ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケルス①
左の画像の「フワライド」は、「ポケルス」と言う謎の生命体に感染されています。

その証拠に、データ欄のLv表示の横に紫色で「ポケルス」と表示されています。

今回は、その「ポケルス」についてのお話。
Q.ポケルスとは
A.ポケモンに付く「ウイルス」の様な生命体の一種。「ポケルス」に感染したポケモンが手持ちに居ると、他のポケモンにも「ポケルス」が感染する事がある。

【ポケルスの効果】
一見、ウイルスと聞いて悪影響を及ぼしそうに思えますが、実際はその真逆でポケモンの成長を促す効果を持ちます。

では、どのような効果を持つのか?
A,ポケモンを倒した時、獲得できる「努力値」が「2倍」に上乗せされる。

つまり、ポケルスに感染したポケモンが「HPの努力値」が「1」のビッパを倒したとすると、「1×2=2」となり、HPの努力値を「2」獲得した事になります。

ここで、幾つかの例を挙げてみたいと思います。

①「強制ギプス」+「ポケルス」
※強制ギプス=獲得できる「努力値」を「2倍」にする道具。
状況:「ポケルス」に感染した手持ちのピカチュウに「強制ギプス」を持たせる。
この状態で、野生のビッパ(HPの努力値「1」)を1匹だけ倒したとすると、
→HPの努力値=1(ビッパ)×2(強制ギプス)×2(ポケルス)
=4

つまり、この過程で手持ちのピカチュウは「HPの努力値」を「4」獲得した事になる。

次は、
②「パワーウエイト」+「ポケルス」
※パワーウエイト=ポケモンを倒した時、HPの努力値が「+4」される道具。
状況:「ポケルス」に感染した手持ちのピカチュウに「パワーウエイト」を持たせる。
この状態で、野生のビッパ(HPの努力値「1」)を1匹だけ倒したとすると、
→HPの努力値={1(ビッパ)+4(パワーウエイト)}×2(ポケルス)
=10

つまり、この過程で手持ちのピカチュウは「HPの努力値」を「10」獲得した事になる。

続いて、
③「パワーリスト」+「ポケルス」
※パワーリスト=ポケモンを倒した時、攻撃の努力値が「+4」される道具。
状況:「ポケルス」に感染した手持ちのピカチュウに「パワーリスト」を持たせる。
この状態で、野生のビッパ(HPの努力値「1」)を1匹だけ倒したとすると、
→HPの努力値=1(ビッパ)×2(ポケルス)
=2

→攻撃の努力値=4(パワーリスト)×2(ポケルス)
=8

つまり、この過程で手持ちのピカチュウは「HPの努力値」を「2」、更に「攻撃の努力値」を「8」獲得した事になる。

※ちなみに、ポケルスに感染した状態で「ドーピング」を行っても、獲得できる努力値は「20」に上乗せはされないので注意。

■ポケルスの感染条件
ポケルスは、野生orトレーナーのポケモンとの戦闘後に、稀(※)に感染する事がある。
※感染する確率は、正確な数字にして「3/65536」(約2万分の1)
(この時、ポケルスの感染の対象となるポケモンは、先頭の手持ちポケモン)

使用しているカードリッジで初めて「ポケルス」に感染した場合は、各ポケモンセンターに居る受付のお姉さんから教えて貰える。
※「ポケルスに感染している~」などの専用メッセージが表示されます。
(ちなみに、教えて貰えるタイミングはポケモンセンターで手持ちポケモンを回復した後。)

【ポケルスの性質】
①伝染の性質
手持ちポケモンに「ポケルス」に感染したポケモンが居ると、戦闘終了後に、他の手持ちポケモンにも「ポケルス」が感染する事がある。
※他の手持ちポケモンに「ポケルス」が伝染する確率は、数字にして「約1/3」
伝染の対象となるポケモンは、「ポケルス」に感染したポケモンの両隣に居た手持ちのポケモン。

つまり、戦闘さえ行わなければ、例え「ポケルス」に感染したポケモンが手持ちに居ても、ポケルスが伝染する事はない。
更に、パソコンのBOX内で伝染する事も一切無い。

ポケルス②②滞在期間(寿命)
ポケルスには寿命があり、その期間は「約1~4日」と言われています。
この定められた日数が経過すると、ポケルスは消滅し、右の画像の様にデータの隅っこに「ニコちゃんマーク」が付きます。

このマークはポケルスに感染済みの証であり、伝染の性質が無くなった「ポケルス」の証でもあります。
つまり、このマークが付いているポケモンから「ポケルス」が伝染する事は一切ありません。

③ポケルスの冷凍保存(必読!)
ポケルスは、パソコンのBOX内では時間経過の影響を受けない性質があります。
つまり、「ポケルス」の表記が成されているポケモンをBOX内に閉じ込めておくと、この「ポケルス」の表記は半永久的に持続する事になります。

例:「ポケルス」の寿命が1日のポケモンをパソコンのBOX内に閉じ込めておくと、そのポケモンをBOX内から手持ちに加えない限り、ポケルスの1日の寿命は保たれる。

この性質を利用して、BOX内に「ポケルス」の表記が成されたポケモンを複数ストックしておくと、ポケルスを半永久的に伝染させる事が可能となります。
コメント
この記事へのコメント
ただ、ニコちゃんマーク(寿命切れ)
でも、そのまま努力値が大きくなるんですか?

ちただ、感染しないヨっていうだけですか?

そんなセリフが聞けるんですね^^
2006/12/12(火) 16:51 | URL | ギコエル #-[ 編集]
伝染の性質が消えただけで、努力値が2倍になる効果は消滅しないのでご安心を^^
ただ、他のポケモンにポケルスを伝染させたい場合は、このマークが付いているポケモンからは伝染しなくなります(;^ω^)
2006/12/12(火) 19:53 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
なんとなく知識はあったけど
良い復習になりました><。

試しに、パワー系+ポケルスで努力値稼いでみたら
1時間もかからず完了!素晴らしいね
2006/12/12(火) 21:22 | URL | jaguar #-[ 編集]
シリーズが進むごとに、ポケモンの努力値も稼ぎやすくなりましたよね(゚∀゚)

攻撃の努力値を稼ぐ場合は、ポケルス+パワーリストを持たせて、コロトックとビーダルを計21匹倒すだけですからね( ^ω^)
更に、ドーピングを併せると、計11匹で済みますね((((;゚Д゚))))
2006/12/12(火) 23:07 | URL | Jan #q7EjBrqg[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/20(月) 23:13 | | #[ 編集]
コメントの受付は終了しました
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jjan.blog68.fc2.com/tb.php/201-37c6de8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。