ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。
今や全国的に指名手配された盗賊ジュプトルを捕まえるため、プクリンのギルドも総力を挙げて捜索を行うことに。
ポケダン170ポケダン171
相手は「ときのはぐるま」のある場所に姿を現すため、まずは各地にそれらしきものがありそうな場所を探索する事に。
作戦により、ギルド内で数組のグループ分けが行われ、キモリとアチャモのコンビは「きたのさばく」と呼ばれる地域を探索する事になる。
ポケダン172
■ダンジョンデータ
名称=きたのさばく
階層=15階(ボス戦なし)
天気=はれ(時々すなあらし)
主な生息ポケモン(時の探検隊ver.)
サンド ナックラー カラカラ ヤジロン サイホーン
ココドラ コドラ サボネア ノクタス マスキッパetc

注意するべき事は、サイホーンの「みだれづき」とノクタスの「ミサイルばり」(命中率低)程度。
また、フロアを降りるごとに天候が時々「すなあらし」状態に変化する事がある。
■砂嵐について
岩・地面・鋼タイプ以外のポケモンは10ターンごとに「3」の固定ダメージを受ける(特性「すながくれ」は例外)
また、この状態では岩タイプのみ「特攻=1.5倍、特防=2倍」の補正が掛かる。

そのため、このダンジョンでは岩タイプが有利となるが、地面タイプが多く生息するため水・草・氷タイプでも問題ない。
但し、10ターンごとに砂嵐のダメージ判定があるため、非常にテンポが悪くうっとおしいです(;^ω^)
ポケダン173ポケダン174
そして、無事に最下層の15Fを降りると「りゅうさのち」へと到達する。
しかし、その場所にはいくつもの流砂があるのみで、肝心の「ときのはぐるま」は見当たらなかった。
※ここで、主人公が再び過去にここへ来た事があるような記憶を感じる

その後、キモリたちは結果を報告するためにプクリンのギルドに撤収する事になるが、どうやら他のメンバーも時の歯車は発見できなかった模様(ヽ´ω`)
ポケダン175ポケダン176
結局、どこにも時の歯車が無いのではと思われたが、キモリは先ほどの流砂の地に何かが隠されていると感じ取る。
そして、パートナーのアチャモはその事を信じて、再び北の砂漠の奥地へと向かうことに。

本日、二度目の流砂の地へ。
ポケダン177ポケダン178
何を思ったか、流砂の中へと飛び込もうと提案するキモリ。
しかし、それ以外に考えられる手段も無かったため、意を決してアチャモと一緒に流砂の中へと飛び込むことに。
そして、この考えが見事的中する事となるが、時の歯車を発見するために二人は地底の奥深くへと探検するのであった。
⊂二( `ω´)⊃
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/551-1ac7f24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。