ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月最後の記事。

知っている人なら知っている同名ゲームについて。
週刊少年ジャンプの「こち亀」でも題材にされていたため、ご存知の人も多いのでは?

Q.セカンドライフとは?
A.海外(米国)のオンラインゲーム。
3D仮想空間を舞台にお金のやり取りや土地の取引など、現実じみた行為が行えるのが特徴。
最大の要因は、ゲーム内で上がった収益を現実世界の$(ドル)に換金できる事 m9っ`Д´) ビシッ!!

一見、「ゲームでリアルマネーうめぇww」と思いますが、現実はそう甘くは無い模様。
ジャンプの「こち亀」では簡単にプレイできるかの様に描かれていましたが、所詮は漫画と言う所。

■Second Lifeを始めるにあたっての壁
①英語
海外のオンラインゲームなだけあり、ゲーム上で使用される言語は全て「英語」
そのため、他人とのチャットによる意思疎通やヘルプなどの説明を和訳する事が困難。
つまり、英語に疎い方はそれだけで門前払い(一応、今年の4月より日本語版も公開された模様)

②推奨スペック
パソコンに求めるスペック(性能)がそれなりに高水準。

③グラフィックが洋物
何と言うか、すごく・・・絵がキモイです・・。
ゲームには「没頭性」が大事だと思われますが、このアメリカンな顔グラや衣装は賛否両論となりそうです。
未だに日本人口が少ないゲームですが、このグラフィックで果たしてこれから流行るのか。。

④「無料(タダ)」では無い
ゲームのプログラム自体は無料でインストールする事が可能。
しかし、ゲーム内で使用する「アイテム」を購入するにも、取り引きや商売に使う「土地」を所有するにもリアルマネーが必要となります。
また、現実世界のクレジットカードなどを利用する事もあるため、ネットワーク接続によるセキュリティ的な危険性も。
更には、ゲーム内にリアルマネーを注ぎ込みすぎて、現実世界で「破産」してしまう可能性が存在する事も忘れてはならない。
※一応、「キャンプ」と呼ばれる行為を行うことにより、無償で微量のリンデンドル(ゲーム内の通貨)を取得する事も可能

とりあえず、参考記事でも。

■関連記事
Second Life“不”人気、7つの理由(ITmedia News)
セカンドライフ人気、7つの理由(KNNエンパワーメントコラム)

同ゲームを絶賛していたり、していなかったりと両極ですが、どちらを信じるかは貴方次第。
日本語ベータ版が公開されている公式サイトはこちら つSecond Life(セカンドライフ)
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/516-1b66cb17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【ネトゲ】Second Life(セカンドライフ)そのため、他人とのチャットによる意思疎通やヘルプなどの説明を和訳する事が困難。 つまり、英語に疎い方はそれだけで門前払い(一応、今年の4月より日本語版も公開された模様) ?推奨スペックパソコンに求めるスペック(性能)が
2007/09/01(土) 23:32:28 | セカンドライフでもう一度人生やり直しませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。