ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケダン4
お馴染み、性格診断テスト。
プレイヤーが全16匹の主人公候補のポケモンの内、どのタイプに属するかを決定付ける質問。

質問の内容は日常的なことから、ダークな質問まで様々。
自分は、
毎日ふっきん10回→頑張ってやってみる
時には嘘も必要→はい
誰かに呼ばれた気がした?→気のせい
よく鍵を閉め忘れることがある→いいえ

このような感じで受け答えをしていきました。
恐らく質問の内容は、あみだクジの要領で最終的な答えに結びついているのかと。
その後、オーラの色の判定で「しぶみのあるシルバー」が選ばれた後、自分が最終的に落ち着いたポケモンは。
ポケダン5ポケダン6
キモリでした(右の画像はパートナーのアチャモ)
実は前作の「青の救助隊」でも主人公のポケモンがキモリだったんだよね(;^ω^)
これも何かの縁なのか、または質問の受け答えの仕方が前作と全くクリソツだったのか。
とりあえず、性格判断テストで最終的に「れいせい」な性格との結果が出ていたため、寒い回答をしているとキモリに行き着くかもです(´・ω・`)

とりあえず、パートナーにアチャモを選んだのは公式サイトの「ポケモンなりきり診断!」でそのような結果が出たため。
ちなみに、名前は「チャモ」
まさか、ルビー・サファイアの御三家のポケモンで探検隊を組む事になるとは。
補足事項として、相方候補はノーマルタイプ(ニャース・エネコ・ゴンベ)から選べない模様です。

チャプター1「あらしのうみで」
ポケダン7ポケダン8
主人公(人間)の回想シーンからスタート。
その後、パートナーのアチャモがプクリンのギルドに弟子入りしようとする場面に移行。
遺跡の欠片の様なものがパートナーの宝物。

その後、踏ん切りが付かなかったアチャモはクラブが作る気泡が美しい海岸へと移動。
ポケダン9ポケダン10
そこで、海岸に漂着しているキモリの下半身を発見 m9(^Д^)
アチャモが「ワタシ」と言う一人称を使っているため、恐らくこの子は♀なのかも。
恐らくですが、主人公の性別の正反対がパートナーの性別になるのかもです。
※Wikiによると、パートナーのポケモンの種類ごとに性別はあらかじめ決まっている模様(アチャモなら必ず♀)

そして、キモリが無事に目を覚まし、話を聞いてみると。
ポケダン11ポケダン12
自分が人間(主人公)だと主張。
しかし、記憶喪失に陥っている模様で上手く昔の記憶が思い出せない。
ポケダン13
その後、キモリに「モリさん」と言うニックネームを名付け、今回の記事は終了。

それにしても、画像がスペースを取ってしまいストーリーの話が中々進みません(´;ω;`)
ので、これからは1日2更新ペースで記事を投稿していく予定です。

とりあえず、ここまでプレイしてみての感想はポケモンたちの顔グラフィックが格段に追加されている事。
既にパートナーだけでも5種類ほどのバリエーションの顔グラを拝みましたので、今作から書き起こされた新ポケモンの顔グラも合わせるとすごい数になりそうな予感です。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/530-bf7d5bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。