ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。
メインとなる一人用モードとWi-Fi対戦のレビュー。

■カップバトル(一人用モード)
最初に難易度選択あり(ノーマルorスーパーハードの2種類)
その後、使用するチームのキャプテンを選び、各々のサイドキッカーを3人選択する。
ちなみに、チャージドのサッカーはキャプテンを含めた4人のメンバーでゲームを行う(フットサル感覚)
また、レッドカードやイエローカードの概念が無く、タックルやアイテムなどのラフプレーは何でもあり。
但し、ボールを持っていない相手にタックルを決めると、相手側にアイテムが付与されるデメリットも。

自分はここで、クッパをキャプテンに選び、サイドキッカーにテレサ・ヘイホー・カロンの3匹を選択。
ちなみに、クッパ=パワー型、テレサ・カロン=スピード型、ヘイホー=バランス型

カップバトルの定義は、まず総当りのリーグ戦を行い、上位成績のチームがチャンピオン戦を賭けたトーナメントに出場できると言うもの。
例として、最初のファイアカップの場合はプレイヤーを含めた4チームでリーグ戦が行われ、1チームごとに2試合ずつのゲームが用意されている。
つまり、プレイヤーは自分以外の3チームと2試合ずつのゲームを行うため、最終的には計6ゲームを費やす事となる仕組み。

その後、上位2チーム(リーグ戦の1位と2位)がチャンピオンシップを賭けたトーナメントを行い、優勝した方が次の舞台へと進める仕組み。
ちなみに、リーグ戦では幾ら負けようが全試合をこなすまでは終了しないが、トーナメント戦では1試合でも落とすとリーグ戦の最初よりやり直すというマゾ仕様。
この仕様は、ファイアカップではそうでもないが、クリスタルカップ→ストライカーズカップと参加チームが増加してくると、非常にリーグ戦のやり直しが作業ゲーと化してきます(ヽ´ω`)

カップバトルはトーナメントを勝ち進み、チャンピオンの座を賭けた最終ゲームへと辿り着くといよいよ舞台は大詰め。
チャンピオンとの3試合のゲームが用意されているが、先に2勝した方が優勝と言う設定のためトーナメント戦よりは難易度は落ちる。
ファイアカップの場合は見事チャンピオンに打ち勝つと、隠しキャラのクッパ.jrと隠しスタジアムを一つ入手する事が可能。

■ニンテンドーWi-Fiコネクション(Wi-Fi対戦)
前回の記事で執筆したとおり、用意されているモードは「ランキングバトル」「フレンドバトル」「フレンドリスト」「ランキング」の4項目。

1.ランキングバトル
レーティング機能の付いた国内対戦。
全国の見知らぬプレイヤーと試合を行うには、強制的にランキングバトルに参加する仕組み。
また、シーズンと呼ばれる概念が存在し、シーズン終了(1週間)ごとにレーティングがリセットされる。
ちなみに、隠しキャラ(クッパ.jr、ディディーコング、ボスパックン)は全てオープンされており、ルールは制限時間3分の三本勝負。

2.フレンドバトル
友達コードを登録したフレンドとの対戦が可能。
一応、フレンドのオンライン状況を確認する事も可能。

3.フレンドリスト
自分の友達コードの確認や、フレンドの登録・修正・削除はここから行う。

4.ランキング
現在の全国のプレイヤーのレーティングを閲覧する事が可能。
主な項目は、シーズンTop10・自分の付近Top10など。

※次回は実際のプレイ感想。。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/593-0dfde684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。