ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事の続き。

BLEACH DS 2ndは1回のコンボで相手の魂魄を大量に奪う事も机上論は可能です。
但し、それには多くの限定された要素が不可欠、且つ、DCシステムにより実現は厳しいものとなっています。
そして、そのような長々しいコンボは大道芸コンボ(ネタ)に近い存在であることを前回の記事で示唆しました。

現在、同ゲームのコンボ集を書き上げているとお伝えしましたが最大ダメージを狙った長々しいコンボなど、実際には可能であるが実現度は低いであろうコンボは初心者さんなどの目を欺いてしまう可能性があるので取り上げない事に致しました。
とは言え、短いコンボの派生で「ここからこの技に繋がるよ」などの簡易的な豆知識コンボは取り上げていくつもりですけどね^^;
やはり、そういった知識から色々なコンボに繋げていくのがこのゲームの楽しみでもありますし、また自分でどの技と技が繋がるのかを試すのも一つの勉強かと思われます。

まぁ、机上論コンボばかりを取り上げ「俺はこんな事を知っているんだぜ」などと自分の知識をアピールし、優越感に浸るのが嫌なんですが。
結局はただの自己満で、そのコンボをマスターしたからといって実戦で利用できるレベルではない事に気が付くべきです。

チャドラーのコール氏曰く、トレーニングモードでは常に標的を「屈状態」に設定し、自分に不利な状況を演出しているそうな((((;゚Д゚))))
トレーニングモードの動画を見た限りでは、相手は背の低い「朽木ルキア」だったためどんだけマゾなんだろう(;^ω^)
ガードの慣性を利用した低空ローキックも、このチャドの過酷な修行と実戦から生まれたんでしょうね-ω-)しみじみ
コメント
この記事へのコメント
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/364-3976304b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。