ちました~~

ありがとうございます。
2008/03/07(金) 15:50 | URL | ネウロ #-[ 編集]
ゼロスーツをお使いですか、丁度そのキャラクターがシークの強化版みたいな感じですw
記事は後々、気付いた事があれば修正する予定です(m´・ω・`)m

ゼルダの記事も一応書いていたりします(ノ∀`)
2008/03/08(土) 01:20 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/716-c79219ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。