ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リッシこのほとりより、キッサキシティに到着したあと、

キッサキジム
→リッシこ(ロッククライムが必要、イベントのみ)
→ギンガトバリビル入り口(ギンガ団の下っ端と会話)
→ギンガそうこ(ハンサムに鍵を開けてもらう、倉庫の奥よりギンガだんのカギを入手)
→ギンガトバリビル(最上階でアカギと戦闘、イベント後にマスターボールを受け取る)
→テンガンざん(ヨスガシティ方面より進入)
→テンガンざん中腹(ハンサムよりくろいビードロを受け取る)
→やりのはしらへ

■今回の画像 ※ネタバレあり
プラチナ38

キッサキジム


氷タイプの使い手が集まる7個目のジム。
ジム内の構造については、ダイパより変化なし。

変わった事といえば、ジムリーダーのスズナがユメキノコを使用してくるようになったぐらい。
プラチナ37

技教え人


場所はキッサキシティの民家。
ここでは「きいろのかけら」と交換に技を教えて貰うことが可能。

いびき うらみ てだすけ こうごうせい
でんじふゆう とっておき スピードスター


教え技は以上の7つ。
プラチナ39

ギンガトバリビル


ギンガ団のアジト。
施設内では、新イベントとしてアカギによる演説が。

プラチナではアカギの目的を裏付けるイベントが、至る所に追加されたような気がします。
プラチナ40

やりのはしら


ちょっとしたネタバレ画像。
ダイヤモンド・パールでは物語の主軸となっていたディアルガパルキアが、プラチナ版では見事な「脇役」に格下げ(ノ∀`)

ちなみに、槍の柱の入り口ではギンガ団幹部の「マーズ」と「ジュピター」とのダブルバトルが(ライバルと共同戦線)
スポンサーサイト
218道路より、波乗りでミオシティに到着したあと、

ミオシティ(大橋で5回目のライバル戦)
→ミオジム
→こうてつじま(入り口のゲンよりひでんマシン4「かいりき」を貰う、洞窟については任意攻略)
→ミオとしょかん(秘伝マシン4が必要)
→リッシこ(ギンガ団の幹部サターンと戦闘)
→シンジこ(ギンガ団の幹部マーズと戦闘)
→テンガンざん(ハクタイシティorカンナギタウン方面より進入)
→216番道路
→ロッジゆきまみれ(ポケモンの回復が可能)
→217番道路(落し物のひでんマシン8「ロッククライム」を入手)
→エイチこのほとり
→キッサキシティへ

■今回の画像
プラチナ33

はとばのやど


ミオシティにある謎の宿屋。
この時点では入ることができないため、今はスルー。

恐らく、クリア後や公式イベントなどで利用することになる施設。
プラチナ34

ミオジム


ダイヤモンド・パールからジム内の構造は変わらず。
ちなみに、鋼鉄島から先に攻略することも可能。

レベル不足を感じる場合は、順序を入れ替えると吉。
プラチナ35

こうてつじま


特に攻略しなくてもよい洞窟。
奥ではゲンが待っており、一緒に探索することに。

ちなみに、ルカリオLv41が手持ちポケモン。
無事にイベントをこなすとポケモンのタマゴを受け取ることが可能。

タマゴの中身はダイパと変わらずリオル、手持ちに1匹以上の空きが必要。
プラチナ36

217番道路


キッサキシティに向かう途中の雪山。
ここでは民家の辺りにロッククライムが落ちているため、探索する必要あり。

目印としては、画像の赤マーク付近。
ちなみに、217番道路の入り口にてスモモとのイベントが用意。
ノモセジムにて、ジムリーダーのマキシムさんよりフェンバッジを貰ったあと、

ノモセジム入り口(イベントが発生)
→サファリパーク入り口(一時的にサファリパークが利用不可能となる)
→213番道路(ギンガ団を追いかける、途中でハンサムがイベントに加わる)
→リッシこのほとり(ギンガ団と強制戦闘、イベント後はシロナよりひでんのくすりを受け取る)
→210番道路(ズイタウンの真上、カフェやまごや付近)
→コダックの群れに秘伝の薬を使用(シロナよりこだいのおまもりを預かる)
→210番道路(北側、きりばらいが必要)
→カンナギタウン
→民家(ポケモンセンターの左、空手王よりポケッチアプリのアナログとけいを貰う)
→カンナギ遺跡(入り口で長老に古代のお守りを渡す)
→壁画(アカギとイベント戦闘、長老よりひでんマシン3「なみのり」を受け取る)
→218番道路(コトブキシティの左、ミオシティ方面の通路でイベントあり)
→ミオシティへ

■今回の画像
プラチナ30

リッシこのほとり

ギンガ団の逃走ルートは、
ノモセシティ(213番道路の入り口)
→213番道路(ノモセシティ方面の出口)
→213番道路(砂浜、会話後にハンサムが登場)
→リッシこのほとり(ホテルグランドレイクの先辺り)
→リッシこ(入り口付近)


手順を誤るとイベントが進行しないため注意。
プラチナ31

カンナギ遺跡


アカギとのイベント戦。
ダイヤモンド・パールでは「ギンガトバリビル」で初対決がありましたが、プラチナではこの遺跡で戦闘することに。

ちなみに、ギンガ団幹部には戦闘前のアクションがありませんでしたが、ボスのアカギにはしっかりとモーションが用意されているのね(ノ∀`)
プラチナ32

タタラせいてつじょ


特に立ち寄らなくてもよい施設。
場所は、205番道路(ソノオタウンの右)より波乗りを使用して、北上した辺り。

所長のタタラさんからは、ほしのかけらと赤・青・黄・緑の欠片を交換して貰うことが可能。
プラチナでは教え技の追加により、この「欠片」の需要が増したかも。
トバリジムにて、ジムリーダーのスモモよりコボルバッジを貰ったあと、

トバリジム入り口(コウキorヒカリとイベントが発生)
→ギンガそうこ(ギンガ団とダブルバトル、倉庫でひでんマシン2「そらをとぶ」を入手)

※以下は、2つのルートどちらかを選択

214番道路(トバリシティより南下)
→いせきマニアのあな(任意)
→リッシこのほとり
→レストランいつつぼし(任意)
→213番道路
→あしあとはかせのいえ(任意)
→ノモセシティ

or

212番道路(ヨスガシティより南下)
→ポケモンやしき(メイドさんよりやすらぎのすずを受け取る、任意イベント)
→ノモセシティ

→民家(フレンドリィショップの真上、少年にミツハニー♂・♀を見せるときょうせいギプスを貰える、任意イベント)
→サファリパーク(5匹以上のポケモンを捕まえて受付付近のカウガールと会話、ポケッチアプリのあいしょうチェッカーを貰う、任意イベント)
→ノモセジム入り口(4回目のライバル戦)
→ノモセジムへ

■今回の画像
プラチナ27

リッシこのほとり


一応、この地点ではイベントあり。
画像の赤マーク付近を調べるとルームキーを発見することが可能。

このルームキーを部屋の前で困っているお姉さんに渡してあげると、お礼としてしろいビードロを受け取ることが可能。
プラチナ28

技教え人


212番道路にある民家。
あおいかけらと交換に、ポケモンに技を教えてくれます。

ダイビング れんぞくぎり こごえるかぜ
かみなりパンチ ほのおのパンチ れいとうパンチ
あやしいかぜ エアカッター しねんのずつき
しんくうは トリック はたおおとす ふいうち


覚えられる技リストは、以上の13個。
プラチナ29

ノモセジム


水タイプを中心とした5つ目のジム。
ジム内の構造はダイパより変化なし。

変わった事といえば、ジムリーダーであるマキシマム仮面が、やたらイベントに顔を出す存在になったぐらい(ノ∀`)
209番道路より、ズイタウンに向かったあと、

ズイタウン(入り口にて、ライバルとイベントが発生)
→路上(遺跡マニアよりポケッチアプリのポケモンヒストリーを貰う、任意イベント)
→ポケモンそだてや(オジサンよりポケッチアプリのそだてやチェッカーを貰う、ポケモンを預けて出入りすると出現)
→遺跡途中の民家(オバサンよりシールいれを貰う、任意イベント)
→ズイのいせき(正解ルートは下記に掲載、奥地でひでんマシン5「きりばらい」を入手)
→ロストタワー(任意攻略、最上階で霧払いを使用するときよめのおふだのろいのおふだを貰える)
→210番道路
→カフェやまごや(任意)
→215番道路
→トバリシティ
→民家1(ポケモンセンターの真上、おじいさんよりポリゴンを受け取る、任意イベント)
→民家2(トバリゲームコーナーの左、コイン当てゲームでピエロよりコインケースを貰う、任意イベント)
→トバリデパート(2Fのカウンターでポケッチアプリのカウンターを貰う、任意イベント)
→トバリジムへ

■今回の画像
プラチナ22

ズイのいせき


分岐点が多いですが、右上>左下>右上>左上>左上>左下が正解ルート。
壁に彫られているアンノーン文字を解読すると、この解答に辿り着きます。

頂上付近に見える道具については、全種類のアンノーンを集めた状態でいせきマニアのあな(214番道路、トバリシティより南下)から進入が可能。
プラチナ24

トバリデパート


場所は地下1F。
プラチナでは新しく食品売り場コーナーが設立。

いわゆる、デパチカなんですがポフィンが6400円って・・。
他にも「木の実」なども、一部だけですが購入可能。
プラチナ25

けいひんこうかんしょ


スロットで貯めたコインを景品と交換する場所。
・・何ですが、新しくめざめるパワーのタイプを鑑定してくれるお兄さんが登場。

個体値から測定することも可能ですが、威力までは教えてくれないのがネック(ノ∀`)
プラチナ26

トバリジム


格闘タイプの使い手が集まる4つ目のジム。
ダイヤモンド・パールとは違い、ジム内の構造が変化。

仕掛けについては、鉄棒にぶら下がっているサンドバックを任意の方向に押し込み、積み重なられた「タイヤ」を粉砕する仕組み。
208番道路より、ヨスガシティにたどり着いたあと、

ヨスガシティ(入り口でイベントあり)
→ミズキのいえ(ポケモンセンターの右、ミズキよりイーブイを受け取る、任意イベント)
→ポケモンだいすきクラブ(会長からポフィンケースを受け取る、任意イベント)
→コンテスト会場(女の子よりきらきらパウダー、母親よりタキシードorドレスを貰う)
→受付付近にいるメリッサと会話
→ヨスガジム
→209番道路に向かう通路(3回目のライバル戦)
→209番道路(釣り人よりいいつりざおを貰う、任意イベント)
→ロストタワー(きりばらいが必要なため、この時点ではスルー)
→ズイタウンへ

■今回の画像
プラチナ20

ふれあいひろば


特に行かなくても差し支えなし。
ただ、おまもりこばんや各種わざマシンが落ちているため、立ち寄っておくと吉。

ちなみに、東ゲートでは「ワープ穴」に入るときに上・左・右の3箇所でワープ先が変わります。
プラチナ21

ヨスガジム


画像が暗いですが、メリッサがゴーストタイプの使い手というだけあり、それらしい雰囲気に。
ちなみに、ダイヤモンド・パールでは5人目のジムリーダーでしたが、プラチナではすぐにヨスガジムに挑戦できるように。

ジムの仕掛けについては、画像を参照。
足元に記載されている「青いマーク」をヒントに、同じマークが描かれている「赤いマーク」のドアに入ると次に進める仕組み。
プラチナ23

ロストタワー


ここも、立ち寄らずともシナリオに支障はなし。
ダイパとは違い、秘伝技の霧払いが無いと、最上階でイベントが発生しないため注意。

つまり、この時点ではスルーしておくことを推奨です。
ハクタイジムで、ナタネからフォレストバッジを貰ったあと、

ギンガハクタイビル(いあいぎりが必要)
→ビル最上階(ギンガ団の幹部ジュピターと戦闘)
→サイクルショップ(入り口でシロナよりポケモンのタマゴを、店内で店長よりじてんしゃを受け取る)
→サイクリングロード
→206番道路(いあいぎりが必要、寄り道スポット)
→まよいのどうくつ(いわくだき・フラッシュが必要、立ち寄らずともシナリオに支障なし、任意攻略)
→207番道路(テンガンざんの入り口で、コウキorヒカリよりバトルサーチャーとポケッチアプリのダウジングマシンを入手)
→テンガンざん(アカギとのイベントが発生)
→208番道路(きのみおじさんのいえに立ち寄りポケッチアプリのきのみサーチャーを受け取る、任意イベント)
→ヨスガシティへ

■今回の画像
プラチナ16

ギンガハクタイビル


内部構造がダイヤモンド・パールから一新。
階段による分岐点がありますが、壁に貼り紙のある方の階段をチョイスしていくと「最上階」に辿り着くことが可能。

まぁ、ハズレの方の階段には「道具」が用意されているため、あえて逆の選択肢を選んだほうが良いかも知れませんが。
プラチナ17

ハクタイシティ


サイクルショップの入り口付近にて。
シロナさんより、ポケモンのタマゴを受け取るイベントが追加。

ダイパには用意されていなかったため、プラチナ版の新要素。
肝心のタマゴの中身はトゲピーの模様。

オリジナル版にて、ヨスガシティの山男から貰えるタマゴと同一ですね・・。
プラチナ18

まよいのどうくつ


サイクリングロードの真下(206番道路)にある洞窟。
特に攻略する必要もなく、レベル上げなどに立ち寄る場所。

洞窟の奥には、迷子のミルが。
話しかけると同行することになり、脱出するまではダブルバトルに。
ちなみに、ミルの手持ちポケモンはLv26のユンゲラー。

モミと同じく、戦闘後には主人公のポケモンを回復してくれます。
プラチナ19

隠し洞窟


ダイヤモンド・パールにも用意されていましたが、画像の位置より右に2歩進み、真上に進行すると、迷いの洞窟の2つ目の入り口へ。

ちなみに、プラチナでは「かいりき」で押すべき岩が無いため、ジムバッジが2つの状態で奥まで進行することが可能。
立ち寄る利点は、わざマシン26「じしん」とドラゴンタイプのフカマルを捕獲できることぐらい。
たにまのはつでんしょにて、ギンガ団幹部のマーズを倒したあと、

205番道路(途中、ポケモン回復が可能な民家あり)
→ハクタイのもり(入り口でモミが加入、出口に辿り着くまで強制的にダブルバトルに)
→ハクタイ方面の205番道路(出口にてモミが離脱、お礼としてやすらぎのすずを受け取る)
→ハクタイシティ
→ギンガハクタイビル(入り口に近づくとイベントが発生)
→もう一度、ギンガハクタイビルへ(シロナよりひでんマシン1「いあいぎり」を入手)
→ポケモンセンター(お姉さんよりポケッチアプリのなつきチェッカーを貰う、任意イベント)
→ちかおじさんのいえ(ちかおじさんよりたんけんセットを貰う、任意イベント)
→サイクリングロードに続く通路(ナナカマド博士の助手よりがくしゅうそうちを貰う、任意イベント)
→ハクタイジムへ

※学習装置を貰うには、ポケモン図鑑に30種類以上の「見つけた数」が登録されている必要あり

■今回の画像
プラチナ12

ハクタイのもり


入り口で出会うことになるモミさん。
手持ちポケモンは、ラッキーLv20(ダイパではLv15)
戦闘が終わるたびに、手持ちポケモンを自動で回復してくれます。

ちなみに、毒などの状態異常もしっかりと治癒。
そういえば、上空から雲影が映えるようになり、森の景色がガラッと変わったような?
プラチナ14

ちかつうろ


サブイベントで「たんけんセット」を貰うと入れるように。
この道具はフィールドでのみ使用可能(民家などでは不可)

化石を掘るには、マップ(上画面)の光る位置を確認しながら、その付近で下画面をタッチ(レーダーを作動させる)
まぁ、地下おじさんが丁寧に教えてくれるので説明は割愛。
プラチナ15

ハクタイジム


一新されたジム構造に。
仕掛けは至って単純で、ジムトレーナーを倒すごとに「秒針」と「分針」が移動するといったもの。

ジムリーダーのナタネの元に辿り着くには、全てのトレーナーを倒さないと行けなかったりします┐(´∀`)┌
クロガネジムにて、コールバッジを入手したあと、

クロガネゲート(余裕があれば、いわくだきを使用して奥地よりわざマシン70「フラッシュ」を入手)
→コトブキシティ(ハンサムとイベント、204番道路へ向かうとギンガ団とダブルバトルが発生)
→テレビコトブキ(戦闘後に入れるように、1Fのお姉さんよりアクセサリーいれを貰う、任意イベント)
→ポケッチカンパニー(ポケッチアプリのメモようしを取得、任意イベント)
→204番道路
→あれたぬけみち
→ソノオタウン(フラワーショップにてコダックじょうろを入手、任意イベント)
→たにまのはつでんしょ(入り口のギンガ団と戦闘)
→ソノオタウン(ソノオのはなばたけでギンガ団と2連戦、おじさんよりはつでんしょキーあまいミツ×10を入手)
→たにまのはつでんしょ(ギンガ団幹部のマーズと戦闘、その後、発電所を出るとハンサムとイベント)
→205番道路へ

■今回の画像
プラチナ10

メニュー画面


テレビコトブキに入れるようになると、ふしぎなおくりものが可能に。
メニュー画面にこの項目を追加するには、テレビコトブキの3Fにて「社長」に次の意見を述べる。

みんな ハッピー 感想
Wi-Fi つうしん 意見

取扱説明書のパンフレットにも載っているため、詳細はそちらを。
プラチナ13

ソノオタウン


新しく、入り口と出口に看板が設置された模様。
最初に訪れたときには、特にこなすイベントは無いのですが「フラワーショップ」でコダックじょうろだけは貰っておくと吉。

いわゆる、木の実を育てるための必需品です。
プラチナ11

たにまのはつでんしょ


ギンガ団幹部のマーズ(赤い方)
そして、新キャラクターのプルート(白髪のじいさん)
何でも、ギンガ団の「4人目」の幹部のようで、今後の物語にどのように絡むかが気になるところ。

ちなみに、発電所をクリアすると、毎週金曜日にフワンテが施設の入り口に出現するようになります。
フタバタウンにて、ぼうけんノートおとどけものを取得したあと、

202番道路(イベント発生、モンスターボールを5個貰う)
→コトブキシティ(ハンサムと出会う、貴重品にバトルレコーダーを取得)
→トレーナーズスクール(ライバルにおとどけものを渡し、タウンマップを貰う)
→シティ内でイベントが発生し、3人のピエロを探すことに(クリアすると、社長よりポケッチを貰う)
→コトブキマンション(1Fのお姉さんよりせんせいのツメを貰う、任意イベント)
→218番道路に向かう通路(釣り人よりボロのつりざおを貰う、任意イベント)
→203番道路(2回目のライバル戦)
→クロガネゲート(山男よりひでんマシン6「いわくだき」を取得)
→クロガネシティ
→クロガネたんこう(奥地にいるヒョウタと会話)
→クロガネジムへ

■今回の画像
プラチナ6

コトブキシティ


新キャラクターのハンサム
ハンサムという名前はコードネームらしく、実際の名前は不明。

何でも、国際警察の一員として悪の組織と戦っているとのこと。
プラチナ7

GTS(グローバル・ターミナル・ステーション)


入れない・・だと・・?
確か、ダイパでもこのような仕様だったかな?

ちなみに、GTSとはWi-Fiを通じて世界各国のプレイヤーとポケモンを交換するシステム。
プラチナでは新要素として、世界各国の「バトルビデオ」やテレビコトブキで「ドレスアップ」されたポケモンが閲覧できるようになりました。
プラチナ8

Wi-Fiひろば


クロガネシティまでストーリーを進行させると、ポケモンセンターの地下より入場が可能に。
この「Wi-Fiひろば」では、最大20人までの野良通信が行え、ミニゲームなどの色々な遊びが可能。

ただ、ミニゲームの最大定員数は「2~4人」までと制限されているため、最大20人という設定はあくまで1つの部屋に同時接続している人数なのかも。
プラチナ9

クロガネジム


内部構造は、特に変わっていないみたい。
ちなみに、プラチナではジムトレーナーとの戦闘前にVSの文字がカットインに挿入されるようになったみたいですね。

また、トレーナー自体がポケモンのように、戦闘前にちょっとしたアクションを見せるので新しい発見が・・m9(^Д^)
ただ、一般トレーナーはこの仕様は適用されていないみたいですが(恐らく、ライバルなどの主要トレーナーのみアクションが用意)
簡単な攻略チャートでもメモしていく事にします....φ(・ω・` )

フタバタウン(自室)
→ライバルの家
→201番道路(ヒコザル・ポッチャマ・ナエトルより1匹選択)
→ライバル戦後、主人公の家に戻る(ランニングシューズを取得)
→シンジこ(イベントを起こす)
→フタバタウン(研究室にてポケモンずかんを貰い、立ち去るときにわざマシン27「おんがえし」を貰う)
→コウキorヒカリの助言で一旦、フタバタウンに戻る(主人公の家でぼうけんノートおとどけものを取得)
→コトブキシティへ

■今回の画像
プラチナ3

フタバタウン


ダイヤモンド・パールとは景色が変わり、雪模様が描かれるように。
また、レポートを書く際に主人公が細かなアクションを取るようになりました。

相変わらず、ボックスを利用した後などは記録時間が長いですが・・。
プラチナ4

シンジこ


いわゆる、イベント。
序盤より物語の鍵を握る「アカギ」が登場するため、オリジナル版とは少し違った展開を見せます。

ちなみに、オープニングムービーもプラチナ用に衣替えされており、アカギや御三家ポケモンの映像が用意されているなど新発見が。
まぁ、御三家の最終進化系をOPムービーに持ってくる辺り、前作をプレイしていない人はネタバレ感が満々ですが・・w
プラチナ5

戦闘画面


一新されたデザインに。
まず、ステータスの表示ウィンドウが黒色に変化。
よく見れば分かるかと思いますが、ビッパのグラフィックも新たに描き起こしが施されました。

つまり、全ポケモンがプラチナ用の新グラフィックに置き換わっている訳ですが、ポケモン図鑑の説明文も書き直されているのには脱帽です∩( ・ω・)∩
プラチナ1

メニュー画面


一番下の項目に「eメールせってい」という見慣れない項目が?

詳しくは下記↓
プラチナ2

eメールせっていとは?


画像の説明の通り、GTS(グローバル・ターミナル・ステーション)にて交換が成立したときに連絡が入るシステム。
つまり、メルアドを登録しておいた携帯電話やパソコンに、その旨が届くという親切設計。

確か、このシステムはポケダンにもありましたが、自分はあまり利用していなかった記憶です(´・ω:;.:...
BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌
2008年9月13日(土)午後9時30分より~

参加者さん 敬称略で語順
くま クマリ KEI サリー Jan バズ ほたる めか ユウ ヨコ ロリ

以上の11名。

大会の内容を箇条書きに↓

1.午後10時ごろより試合が開始
2.尚、対戦ルールはキャラ替えが自由なリーグ戦
3.途中、くまさん・ヨコさん・自分が棄権、主催者様の回線不調などのアクシデントで大会が中断されました

■個人記録
1試合目=めかさん
1戦目・・・J(砕蜂)× ○め(恋次) FAを取られ、ファーストコンボで一気に削られる。所々にラグがあった感想
2戦目・・・J(砕蜂)× ○め(東仙) 開幕「清虫」小でFAを取られるが硬直を反撃でイーブン、J小により制空権を取られタジタジ

2試合目=KEIさん
1戦目・・・J(砕蜂)○ ×K(雨竜) 超必Aを絡めたコンボが痛すぎるw終盤、相手さんが「乱装天傀」を暴発した事により流れが一転しました
2戦目・・・J(夜一)× ○K(浮竹) 波>レーザーからのキャンセルコンボが光る、最後は「水噴」RFにより瞬歩を刈られ死亡
3戦目・・・J(砕蜂)○ ×K(ドン) 開幕空中投げでFAを奪取。途中、いくつかコンボミスで助かるものの最後はキャラ押しになりました

3試合目=サリーさん
1戦目・・・J(空鶴)× ○サ(乱菊) 灰を常に傍らに保っている姿にいぶし銀を感じさせます、最後はゲージ3を保ったままあえなく無念・・
2戦目・・・J(砕蜂)○ ×サ(乱菊) いわゆる火力勝ち。灰によりゲージがモリモリ溜まったのと、低空を「立小」で狩れたのが大きかったです
3戦目・・・J(夜一)× ○サ(乱菊) 何と言うランギカー。終盤ゲージ3をガードするものの、ガード中に下段を崩され終焉を迎えましたw

4試合目=バズさん
1戦目・・・J(砕蜂)× ○バ(修平) 69マスターさんとのお手合わせ、何この背が低いキャラにも安定するコンボ精度は・・w
2戦目・・・J(夜一)× ○バ(修平) FA取るものの中盤からバズさんのターン!最後は起き上がりに「J小」を重ねられゲームオーバーでした

5試合目=ロリさん
1戦目・・・J(空鶴)○ ×ロ(恋次) 開幕地上投げでFA、やはりこのお方はリバサで起き攻めをことごとく妨害される・・
2戦目・・・J(砕蜂)○ ×ロ(恋次) 相手さんのコンボミスと、ガードの揺さぶりで中下段を捌けたのが大きいです

6試合目=ユウさん
1戦目・・・J(夜一)× ○ユ(剣八) 開幕は相手さんがRFスーパーアーマーでFAを奪取、終盤ワンコンボで局面が変わる所で痛恨のタッチミス(ノ∀`)
2戦目・・・J(砕蜂)○ ×ユ(狛村) 卍解狙いと言う勇ましいワンコ様、勝因はこの卍解をガードできたこと・・これに尽きます
3戦目・・・J(空鶴)× ○ユ(剣八) 剣八マスターさんには適わないwゲージ3を保ったまま柱を貰い昇天しました、やはりゲージは小出しにするのが堅実かな?


・・前述した通り、途中で大会は中断されました。

■自分に対する教訓
もうちょい、RFで相手の瞬歩を刈っていきましょう!
ポケットモンスター プラチナオリジナルフィギュア(ギラティナ オリジンフォルム)
お馴染み、ヤマダ電機さんで購入。
予約特典は先着順だったため、間に合って安心といったところ。
ちなみに、左の画像がパッケージ、右のクシャクシャな袋が予約特典(ギラティナ オリジンフォルムのフィギュア)

発売前情報として、公式サイトに新ポケモンのシルエットが公開されていましたが・・。
ポケモンプラチナの取扱説明書に付属されていたパンフレットによると、どうやら5体ともロトムの進化系みたいですね。

■誘導リンク
ポケットモンスタープラチナ攻略Wiki
ぞぬ

ぞぬ AA

    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /     ●  ●、      _____
  |Y  Y        \   /
  | |   |        ▼ | < ぞぬってよし!
  | \/      _人.|  \_____
  |       ___ノ
  \    ./
   | | |
   (__)_)
制作時間はEDGE2(ドット絵エディタ)を使用せず、ペイントを駆使して手打ちで数十分ほど。


以下、本題↓

■大会のお知らせ
BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌
開催日時・・・2008年9月13日(土)夜9時30分より~

■試合方式
敗者復活戦なし
3本勝負2本先取
リーグ戦によるタイマン

■集合場所
IRCの#BLEACH_DS_2ch

尚、大会に参加するには当日までに
ボニーマスターさんに使用キャラクターを宣告しておくこと。

■補足事項
リーグ戦の仕組み

9人以下・・・参加者全員で総当り戦
10人以上・・・A・Bブロックに半数ずつ参加者を隔て、各ブロックの上位2名ずつが決勝リーグに進出

また、今回の対戦会では「黒崎一護」「黒崎一護(虚化)」の使用が禁じられます。
2008年7月17日(木)に発売されたDS版のレビュー
公式サイト

■ストーリー
お馴染み、親子3世代(父親>主人公>子孫)に渡っての冒険活劇。
主人公が幼年期より、様々な経験を得て「大人」へと成長するまでが描かれています。

シナリオの中心となる「旅」の目的も明確、且つ、ゲマと言った
はっきりとした悪役も存在するため、物語はドラクエの王道と言った所。

■新要素
1.花嫁候補に「デボラ」が追加
いわゆる、新キャラクター。
ルドマンの娘であり、フローラの姉。
性格は傲慢で勝ち気、主人公に対しては「小魚」呼ばわりするなど、亭主を尻に敷くタイプ。

ただ、結婚後は母親らしい落ち着きが少しずつ漂い始め、生まれた子供には優しかったりとそれほど悪女ではないのが救い。
ちなみに、花嫁候補としてデボラを選択すると、PS2版のフローラと同じく「カジノ船」で結婚式が開かれます。

花嫁ごとの違いまとめ↓

ビアンカ・・・魔法使いタイプ(アルカパの宿屋で新婚初夜イベントあり、子供の髪は金色)
フローラ・・・魔法使いタイプ(ルドマンからの贈り物イベントあり、子供の髪は青色)
デボラ・・・女戦士タイプ(ルドマンからの贈り物イベントあり、主要武器は爪で魔法も修得する、子供の髪は黒色)

2.中断セーブが可能
携帯機ならではのシステム。
ちなみに、中断セーブから物語を再開しても、中断データは消去されない。
但し、フィールドでのみ利用可能(ダンジョンと街中では利用不可能)

3.新モンスターに「プリズニャン」と「アークデーモン」が追加
ちなみに、どちらとも仲間モンスターとしてパーティに同伴させる事が可能。
つまり、この2匹はDS版の新しい仲間モンスターでもあります。

4.スライムタッチ(ミニゲーム)
ルドマンの屋敷に用意されているミニゲーム。
正確な配置場所はデボラの私室で、タッチペンを利用して遊ぶことが可能。

5.すれちがい通信で「名産品」の交換
PS2版で追加された「名産品」を、すれちがい通信で赤の他人とやり取りするシステム。
但し、実際に交換できる名産品は、プレイヤーが自身の手で作成した「オリジナル名産品」のみ。

1/3ページ
前回の記事の続き。

■システム
基本は、PS2版のベタ移殖らしいです。

1.タッチ操作は完全に廃止
但し、スライムタッチ(ミニゲーム)のみ使用します。

2.2画面にマップやステータスが分割表示
おかげで、戦闘背景がステータス画面で覆いかぶさる事は無く、携帯機としては見やすいです。
また、ダンジョンなどの広大なフィールドでは、上画面に奥地までマップが表示されるため、宝箱などが探しやすかった感想。

3.お馴染み、3Dグラフィック
SFC版の2Dグラフィックを期待していた人にはショボーン。
街や施設などでは、建物の死角に何かあったりするため、LRボタンで視点変更を駆使する必要あり。
面倒に感じるかは個人差がありそうですが、一部のダンジョンや施設では、視点変更が不可能な場所もあります。

ちなみに、3Dへの変化に伴ない、野生モンスターは攻撃モーション以外でもキビキビ動くように。
また、ほとんどの施設とダンジョンは、3D用に細かに構造が変わっています。

4.会話システムが搭載
テイルズで言うスキット。
物語の進行状況により、パーティの主要キャラクターと会話を交えるシステム。
特に、ヘンリーが改心していく経路や、花嫁候補のデボラと毒舌を交えるのが面白かった感想。

逆に言えば、仲間モンスターはこの会話システムの意味がほとんど無いため、モンスターの価値観が下がる要因にも。
※パーティの傾向が、主要キャラクターを中心とした構成になりがちなど

5.戦闘スピードの高速化
オプションにて、戦闘スピードを「5段階」に分けて調整する事が可能。
欲を言えば、Aボタン押しっぱなしで戦闘メッセージを早送りする事が出来れば・・。
とは言え、レベル上げ作業やプレイ時間の節約になるため、非常に便利なシステム。

■難易度
良くも悪くも、ドラクエ。
武器を購入するためのG(ゴールド)集めや、パーティのLv上げが必要になる場面が幾つか存在します。
とは言え、今作は4人パーティ(初代は3人)のため、オリジナル版よりかは難易度は落ちているかと。

戦闘については、少なからず多少の運要素あり。
炎の洞窟にて、溶岩原人が連続で「もえさかるかえん」を吐いてアボーンなど。
ただ、仲間NPCのAI思考が中々に賢い(独自の判断で道具を使用など)ため、それに救われる部分も。

肝のシナリオ進行に関しては、会話システムでヒントが提示される事もあり、行き詰る事は少ないかと。
もしくは、一度でも同作品をプレイしたことがある人は、昔の記憶を頼りに進行することも可能と言えば可能。
ちなみに、リメイクに当たってサブイベントが追加されているため、やり込みも含めて攻略サイトは1度は見ておくべきかな?

2/3ページ
前回の記事の続き。

■総合レビュー
DQ5 クリアデータ

クリアデータ(冒険の書の画像)

パーティは

Lv37 主人公
Lv36 息子
Lv37 娘
Lv34 デボラ


アベルとは、取扱説明書のデフォルトネーム。
ちなみに、☆マークがクリアの印です。
プレイ時間は「20時間25分」となっていますが、

幼年期=約3時間パパス死亡まで)
青年期(前半)=約5~6時間花嫁候補と結婚まで)
青年期(後半)=約3~4時間石化イベント~子孫誕生まで)
ラスト=約7~8時間(内、魔界突入まで約5~6時間、ラスボスまで約1~2時間

※一応、過去の作品ですが「ネタバレ」は伏字に

プレイ感想としては、ドラクエ5未経験orSFC版しかプレイした事が無い人は、DS版は新鮮味があるのでは。
少なくとも、他のレビューサイトではPS2版をプレイしていると、システムがベタ移殖のため幾分かは評価が落ちるみたいです。

■不満点
少し、書き添え....φ(・ω・` )

1.武器防具に、攻撃力と守備力が表示されない
装備時に上昇or下降した分だけの数値が表示されるのですが、それ以外では数値さえ表示されないため不便だった感想。
インパスを利用しても「攻撃力が上がるようだ~」の説明文だけで、とてもあやふやです。

2.モンスターが仲間になりにくい
モンスター図鑑に「仲間になりやすい」と記されているモンスターは、比較的パーティに加入しやすいです。
ただ、それ以下(たまに仲間になる、仲間になりにくいetc)は、めったに仲間にならないかも・・。

実質、自分はクリアするまでに「仲間になりやすい」以外で
パーティに加入したモンスターは、ばくだんいわ(仲間になりにくい)だけでした(ヽ´ω`)

3/3ページ
クラブニンテンドーにて、新プレゼントが追加。


500 ゲーム&ウォッチコレクション2
400 Touch! Generaions サウンドトラック
300 マリオパーティトランプ
300 マリオ&ルイージミニポーチ(2個セット)
250 ニンテンドーDS Lite ポーチ(レッド、イエロー、グリーン、オレンジ)
250 オリジナルマリオバッジ


全部で6種類。
詳細な情報はこちら→公式サイト

ちなみに、毎年9月の月末に「一部のポイントが有効期限切れ」になるため、お早めにご確認を。
以下、週刊ファミ通のクロレビ
ポケットモンスター プラチナ

ふじのっち 9点
『ダイヤモンド・パール』のパワーアップ版。
新シナリオやバトルフロンティアの追加など、お得な要素が満載で、お買い得感がある。
クリアー後に同じストーリーをくり返し遊ぶタイプのゲームではないので、すでに『ダイヤモンド・パール』をプレイした人でもマンネリ感はないかと。

ウワーマン 9点
バトル関連の充実ぶりがハンパなく、ポケモン育成熱が再燃するのは確か。
新要素も充実していて満足。
バトルスピードやポケッチの切り替えなど、システムの見直しもうれしい限り。
ただ、大きな変貌はあるもののベースはあくまで『ダイヤモンド・パール』。
図鑑が最初からなのも辛い。

奥村キスコ 9点
図鑑を埋める楽しさが増えたのは言うまでもありませんが、ひとり用のバトルが充実していたり、物語に変化があったりと魅力がさらにアップ。
Wi-Fiを通じて遊ぶ際、誰かのバトルを観たり、eメールに情報を通知できたりして、DSってこんなこともできるんだと新境地を見た気が!

ローリング内沢 9点
『ダイヤモンド・パール』に、さまざまな新要素が加わり、前作を遊んだ人でも新しい発見や驚きが感じられる作り。
遊びの幅や楽しさ、その感覚が昇華した印象。
新要素の追加もうれしいが、特出すべきは細かい操作性やバトルのテンポの改善。
さらに手にしっくりくる作品になった。

9 + 9 + 9 + 9=36点(プラチナ殿堂)


前作のWi-Fi対戦のスピードはお世辞にも良いものとは言えなかったので、バトルスピードが改善されたのは嬉しい所。
ようやく、逆裁シリーズ(1~4)を制覇ヽ(゚∀゚)ノ
公式サイト

■ストーリー
3より、7年後の世界が舞台。
前作の主人公であった「成歩堂龍一」が法曹界を去り、新章がスタート。
ちなみに、蘇る逆転の第5話(おまけシナリオ)と幾つかの「繋がり」が存在します。

■新キャラクター
1.王泥喜法介(おどろき ほうすけ)
逆転裁判4の主人公。
牙琉法律事務所の新米弁護士、一人称は「俺」
良くも悪くも前作の主人公の「ハッタリ」を受け継いだキャラ。

2.成歩堂みぬき(なるほどう みぬき)
成歩堂芸能事務所のタレント(自称)
苗字は設定上のモノ、真相はゲーム中で明らかに。
今作のヒロイン的存在で、前作で言う綾里真宵のポジション。

3.牙琉霧人(がりゅう きりひと)
牙琉法律事務所の所長さん。
ベテラン弁護士でありながら、検事の弟(響也)を持つ。
性格は至って冷静でクール眼鏡、狩魔豪などの悪役の匂いがします。

4.牙琉響也(がりゅう きょうや)
いわゆる天才検事。
ガリューウエーブ(バンド名)のボーカルを務める。
ゴドー検事と同じく、「真相」を追究するフェミニストな性格。

5.宝月茜(ほうづき あかね)
科学捜査マニアの刑事。
蘇る逆転(第5話)にも登場し、今作では糸鋸刑事のポジション。
額に掛けたピンク色のサングラスが特徴(実際には血痕を調べる装置)

1/2ページ
前回の記事の続き。

■3(前作)との違い
1.音楽はアレンジ
シリーズで恒例となっているアレンジBGM。
今作は「新章」と言うだけあり、曲調が新鮮だった感想。

2.英語の吹き替えは無し
1~4(DS版)に収録されていた「北米版」は用意されていない。

3.サイコ・ロック(心理錠)は廃止
但し、最終話の回想シーンのみ適用します。

4.法廷記録より、人物ファイルを「つきつける」ことが不可能に
尋問や探偵パートの会話では、証拠品のみ「つきつける」ことが可能。
しかし、人物ファイルを突きつける必要性が応じれば、選択肢として登場します。

■新要素
1.みぬく
相手の「動揺」を見透かすアクション。
主に、証言に偽りなどを感じたときに、相手の動作や癖を指摘する。
ただ、これは本当に細かすぎて「唾を飲む仕草」などは、流石に見過ごす可能性が高すぎます。

2.科学捜査
蘇る逆転(第5話限定)にもあった要素。
タッチパネルを利用して「指紋」を調査するなど、ミニゲームに近い感覚です。

3.証拠品の詳細
蘇る逆転(第5話限定)にもあった要素。
バイオハザードのように、証拠品1つ1つ(弁護士バッジも然り)を入念にチェック可能。

4.メイスンシステム
第4話で使用されるシステム。
過去と現代に隔たれたオムニバス方式で、8つのシナリオを行き来する。
ただ、クリアすべき順序があらかじめ決まっているため、最短ルートを探すのが面倒だった感想。

■総合レビュー
まず、プレイ時間は約15時間ほど(全4話)
物語のボリューム自体は少ないが、「法廷パート=みぬく、探偵パート=科学捜査」の要素で水増しされている感想。
特に、みぬくメイスンシステムは攻略サイト無しでは手詰まり(もしくは面倒)になる可能性が高いため、不要だったかなぁと。

流石にグラサン掛けた人物が「目をそらす」仕草や、
メイスンシステムで、どのシナリオで行き詰ったか不明になるのはADV初心者としては辛かったです。
自分はこのシステム周りで面倒になり、攻略まとめWikiを参照にしながら泣く泣くゲームを進行させました・・(ヽ´ω`)

その他のレビューとしては、逆裁4はニンテンドーDS用に製作されているだけあり、新規のCGムービーなどは美麗でした。
また、これは個人的なことですが、前作の主人公(成歩堂龍一)のマダオ設定には、一部のファンは泣いてしまうかも。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ちなみに、成歩堂龍一のボイス(異議あり、待ったetc)や裁判長のグラフィック、SE(効果音)などは旧作からの使い回しの模様です。

2/2ページ
蘇る逆転逆転裁判2と立て続けにレビューしたため、あまり書く事がないですが(ノ∀`)
公式サイト

■ストーリー
2より、2年後の世界が舞台。
そのため、2⇔3は密接な関係があり、前作をプレイしていないと十二分に楽しめないかも。
ただ、1⇔2が深く繋がっているため、結局は初代からプレイしないと「人物相関図」が分かりにくいと言う罠・・。

■2との違い
音楽はアレンジ(1→2→3とアレンジされ続けている)
とは言え、一部のBGMは原曲のまま採用されているモノも。
また、細かいですが中断セーブの時に「・・・・保存中・・・・」と表示されるように。

ちなみに、2に採用されていたサイコ・ロック(心理錠)は健在です。

■新キャラクター
 ゴドー検事
パッケージを飾っている検事(マスクの人)
ゲーム中では正体不明の人物として扱われているが、物語に深く関わってくるため結構な重要キャラ。
人物的には、御剣怜侍(初期の頃)や狩魔冥などと違い、「真相」を追求するフェミニストな人。

■総合レビュー
あまり書く事が無いため、早々にまとめますが
初代からプレイしただけあり、十分に楽しめました。

ただ、3は比較的「謎解き」の敷居が高めな感想で、第2話辺りから急激に難易度が上がるような?
犯人の罪状が「窃盗」から「殺人」に切り替わったり、ゆさぶりに制限が掛けられた「尋問」など(情報が引き出せない状況)
また、第5話の綾里家に伝わる霊媒については、1と2で事前情報を得ていないと感情移入しにくいかも。

とは言え、狩魔冥と一緒に「探偵パート」で現場捜査できたり
名場面の「御剣VS冥」の法廷バトルが見れたりとファン泣かせの出来です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

■逆裁シリーズについて
色々とこのシリーズについて、箇条書き....φ(・ω・` )

1.1~3に全て、チュートリアルあり
そのため、どのナンバリングからもプレイ可能。
真にストーリーを楽しむ場合は、初代からのプレイがお勧めですが・・。

2.ADVが苦手でも、強引な「ハッタリ」で進行可能
ぶっちゃけると、中断セーブを駆使しながら、全ての回答を選択すればイヤでも進みます。
ただ、選択肢が多い尋問などは、攻略サイトを参考にしないと手詰まりする危険性もあったりします。

3.ソフト1本に付き、費やすプレイ時間は約10~15時間程度?
大体、1つにつき、5日~1週間程度でクリアすることが可能なため、手ごろなボリュームです。
ちなみに、

逆裁1・・・4話(蘇る逆転は5話)
逆裁2・・・4話
逆裁3・・・5話

までシナリオが用意。
■9.4(木)
AQインタラクティブ
 ブルードラゴン プラス
KONAMI
 絶対可憐チルドレンDS 第4のチルドレン
インターチャネル
 放課後ミステリークラブ ~26の扉~
 チーズスイートホーム チーがおうちにやってきた!

■9.11(木)
エレクトロニック・アーツ
 スポア クリーチャーズWi-Fi
アークシステムワークス
 theresia -テレジア- Dear Emile
グローバル・A・エンタテインメント
 学研 ムー編集部監修 超常現象リサーチファイル
ディースリー・パブリッシャー
 星空のコミックガーデン
 星空のコミックガーデン(初回限定版)

■9.12(金)
KONAMI
 クイズマジックアカデミーDSWi-Fi

■9.13(土)
ポケモン
 ポケットモンスター プラチナWi-Fi

■9.18(木)
バンダイナムコゲームス
 ドラゴンボールDS
サクセス
 落シ刑事 ~刑事さん、私がやりました~
 野獣刑事 東京同時多発テロを鎮圧せよ!
インターチャネル
 イルミスライト ひかりのパズル
スターフィッシュ・エスディ
 ロング・バケーション~イルカとわたし~

■9.25(木)
セガ
 ユーキャンペン字トレーニングDS
 ワールド・デストラクション ~導かれし意思~
コーエー
 GABU★GABU プラネットWi-Fi
スティング
 ナイツ・イン・ザ・ナイトメア
 ナイツ・イン・ザ・ナイトメア Dept. Heaven Episodesシリーズ スペシャルパック
コンパイルハート
 逆境無頼カイジ Death or Survival
アクティビジョン
 ギターヒーロー オン ツアー
サイバーフロント
 プリンセスメーカー4DS -スペシャル エディション-
ディンプル
 くまたんち
ロケットカンパニー
 直感!あそんでリラックマ
Genterprise
 うみうると数独しよっ!~ニコリ7大パズル555問~
ディースリー・パブリッシャー
 SIMPLE DSシリーズ Vol.43 THE ホストしようぜ!~DXナイトキング~
 SIMPLE DSシリーズ Vol.44 THE ギャル麻雀
■9.4(木)
インターチャネル
 レインボーポップ

■9.11(木)
バンダイナムコゲームス
 ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード1 波に揺れる秘宝

■9.18(木)
コーエー
 ジーワン ジョッキ- Wii 2008Wi-Fi

■9.25(木)
任天堂
 DISASTER DAY OF CRISIS - ディザスター デイ オブ クライシス -
スクウェア・エニックス
 ソウルイーター モノトーン プリンセス
ハドソン
 ボンバーマンWi-Fi
エレクトロニック・アーツ
 シムシティ クリエイター
ディースリー・パブリッシャー
 SIMPLE2000シリーズWii Vol.1 THE テーブルゲーム ~麻雀・囲碁・将棋・カード・花札・リバーシ・五目ならべ~Wi-Fi


以下、Wiiウェア

■9.2(火)
KONAMI
 GRADIUS ReBirthWi-Fi
エレクトロニック・アーツ
 最強銀星リバーシ
ゲームロフト
 ハマる★ボウリング

■9.16(火)
ケーブルエンタテイメント
 かっぱくんとあそぼう かっぱくんともりのなかまたWi-Fi

■9.24(水)
カプコン
 ロックマン9 野望の復活!!Wi-Fi

■9.30(火)
任天堂
 通信対局 ワールドチェスWi-Fi
ハドソン
 Wi-Fi8人バトル ボンバーマンWi-Fi
ユードー
 Aero GuitarWi-Fi
※配信日未定タイトルは、公式サイト準備中

FC(ファミコン)/500Wiiポイント

■9.2(火)
アークシステムワークス
 探偵神宮寺三郎 横浜港連続殺人事件

■9.24(水)
バンダイナムコゲームス
 ワギャンランド

SFC(スーファミ)/800Wiiポイント

■9.9(火)
スクウェア・エニックス
 聖剣伝説2

■9.16(火)
タイトー
 SPACE INVADERS The Original Game

N64(ニンテンドウ64)/1000Wiiポイント

■9.30(火)
任天堂
 マリオゴルフ64

MD(メガドライブ)/600Wiiポイント

■9.9(火)
セガ
 北斗の拳 新世紀末救世主伝説(700Wiiポイント)

■9.16(火)
日本ファルコム
 ソーサリアン(700Wiiポイント)

■9.24(水)
カプコン
 FORGOTTEN WORLDS

MS(マスターシステム)/500Wiiポイント

 今月は特になし

PCエンジン/600Wiiポイント

■9.9(火)
バンダイナムコゲームス
 ファイナルブラスター

■9.16(火)
タイトー
 ミズバク大冒険アドベンチャー

■9.23(火)
タイトー
 THE NINJAWARRIORS

■9.30(火)
naxat soft 
 熱血高校ドッジボール部 PC番外編

NEOGEO(ネオジオ)/900Wiiポイント

 今月は特になし

MSX/700Wiiポイント

 今月は特になし
■3人部屋
この状態で、ルールをタッグマッチに決定すると必ず同期ズレが起こる。
原因は不明ですが、IRCで総隊長様を1VS2でボコろうとした企画で、意外にも発覚した小ネタ。

■起き上がりに1F以上の無敵時間あり?
過去記事にも執筆しましたが、どうやら無敵時間は用意されている模様?

例.
志波岩鷲の超必B「連環石波扇」でダウンを奪われた際に、必殺技のタッチパネルを連打

本来なら、必殺技が発動する前にダウンの判定が発生するはずですが
浦原喜助の超必A「啼け 紅姫」など、始動の早い技がしっかりと発動するため
この事より、起き上がりに1F(フレーム)以上の猶予時間は用意されているっぽい?

■市丸ギン
超必A「鎗影貫」は、石田雨竜や涅マユリなどの通常投げ中に使用すると
相手を空中に押し上げる効果があると執筆しましたが、この状態で投げが決まるとダウン効果となる。

つまり、本来なら相手を壁際に吹き飛ばす効果が発生するはずが
何故か、地上に叩きつける効果に変化する(涅マユリの超必B「お仕置きだヨ!」を浮かした場合も同様)

■狛村左陣、檜佐木修平
犬の必C「剛登断」(ダッシュ投げ)と、69の超必B「残影・迅」は使用後のガードが確定しない。
つまり、技の発動後は使用者本人のガードが確定しないということですが、後者については恐らく既出済み。

■浦原喜助
必A「血霞の盾」は、志波岩鷲の超必C「特大一番星」が貫通するらしい。
つまり、花火のダメージがそのまま通るということですが、噂に聞いただけのため真相は不明。

■斑目一角
卍解「龍紋鬼灯丸」は、吉良イヅルの必D「浅薄!」がGCから永久に決まる。
詳しく説明すると、一角の26(波動拳コマンド)をガードしたと同時に、GCセンパクを連続で発動すると相手をロックする事が可能。

情報元:血霞と卍解については、オレスコさんより入手!
BLEACH DS 2nd 黒衣ひらめく鎮魂歌

タッグマッチに関する、あるあるネタ。


1.相方を救助するはずが、一緒にコンボに巻き込まれる
2.タッグは負け越している方が、何故かヒートアップする・・ような気がする
3.チャドでジャンプしても、エリアル中の相手に届かない事が多だある
4.やたら、DCタイミングが被る相方さんが一人はいる
5.2人一緒にコンボに巻き込まれた時、お互いDCを躊躇するが結局は2人揃って同じタイミングでDC
6.終盤、2対1と言う状況で逆転される
7.魂魄数ミリで、やたら粘れるときがある


・・おかげさまで黒衣記事が100を突破ヽ(゚∀゚)ノ
来月の2008年10月30日(木)に
シドのエピソードが追加されたDS版が発売されますが、あえて購入
公式サイト

■ストーリー
シドとチョコボが「大いなる秘宝」を求めて、砂漠の塔へ
→最上階で宝を発見するものの、トラブルで異世界に飛ばされる
→辿り着いた場所は「忘却=幸せ」の信者が集う、時忘れの街だった
→/(^o^)\ナンテコッタイ

■システム
Wiiリモコンもしくはクラシックコントローラでのみプレイ可能(GCコントローラーは×)

基本はレベル継続性(一部のダンジョンでは、レベル1からスタートもあり)
また、初代のATB(アクティブタイムバトル)では無く、従来のターン制に戻された。

ジョブについては、トルネコの大冒険2とイメージ的には同じ(ナイトは腹減りが早かったり、魔道士は打たれ弱かったり)

ちなみに、何故かBダッシュが用意されていない。
ただ、普通の歩きが高速なため、ゲームスピード自体は至って快適でした。

■音楽・グラフィック
背景に流れるBGMは、FFメドレーのアレンジが主体。
チュートリアルからクリスタルタワー(FF3)だったり、召喚獣戦にゴルベーザ四天王(FF4)が使用されていたりと豪華。
また、所々の台詞はフルボイスが採用されており、美麗なムービーなどとあいまって感情移入しやすい作品でした。

ただ、mk2などのレビューサイトでも挙げられていますが、ラファエロの声優さん(川嶋あい)は棒読み感がありすぎて違和感が・・。
歌手と言う事もありますが、流石に青年期などは声色を変えるか、もう少し感情を込めて台詞を読んで欲しかったなぁと。

グラフィックについては、前述しましたが3Dムービーや街の描写がさすがWiiと言った感じ。
その分、読み込みに時間が掛かっているのか、建物の出入りにロード時間を喰うのが気になった感想です。

1/2ページ
前回の記事の続き。

■難易度
このゲームにはオートセーブが用意されていないため、全滅してもセーブデータからリトライが可能
そのため、不思議なダンジョン特有の緊張感は薄めで、ゲーム自体の難易度も低下している要因です。

シナリオで通過する事になるダンジョンは、大半はレベルでゴリ押し可能。
ボス戦については、状態異常を駆使すると大幅に難易度が上下するため、事前準備が肝となりそうな予感です。
ただ、ラスボスについては流石に凶悪な能力が用意されているため、白魔道士などで回復を駆使しないと厳しいかも。

ちなみに、このゲームは「鍛冶屋」に利用制限が無い(1日に何度でも強化可能)なため
丁度、鍛冶屋が利用できる辺りでストーリーの進行が楽になります(強化費が安値の事もあり、+99は比較的作りやすい)
このシステムが難易度低下の原因に繋がっているのかもですが、逆に言えば作業(武器強化)の手間が省けて時間の節約に。

あと、これは個人的な意見ですが、制限ダンジョン(HP1固定)は少し面倒だった感想。
こちらの攻撃がミスると、そこで終わり的な運要素が高いため、非常にイライラさせてくれました(#^ω^)

■総合レビュー
チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮

画像はクリアデータ。

プレイ時間は15時間39分37秒
サブイベントは少しずつこなしていましたが
意外と早くストーリーが終了(ボリュームは少なめ)

ちなみに、クリア後には追加ダンジョンが用意されていますが、全部で3つしかないため「やり込み要素」は低めです。

また、99階ダンジョンはあることはあるものの、神竜・オメガ(初代)などの強敵が削除されているため、やり甲斐があるかは不明。
■書き漏らし
Wi-Fi対応ゲームとして、ポップアップデュエルが用意されています。
プレイしてみた感想は、ややルールが複雑(カード枚数が150枚ほどあるため、バリエーションには富んでいます)
また、1回のデュエルに約15~20分ほど費やすため、ミニゲームとしては少々時間が掛かるのがネック。

とは言え、ダンジョンなどでモンスターが落とす「カード」を収集したりと、本編以外でも楽しみがあるのは嬉しい所かな。

2/2ページ
システム周りの感想は、【逆裁】逆転裁判 蘇る逆転 レビューにて
公式サイト

■初代との相違点
1.音楽が原曲のアレンジ
前作の使い回しではないのは好印象。
ただ、原曲の「音」が耳にこびり付いている人は、初代に懐古しそうな予感。

2.調べるアイコンが簡易的に
現場捜査(探偵パート)する際には、必要な箇所のみ「調べる」が表示されるように。
つまり、調べても特に意味の無い箇所にはアイコンが表示されないため、気になる部分を全て調べる必要が応じなくなった。

3.新キャラクターとサイコ・ロック(心理錠)が追加
詳しくは下記の項目で。

■新キャラクター
1.狩魔冥
パッケージを飾っている女検事。
前作の「狩魔豪」の娘であり、完璧主義の性格もあってか個性が浮いたキャラ。
ただ、父親ほど悪役面と言う訳でもなく、良くも悪くも「いい人」みたいな印象を受けました。

2.綾里春美
綾里家の分家の娘さん。
若干8才ながら、恋愛に興味深々だったり、千尋さんを霊媒したりと結構な重要キャラ。
真宵(ヒロイン)が居ない時の助手役でもあるため、シナリオに関わってくる部分は多め。

■サイコ・ロック(心理錠)
2からの新要素。
相手が心の中に閉ざしている「秘密」を暴くシステム。
大まかな仕組みは、その「秘密」に関する証拠品や人物の名前を当てていくと、心の中のロック(鍵)が解除される。

ロックの解除に失敗すると、法廷パートと同様にペナルティあり
全てのロックの解除に成功すると、失ったペナルティゲージが半分回復する
ちなみに、サイコ・ロック中にゲージ残量が尽きても、リトライは無限に可能


この要素は「探偵パート」のボリュームアップに繋がっていますが、逆に言うと、費やす時間が「捜査>裁判」になってしまった感想。
また、サイコ・ロック中は「中断セーブ」が不可能なため、最後の鍵を外すのに失敗して、最初からやり直しと言うループにはマンネリ。

■総合レビュー
前作から立て続けにプレイしましたが、1⇔2が繋がっている事もあり、十二分に楽しめました。
基本はボタン操作で進行するのですが、タッチペンでも全ての操作が行えるため、システム周りは良好。
また、一度読んだテキストはBボタンで早送り出来たりと、ストーリーを楽しむには快適な環境でした。

ただ、この手のゲームは、やはり1度でもクリアすると「2度とやる気が起こらなくなる」のが惜しい・・(ノ∀`)
ちなみに、1のリメイク(蘇る逆転)と比較すると、2は全体的にシナリオのボリュームが落ちている感想です。

逆裁1・・・全5話(オリジナル版は4話まで)
逆裁2・・・全4話(法廷パート3まで続くシナリオが無い)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。