ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。

本編2つ目のダンジョン「しめったいわば」にて、新たに仲間に加えたアノプス&リリーラの化石コンビ。
この二匹を連れて、4つ目のダンジョンである「たきつぼのどうくつ」を無事にクリア致しました。
滝壺の洞窟は水上が多いため移動が行いにくいマップでしたが。仲間にした二匹は水タイプポケモンでは無いにも関わらず水上移動が可能だっため、非常に場所取りが行いやすかった印象です。
まぁ、水タイプ攻撃が弱点のアノプスは最下層のB8F寸前でアメタマの「あわ」により一撃死してしまいましたが(´・ω:;.:...
このアメタマは他にも「でんこうせっか」を備えるため、通路の水上からの遠距離攻撃が非常にウザかったです( ´∀`)Ьイッテ……( ´∀`)p ヨシ!

とりあえず、主人公のキモリがレベル15で作戦「ここから にげて」を修得した事を報告しておきます。
ポケダン63ポケダン64
滝壺の洞窟の最下層にて、宝石の山を発見するものの洞窟内の「津波」に遭い、温泉まで吹き飛ばされる。
しかし、滝壺の裏側に洞窟があった事や、その最下層にて宝石の山を発見した事はお手柄のためギルドに報告する事に。

そして、プクリンのギルドに戻り、諜報役のペラップにその旨を報告する。
ポケダン65ポケダン66
この一大事の発見にペラップは絶賛するものの、キモリの回想シーンが頭によぎる。
そのシチュエーションは、親方のプクリンに似たシルエットのポケモンが滝壺の洞窟に入っていくと言う場面であった。

そして・・。
ポケダン67ポケダン68
ペラップがその事についてプクリンに確認を取ってみるが、案の定、親方は以前に「滝壺の洞窟」に行った事がある様子であった。
そのため、このお手柄は無かった事となるが、パートナーのアチャモは今回の初めての探検に興奮を隠しきれないご様子(^ω^)

その後、夜会話にてキモリの予知能力について新たに判明した事が二つ。
ポケダン69ポケダン70
1.対象の「もの」に触れる事により、時たま予知能力が目覚める
2.未来の先読みだけではなく、今回の冒険のように過去にあった出来事も汲み取れる

その後、少しだけプクリンの遠征話が持ち上がったあと、再びいつも通りのフリーの依頼をこなす日常に戻る。
ここでいくつかの救助依頼をこなすと、再び見張り番のミニゲームが行われ、更に依頼をこなす事によりストーリーのシナリオが進行する仕組み。
ちなみに、ここで初めてフリーのお尋ね者討伐の依頼をこなしましたが、おたずねもの討伐時に専用音楽が掛かる事に感動しました(´;ω;`)
モンスターハウスにも使用されている音楽なのかもですが、中々ノリの良いメロディでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/539-e7e41de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。