ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何となく4人対戦の画像をUP。
雨&雛森VS観音寺&観音寺市丸&愛染VS京楽&浮竹
㊧雨&雛森VS観音寺&観音寺 ㊨市丸&愛染VS京楽&浮竹

ルールは「ポイント/タッグ/霊符無し」なんですが、このルールは「蒼天に駆ける運命」から続いているIRC内の定石ルールだったりします。
前作では、国内対戦のポイント検索が見事なまでの過疎ルールでしたので、無駄にフレンド対戦を行わずに国内のポイント検索から4人対戦を楽しんでいたこともありました( ;∀;)
ホンマあのころは国内ポイントが貸しきり状態でしたわぁ^^

今作では4人対戦のルールが統一されたため、国内でのポイント対戦はほぼ望めない状態ですが、部屋戦のおかげでこの定石ルールもまだまだ健在といった所です。
まぁ、このポイントはデスマ派の人達にとっては縁の無さそうなルールですが、今作で弱体化した「井上織姫」や耐久力が通常以下の「ウルル」などでも最後まで戦えるという所が中々の魅力かと思われます。
このようなキャラクターは、デスマッチでは真っ先に死んで行き実戦での練習さえ出来ない事が只ありますが、同キャラクターの使い手さんたちには是非是非勝ち負けを気にせずに、ポイントで実戦経験を詰んで行って欲しいです。

特にポイントタッグ戦では、前衛のアシストを上手く行ってやると勝てる場合もあるため、その時には脳汁が出まくる事でしょう(^ω^)
とは言え、デスマもデスマで魂魄の多いプレイヤーを優先的に狙う戦略性や、終盤で避けられないタイマン状況が演出されたりと、ポイントだけでは楽しめない展開が待ち受けているため、どちらのルールも甲乙付けがたいですね(=゚ω゚)
ただ、現状の国内対戦では、先に戦線離脱したプレイヤーに向かって「死体攻撃」を行うプレイヤーが居たり、戦線から遠ざかり魂魄を維持する輩が居るため、個人的にはもっとポイントルールも普及してもいいのではと思ったりします。
もちろんポイント対戦では「死体攻撃」のような行為を行える機会はありませんし、消極的なプレイがポイントに反映されることもありませんしね。

とりあえず、良試合をしたいデスマッチ派の人も少数派のポイントの人達も、部屋でフレンド・ライバルさんを募るのが一番堅実な対戦方法なのかも知れません(^^ゞ
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/385-421c62d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。