ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。

■旧キャラクター

①朽木ルキア
善戦してもポイントがあまり貯まっていないと言う不思議キャラ。
それもそのはず、通常攻撃のリーチが短いため相手を二人まとめて攻撃する機会が少なく、且つ、超必C「袖白雪」以外のポイント回収率が悪いです。
特に、超必A「飛燕連哭」はまとめてHitさせてもダメージ量がまばら、且つ、必殺技の中で唯一の貫通性能を持つ必B「白雷」の威力が雀の涙と非常に儚いです。
肝心の超必C「袖白雷」も無敵時間が無くなった事により、タッグ戦では二人一緒に巻き込む必要性が生まれ、この事が結構な足かせとなっています。

②草鹿やちる
こける事により、チームの運命が大きく傾きます。
防御力が低い事もあり、その代償は余りにも大き過ぎるかと思われ。
超必A「ジャマしないで!」の使い勝手は、タッグ戦では非常に重宝するのですけどね(;^ω^)

③有沢たつき
頑張りがポイントに反映されないキャラクター。
ネタキャラ戦ではかなりの活躍を見せるのですが、死神勢と一度交えると善戦しているのにも関わらず、ポイントはマイナスに傾く一方です。
ただ、必C「ドラゴンバズーカ」や、1歩前進する各種超必の恩恵により、「朽木ルキア」よりは多少地上の相手をまとめて攻撃する手段は事欠かないかもです。

■新キャラクター

④松本乱菊
デスマッチとは違い、灰への攻撃が直接ポイントに反映するため少々分が悪いです。
但し、それくらいのハンデキャップを乗り越える灰猫使いさんも実在します((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

⑤斑目一角
卍解中にハゲ叩かれすぎ、ワロスwww
超必B「龍紋鬼灯丸」が、時に死に技となるので注意。
その事にさえ気を付ければ、4人戦では至って普通のキャラクターかと思われます。

⑥シュリーカー
使い魔無しでは存在意義を見出せないキャラクターですが、ポイント戦ではその「使い魔」達がポイント稼ぎの格好の餌食となるのが何とも。
デスマッチの使い魔達は普通に死に行くものですが、ポイントではそうはいかないのが悲しい所。

⑦~⑪山田花太郎 シバタユウイチ 使い魔 護廷隊士 救護班員
ポイント戦では最後まで戦えるとは言え、防御力と通常攻撃&必殺技の関係上、勝利を収める事は非常に難しいです(ヽ´ω`)

以上。

上記に挙げた11名がルール「4人/ポイント/タッグ/霊符なし/1ライン」では、やや不利かな?と思ったキャラクター達です。
まぁ、この不得意リストに「斑目一角」を加えたのは一種のネタに近いですが(;^ω^)
このキャラクターは卍解にさえ注意すればポイントタッグではかなりの猛威を振るう事が可能なので、実際の所はその残りの「10名」がイマイチ扱いづらいキャラクターと言った感じかな(´・ω・)?

とりあえず、今回と前回と前々回の記事でまだ晒されていないキャラリストは。

【旧キャラ】
茶渡泰虎 朽木白哉 涅マユリ 涅ネム 四楓院夜一 砕蜂 雛森桃
東仙要 京楽春水 更木剣八 戦闘用改造魂魄コン ボニーちゃん

【新キャラ】
浦原喜助 紬屋雨 ドン・観音寺 りりん 吉良イヅル 檜佐木修平 グランドフィッシャー

以上の19名。
つまり、上記のキャラクター達がポイントタッグでは至って標準的な性能と言う事になりますが(あくまで個人的な価値観で)、正直、涅マユリは得意な方に入れようかな~?と思いました(;・∀・)
しかし、実際の所はお付きの「ネム」の使用率が問題となりそうなため、プレイヤーさんのモラル次第で得意にも不得意にも「普通」にもなるといった結論です。
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/394-d261b779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。