ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。
無事に元いた世界へと帰還した後の、初めての夜会話。
ポケダン280ポケダン281
まずは人間だった頃の主人公と、そのパートナーであったジュプトルの話から。
二人は「ほしのていし」についての調査を共に行っていた、ポケモンと人間の一組のペアだったという事が判明する。
また、主人公には特別な能力(=じくうのさけび)が備わっていたため、「ときのはぐるま」を探索するのに非常に重要な存在であったとか。

ここで、その時空の叫びが起こる条件がいくつか提示される。
ポケダン282ポケダン283
1.時の歯車の存在するエリア
2.信頼できるパートナーと一緒

つまり、今いるこの世界で主人公が時空の叫びを起こせたのも、信頼できるパートナー(=アチャモ)が側に居たからだと言う事が判明する。
しかし、この世界では時の歯車が存在しない地域(トレジャータウン、たきつぼのどうくつetc)でも、主人公の時空の叫びを発動する事が出来たため、未来と現代ではその性質が違っているのかも知れないとジュプトルは示唆する。
ポケダン284ポケダン285
その後、ジュプトルはかつてのパートナーであった主人公の安否を喜んだあと、再びこの世界にある時の歯車を集めるために旅に出ることを明かす。
ここで、全ての真相を知ったキモリ達も意を決して、ジュプトルに付いて行く事を決意する。

その夜中、床に入った三匹であったがジュプトルがアチャモが居ない事に気付く。
ポケダン286ポケダン287
外に出てみるとアチャモがこれまでの経緯を思い返しており、同時に夜明けの朝を迎える事となる。
今まで陽が昇ることが当たり前だと感じていたアチャモと、この世界に来るまでは陽の目を見た事が無かったジュプトル。
お互いに、今から成すべき事の重要性を再確認(チャプター16「よあけのおもい」の由来なんですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。)

そして、未来にてヨノワールに追い詰められたときの事について振り返る。
あの絶対絶命の状況で、どうしてアチャモは諦める事を忘れなかったのか?とのジュプトルからの問いに。
ポケダン288ポケダン289
パートナーが大事にしている「いせきのかけら」をジュプトルに差し出したあと、主人公との友情の再確認を行うアチャモ。
キモリが側にいることにより勇気や諦めない精神が沸いてくる事には、元パートナーであるジュプトルも同意している模様。

その後、夜明けを迎えた後、一つ目の時の歯車を手に入れるためにもキモリ達は「キザキのもり」へと向かう⊂二( ^ω^)⊃
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/565-1f32a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。