ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。
色々と項目を分けて、もそもそっと書いていきます....φ(・ω・` )

■登場人物
ルッソ・・・主人公
アデル・・・ヒロイン
シド・・・ルッソのいるクランの大黒柱
ハーディ・・・吟遊詩人、前作のモンブランの弟
ヴァン、パンネロ・・・FF12よりゲスト出演(物語に絡んでくる)

などなど。

■ストーリー
学校の図書室で居残り掃除をしていたルッソがイヴァリース(ゲームの世界)に繋がる書物(グリモア)を発見。
不運にもイヴァリースに飛ばされるが、モンスターに襲われていた所をシド率いるクランに助けられる。
その他もろもろ、元の世界へと帰る方法をシド達と一緒に探す旅に出る。

■ロウ
ロウとは?
→エンゲージ(戦闘)で守るべきマナーみたいなもの。
つまり、ロウが「飛び道具禁止」の場合は、弓や銃攻撃を行うと罰則を取られる。

前作よりお馴染みのシステムだが、今作でもやはり邪魔に感じるシステム。
タクティクスアドバンスでは、ロウを破るとエンゲージから追放されプリズン(牢獄)送りだった。

封穴のグリモアでは、少し緩和してロウを破ると「戦闘中に復活できない」というシステムになった。
つまり、ロウを破ってしまってもエンゲージで倒されない限りは、ペナルティは全く無いことと同じになる。

しかし、ロウを守りきってエンゲージを終えると、獲得APアップなどの恩恵を受けることが出来る。
そのため、このロウが中々無視できないものとなっているため、結局は破らないようにエンゲージしている感は否めない所。
また、ロウを課せられるのは味方のみで、敵側はロウを無視して行動を行ってくるため辛いものがある。

ちなみに、今作ではロウをつかさどる「ジャッジ」がマップに配置されなくなった。
※前作ではお世話にもマップ上でハエの様にうろうろ動き回っていた

2/7ページ
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/655-2743dbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。