ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。

■ダンジョンデータ
名称=まぼろしのだいち おくち
階層=8F(ボス戦あり)
主な生息ポケモン(時の探検隊ver.)
ブニャット ブーバーン ライボルト ラムパルド トリデプス
カイリュー トロピウス ユキノオー ガブリアスetc

野生のポケモン共に、一つ目のダンジョンと全く代わり映えしないため、攻略の部分は割愛。
無事に最下層の8Fを降りるとシナリオのイベントが進行する。
ポケダン359ポケダン360
幻の大地の奥地より、「こだいいせき」を発見する一同。
そこには未知のポケモンが描かれている壁画が存在し、壁際伝いに進んでいくと野外へと突き抜ける。

そして、階段より登った所には、ある不思議な空間が。
ポケダン361ポケダン362
そこには中央に小さなくぼみと、石版が置いてあるだけであった。
しかし、ジュプトルが石像に彫られていた「アンノーン文字」を解読する事により、この場所こそが「にじのいしぶね」だという事が判明する。

そして、解読した石像には中央のくぼみに「いせきのかけら」をはめ込むよう示されていた。
ポケダン363ポケダン364
パートナーのアチャモが遺跡の欠片をはめ込もうとするが。
次の瞬間、それを静止するかのように何者かの声が響く ( ゚д゚)ハッ!

その声とは、過去に出会ったある人物のもの。
ポケダン365ポケダン366
ディアルガの手先である、ヨノワールが登場する。
どうやら、未来の時と同じく、この虹の石舟で待ち伏せを行っていた様であった。

ヨノワールは、再びキモリ達を未来へと送り込もうとするが。
ポケダン367ポケダン368
未来へと誘う「じくうホール」の前で、キモリ達が最後の抵抗を見せる。
ここで、ヨノワール&ヤミラミ×6匹との戦闘になるが、注意するべき相手はヨノワールより手下のヤミラミ達。
複数回攻撃である「みだれひっかき」が非常に痛いため、手下から順番に片付けていくのがセオリー。
ちなみに、彼らのHPはヨノワール=約500、ヤミラミ=約100ほど。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/573-5cead0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。