ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケダン290
■ダンジョンデータ
名称=キザキのもり
階層=20F(ボス戦なし)
主な生息ポケモン(時の探検隊ver.)
ラルトス キルリア ユンゲラー
ヘルガー キュウコン チェリム ビークインetc

最終フロアが20階と、非常に長丁場なダンジョン。
そのため、技のPP切れを防ぐためにもピーピーマックスは多めに持って行きたい所。
また、森が舞台となるダンジョンだが、出現ポケモンはエスパー&炎タイプが大半を占める。
注意点としては、パーティに強制的に加わるジュプトルが草タイプのため、自分の様な草&炎タイプオンリーのメンバーでは非常に苦戦するかも。
個人的には、毒タイプが複合したフシギダネ&炎タイプのパートナーの組み合わせの場合は、キルリアやキュウコンなどのエスパー&炎タイプに非常に手こずりそうな予感(´・ω・`)

ヘルガー・キュウコンに至っては、特性「もらいび」の効力により炎技を無効化にするため、それらの技は場合により封印しておくと吉。
そして、無事に最下層の20Fを降りるとイベントが進行する。
ポケダン291ポケダン292
キザキの森の奥地にて、辺り一帯の「時」が止まっている事に気が付くジュプトル。
どうやら、「ときのはぐるま」自体は元の場所へと戻されているようであったが、キザキの森の時間は止まったままであった。

このことを疑問に思ったジュプトルは、アチャモにこの事について情報を探るように伝える。
ポケダン293ポケダン294
その後、戻ってきたアチャモの口より、自分達が未来に行っていた間に起こった出来事を耳にする。
キモリ達がタイムスリップしたあと、ユクシーたちは元の場所へと時の歯車を各地に備えていったようであったが・・。

時の歯車を元の場所へと返したのにも関わらず、その地域の時間は動き出すことも無く、更には時が止まる現象が各地にて次々と起こっているようであった。
ポケダン295ポケダン296
これを聞いたジュプトルはある理由を確信する。
何でも、ディアルガの潜む「じげんのとう」が崩壊しかかっているのが原因だと言う。

そのため、この世界では「ほしのていし」の破滅へと一歩ずつ近付いているようであった。
ポケダン297ポケダン298
こうなると最早、一刻も早く次元の塔にこの世界の時の歯車を収めなければならないが、肝心のその場所が「まぼろしのだいち」と呼ばれる未開の地に存在する事が判明するΣ(´∀`;)
そのため、ジュプトルと手分けして各自で時の歯車と幻の大地を探す事となったが、後者に至っては情報が全く存在しないため、別の大陸にあるのではとの推測が成される。

この当ても無い現状に、キモリとアチャモはお手上げ状態であったが、主人公より一つの提案が生まれる。
ポケダン299ポケダン300
  トレジャータウンにいこう
→プクリンのギルドにいこう

正解は下の選択肢。
とは言っても、間違いの選択肢を選んでもペナルティはありません(;^ω^)

このあと、「しんじてくれるorわからない」→「そう! いうべきだよ!」→「みんなのちからが ひつようなんだ!」と質問を答えていくと、二人は仲間たちのいるプクリンのギルドへと戻る決心をつけるのであった。
コメント
この記事へのコメント
ポケダンかー、持ってないので
分かりませんがおもしろそうですね
2007/10/13(土) 08:22 | URL | 鬼神コウ #-[ 編集]
前作同様にシナリオが秀逸なため、中々面白いと思いますね。
クリア後は結構マンネリ化しそうですが、人によってはハマるゲームかと。
2007/10/13(土) 23:39 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/566-1d208536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。