ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。
プクリンのギルドへ「まぼろしのだいち」の情報を提供したコータス長老の帰り道。
ポケダン321ポケダン322
探検隊「ドクローズ」の手により、そのまま何処かへと連れ去られてしまう(´・ω:;.:...
また、「いそのどうくつ」を探検するに当たっての準備を始めたキモリ達は、「サメハダいわ」にてジュプトルからの置手紙を発見する。

その内容とは、
1.今も彼は「ときのはぐるま」を集めている事。
2.既に5つの時の歯車の内、3つは手元に収めた事。
3.ギルドに真相を話した事により、アグノムたちが協力的になってくれた事。
4.皆の前に姿を現さないのは、まだ自分が完全に信用にされていないからだと言う事。
5.また、その騒ぎを聞きつけたヨノワールが、いつ未来よりこの世界へやって来るかも知れないと言う事。

そして、手紙の最後の内容によると、このサメハダ岩と海岸だけには情報交換のために姿を現すと書き綴(つづ)られていた。

チャプター18「ラプラス」
ポケダン323ポケダン324
ジュプトルを探しに海岸へとやって来たキモリ達であったが・・。
その姿は無く、夕陽が掛かるその場所で二人は自分達が初めて出会った時の事を思い出す。
過去の感傷に浸るキモリ達を背景に、見知らぬポケモンが海岸沿いを優雅に泳いでいる。

このあと、海岸より主人公達が立ち去ったのを見計らって、ある3人組が姿を現す|ω・`)
ポケダン325ポケダン326
お馴染みドクローズのメンバーであったが、どうやらアチャモの持つ「いせきのかけら」を奪還する作戦を企てていた様であった。
また、磯の洞窟へと向かう前日の夜中、親方のプクリンが海に潜むラプラスと言うポケモンと密会するシーンが流れる。

そして、ついに磯の洞窟へと探検する当日を迎える。
ポケダン327ポケダン328
■ダンジョンデータ
名称=いそのどうくつ
階層=B9F(最下層を降りると中腹のセーブポイント)
主な生息ポケモン(時の探検隊ver.)
ヒトデマン メノクラゲ オムナイト ハクリュー
パウワウ ジュゴン キングラー ペリッパー トリトドンetc

このダンジョンではペラップと主人公&パートナーの3人組で攻略する事になる。
また、チリーン編成所の仲間を連れて行くことが不可能で、もちろんの如く、この冒険の間は野生のポケモンが仲間になることは無い。

※ペラップのステータス
初期レベル=Lv36
技=つつく みだれづき オウムがえし はねやすめ

無事に最下層のB9Fを降りると、セーブポイントのある中腹ポイントへと辿り着く。
コメント
この記事へのコメント
立ち寄りました(^^)のでカキコしました。

2008/04/26(土) 01:54 | URL | cutyzizi #-[ 編集]
初めまして。
2008/04/26(土) 20:01 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/569-6e476174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。