ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャプター12「のこされた かのうせい」

前回の記事の続き。
地底の湖にてようやく発見した「ときのはぐるま」
しかし、盗賊ジュプトルにそれを強奪され、プクリンのギルドではもう/(^o^)\オワタ状態であったが・・。
ポケダン186ポケダン187
最後の時の歯車を捜索する手掛かりとして、ヨノワールがいくつかの提案を挙げる。

1.この世界には今まで出会ったユクシー・エムリット以外に、アグノムと言うポケモンが存在する。
2.また、この未知のポケモンもユクシーたちと同じく、時の歯車を守っていると予想できる。
3.そして、今まで「湖」の側で発見し続けて来たため、今回も同じく「湖」が存在する場所に居ると推測。

そして、ビッパたちが探索に当たっていた「すいしょうのどうくつ」が怪しいと睨(にら)んだヨノワールは。ビッパがお土産に持って帰ってきた水晶を手掛かりに主人公の能力である「じくうのさけび」を利用する事に。
ポケダン188ポケダン189
キモリが水晶を頼りに垣間見た回想シーンは、アグノムと思われるポケモンが今にも盗賊ジュプトルに襲われそうな場面であったΣ(´∀`;)
つまり、この水晶を通じてそのシーンを垣間見る事が出来たため、この洞窟には少なからずアグノムに関する手掛かりがある事が確認できた。

但し、その垣間見たシーンが「過去」か「未来」のものかはキモリ自身にも判別できないため、既に時の歯車は盗まれた後なのかも知れない可能性もあった。
しかし、それが「未来」の可能性だと言う事も充分あるため、少ない希望を信じてキモリたちは水晶の洞窟へと向かうのであった。

どうでも良い事ですが、この「可能性」がチャプター12の由来なんですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ポケダン190
■ダンジョンデータ
名称=すいしょうのどうくつ
階層=B11F(最下層を降りると中腹のセーブポイント)
主な生息ポケモン(時の探検隊ver.)
ハブネーク ミノマダム ゴローン ゴローニャ ドンファン
ズガイドス タテトプス ダンバル リオル(時限定?)etc

注意するべきポケモンは、部屋内を「マグニチュード」で敵味方関係なく攻撃を行うゴローン&ゴローニャ。
また、移動速度を「ロックカット」で3倍速以上に底上げしてくる事もあり、迂闊に対処していると痛い目を見るかも(ノ∀`)
その他にも、連続ヒットする「ロックブラスト」を備えるため、これらのポケモンは要警戒する必要がある。
ちなみに中腹ポイントでは、データの記録の他にガルーラの倉庫の利用も可能となっている。

そして、その中腹ポイントにある謎解きについて。
ポケダン191ポケダン192
ここでは三つの水晶が立て掛けられているが、全ての水晶の色を「青色」に統一する事により、先への道が開かれる仕組み。
まぁ、その前後のキモリたちの会話により、自ずと答えは導き出されていますけどね(;^ω^)
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/553-84927df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。