ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日、めでたく発売となりますヽ(゚∀゚)ノ

■ソフト詳細
正式名称=ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊(略称:ポケダン 時・闇)
ジャンル=ダンジョンRPG
プレイ人数=1人
発売日=2007年9月13日(木)
希望小売価格=4800円(税込み)
メーカー=株ポケモン
開発=株ポケモン・チュンソフト
販売=任天堂
対応機種=ニンテンドーDS(Wi-Fi対応)
予約特典=スペシャルガイドブック(先行引き換え)

■Wi-Fi通信
①ポケモン救助隊
ダンジョンで倒れてしまったフレンドの救出が可能。
また、全国のプレイヤーの依頼を承ることも可能で、ワイヤレス通信&パスワード方式も備える。

②ダウンロード対戦
新施設「ガラガラ道場」にて、フレンドもしくは全国の探検隊メンバーと対戦することが可能。
但し、サーバーからデータをダウンロードする形を取るため、相手の操作方式はCOM操作となる。

■ファミ通のクロスレビュー
①ふじのっち(9点)
ひとりでもとことん遊び尽くせるボリュームに、サブ的要素や通信機能も充実。
更に好評だった救助システムも健在と、ユーザーの期待を裏切らない出来映え。
ただ、レアアイテム交換の仕組みがややわかりづらいのは気になった。
組み合わせのヒントなどがあればよかったかも。

②ウワーマン(9点)
「ポケモン」と「不思議のダンジョン」の融合は見事。
両作品の特徴を捉え、独自の世界を構築している。
ポケモンの行動のカスタマイズなど、子供にはやや難解と思える部分もあるが、ノータッチでも問題ないように作られている。
物語の話運びも上手。
お尋ね者討伐はいいアイデア。

③深見三段(9点)
序盤はほのぼの、後半からググっと加速する物語が相変わらず魅力的で、音楽も○。
最後まで飽きさせないボリュームのある展開は、子どもから大人まで楽しめます。
敷居が低いので初心者も安心。
クリアー後のやり込み要素が多いので、不思議のダンジョンファンも楽しめるかと。

④メルヘン須藤(8点)
仲間のポケモンに細かい指示を設定できるなど、つくりが丁寧で、とても遊びやすい。
「シレン」のような緊張感は欠けるものの、誰でも安心して楽しめる作品。
強弱をつけた絶妙なストーリー展開や演出にも、目を見張るものがある。
やり込みがいのある、クリアー後の要素もいい感じ。

9・9・9・8=計35点(プラチナ殿堂入り!)

■関連サイト
公式サイト=任天堂株ポケモンチュンソフト
TV/CM動画=出会い編冒険編(Touch-DS)
コメント
この記事へのコメント
ダウンロード対戦が気になる(ΦωΦ)
2007/09/12(水) 03:01 | URL | jaguar #-[ 編集]
フレンドのデータを直接ダウンロードするか、サーバーに集められた全国の探検隊のデータを受け取るかが選べるそうです。
恐らく、あのポケモン ダイヤモンド・パールのWi-Fiバトルタワーみたいな感じかと思われます。

詳しくは不明ですが、明日の発売日には詳細が判るかもです(゚∀゚)
2007/09/12(水) 03:31 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/528-819a0001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ポケモン不思議のダンジョンに関する最近の情報です。
2007/09/12(水) 19:10:55 | (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。