ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q.GP2Xとは?
A.海外の携帯ゲーム機。
韓国のGamePark Holdings(GPH社)が開発・販売。
海外では2005年11月10日よりリリースされ、日本では今年の2007年10月26日(金)より、一部のシリーズが国内販売される。

■発売シリーズ
GP2Xシリーズの内、「F100」と「F200」の2機種が国内で販売予定。

→GP2X-F100
発売日:2007年10月26日(金)
希望小売価格:27800円(税込み)

→GP2X-F200
発売日:2007年12月1日(土)
希望小売価格:29800円(税込み)

■F100とF200の違い
F100
 本体カラーが黒。
 値段が2000円安い。
 外部ストレージは2GBまで。

F200
 本体カラーが白。
 値段が2000円高い。
 外部ストレージが32GBまで。
 液晶がタッチパネル。
 8方向のデジタルパッドが搭載。
 F100より、本体の奥行きが薄い。

■主な仕様
OSとしてLinuxを搭載。
ゲームや音楽の記録媒体にSDカードを使用。
このゲーム機はいわゆるエミュレーターで、他ハードのROMイメージ(ソフト)を動かすことも可能。
また、ゲームをプログラミングする環境が公式より提供されており、ネット上より同人の手により完成されたソフトをダウンロードする事も可能。

■注意事項
国内でのお求めは、一部の大型量販店やゲーム店のみ。
また、通販ショップでも取り扱っているが、国内出荷数が少ないため店舗は少なめ。
GP2Xシリーズはエミュレーターやゲームプログラムの知識が必要なため、それらに疎い方は手を出さないのが無難。
※一応、完成したROMイメージのみダウンロードして遊ぶ事も可能

■関連記事
遂に日本上陸!タッチペンでプレイできる携帯ゲーム機「GP2X」シリーズが10月26日発売決定(任天堂INSIDE)
テルテン、「GP2X」シリーズ2機種を国内で発売 ゲームソフト制作を前提に開発された携帯ゲーム機(GAME Watch)
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/602-80f239b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。