ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日から2ヵ月半ほど経っていますが、簡単な感想を執筆。

■ソフト詳細
正式名称=ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア
ジャンル=シミュレーションRPG
プレイ人数=1人用
開発・販売=スクウェア・エニックス
発売日=2007年10月25日(木)
対応機種=ニンテンドーDS
関連サイト=公式サイト(音楽が流れます)、まとめWiki(攻略など)

前作のタクティクスアドバンスはクリア済み。
まずは、週刊ファミ通のクロスレビューから。

■ふじのっち 9点
メインクエストに加えて、サブクエストやオークションなど、遊び尽くせる要素が満載。
シミュレーションRPGの王道とも言える、バランスの取れたシステムは健在。
できることが多いので、メインのシナリオがややブツ切りになってしまいがちなのは気になるが、大満足のボリューム。

■ウワーマン 9点
ロウの仕様変更は正解。
ペナルティーが軽減されたとは言え、十分緊張感は保てる。
クエストの種類は非常に豊富。
ジョブやアビリティが大量追加されたのは単純に嬉しい。
細かく描かれているビジュアルにも好印象。
ただ、マップによってはユニットや足場が見えにくいのが気になる。

■深見参段 8点
ロウは"守るとメリットがある"という存在になったため、敷居が下がったのは○。
物語の展開は、起伏が少なく物足りなさを感じるかも。
とにかくクエストの数が多く、バリエーションは豊富。
クエストをチクチクこなす人は、ジョブ集めやクエストコンプリートのし甲斐があるかも。

■メルヘン須藤 8点
キャラのカスタマイズがおもしろさの要。
アビリティの付加した武器の材料を求めて、ついついクエストをやり込んでしまう。
クエスト自体のパターンも前作より豊富になっており、飽きさせないのも○。
複数のユニットが近接するとごちゃつくので、視点変更はできればよかったかと。

9 + 9 + 8 + 8=34点(ゴールド殿堂入り)

1/7ページ
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/654-12dd7c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。