ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単な感想を執筆....φ(・ω・` )

■ソフト詳細
正式名称=おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2(にとにぶんのいち)
里奈は見た!いや、見てない
ジャンル=おさわりアドベンチャー
プレイ人数=1人用
開発=ビーワークス
販売=サクセス
発売日=2007年5月24日(木)
対応機種=ニンテンドーDS
関連サイト=公式サイトまとめWiki(1と2複合)、攻略サイト(Wikiよりも詳細で簡潔)

前作は未プレイ。
以下は、週刊ファミ通のクロスレビュー。

■フランソワ林 8点
謎解きは総当りに近く、小さな発見の積み重ねで少しずつ進むタイプ。
ただ、合間の"笑い"が緩衝材になってダレずに進める。
細かなリアクションが豊富で、好き嫌いは分かれそうだが、脱力系ユーモアのセンスがいい。
色モノソフトに見えがちだけど、じつは丁寧に作られている良作。

■ででお 7点
見た目やストーリーはコミカルながら、謎解き自体は本格的。
前作を知らなくてもすんなり楽しめるつくりは○。
下画面のセリフと同時に、主人公の考えが上画面に表示されるのも楽しい。
同じ場所を何度もタッチしたときに、セリフを細かく変えるなどの工夫がもう少し欲しかった。

■奥村キスコ 7点
どうでもいいような、どうでもよくないような不思議な魅力が満載。
前作に比べ、突拍子のない展開は抑えられ、推理や連想がしやすくなった印象。
ひとつ見逃すと行き詰ってしまうのは相変わらずですが。
おまけシナリオは、キャラの日常をより楽しむうえでうれしい要素です。

■ローリング内沢 7点
前作同様、シュールな世界観、個性溢れるキャラ&グラフィックは非常に独創的。
それゆえに、ちょっとわかりにくい謎解きもあるけど、そのようなクセも楽しめるなら○。
ヒントが少なく迷いがちだけど、謎を解いたときの達成感はアリ。
タッチペン1本で遊べるので、間口は広い。

8 + 7 + 7 + 7=29点

1/4ページ
コメント
この記事へのコメント
なんかDSってイミフのゲーム多い
ですよね
2008/01/12(土) 01:58 | URL | あのー #8kSX63fM[ 編集]
おさわりはマイナーながらも、中々の良ゲーでした。
2008/01/12(土) 02:15 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
これ気になってるけど
末プレイ(*´艸`)
DSソフトは開発費が安いから
製作者がある程度、趣味に走ったり
無茶なソフトを作れると聞いたことがあるような気がする
2008/01/14(月) 08:22 | URL | jaguar #-[ 編集]
なるほど。
このおさわり2は、前作からの使い回しグラなどが大半だそうなので、
更に、開発費が抑えられているのかも知れませんね。

このゲームで、久しぶりにアドベンチャーを楽しみましたw
2008/01/14(月) 21:46 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/662-2e0ec42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
おさわり探偵小沢里奈 【レビュー】おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2 その1ソフト詳細正式名称=おさわり探偵 小沢里奈 シーズン2 1/2(にとにぶんのいち) 里奈は見た!いや、見てないジャンル=おさわりアドベンチャープレイ人数=
2008/01/19(土) 23:00:52 | 探偵調査通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。