ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正式名称=風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫
ジャンル=ダンジョンRPG
プレイ人数=1人用
開発=チュンソフト
販売=SEGA(セガ)
発売日=2008年6月5日(木)
対応機種=Wii(Wi-Fi対応)
公式サイト=セガチュンソフト

■プレイ感想
総合レビュー(クリア済み)

■本編(ストーリー) ※ネタバレ注意
第1章 帰ってきた風来人 サヌキノ森
第2章 からくり峠で会いませう からくり峠
第3章 コッパ救出! 大ムカデはイヤなヤツ 大ムカデの巣穴

第4章 実録! 仁義なき猛禽類 大ワシの砦
第5章 シレンよ いずこ? 3匹めのナマズ 大ナマズの巣
第6章 ホウライ四天王 最後の砦! 大天狗の城

第7章 からくり屋敷の怪~第8章 嗚呼ご先祖さま 悪党どもは眠らすな ヲチミヅ峠~サヌキノ竹林
第9章 からくり屋敷の怪 その弐~第10章 内郭 突入! 正義の味方は遅れて来る 外郭~光陣丸参号~内郭
第12章 千年前ふたたび 永遠の誓い~第13章 壺中転生 ツボとともに去りぬ 壺中夢幻

第14章 ホウライ王国 地の底で惑うものども 火の森
第15章 隠されし魔が楽土 地下世界を征け~第16章 冥き谷底にて力尽きて朽ちよ 風来人 水の山~死者の谷
第17章 消せない傷痕 喪われし友の託せしもの~第18章 からくり屋敷は嘲う! 十狼太の秘密 竜が池~からくり櫓(やぐら)

第19章 襲撃! 千年前の真実と悪夢の始まり~第20章 遠ざかる時の残響 神迎えの祭りの宵に 縁日の境内
第21章 潜入からくり御殿! 少女変性~第22章 ワナ! 世界と異界との狭間にあるもの 拝殿部~本丸
第23章 からくり屋敷の秘宝 生きていた十狼太~第24章 竹取の翁の真実 月の彼方から囁く声 銭蔵~空中舞台

第25章 からくり屋敷 封じられしものの怨念~第26章 咲く花 散る花 戻れないふたり 天守閣~かぐや御陵
第27章 落ちる月~第28章 黄泉への誘い 転び風のやむ時 黄泉比良坂
第29章 神の哭く夜 千年の夢の終わりに 黄泉神殿

■新章(追加シナリオ)
新章攻略チャート1(武芸大会)
新章攻略チャート2(サヌキノ森)

■データ
サブイベントまとめ
クリア後ダンジョンまとめ
モンスターの属性システム

■発売前情報
発売前情報まとめ
発売日が延期( ゚д゚ )
ファミ通のクロスレビュー

■掲示板
うぃふぃBBS
スポンサーサイト
属性システム
■属性システムとは?
風来のシレン3より追加された新要素
簡単に説明するとポケモンの「特性」の様なシステム。

例を挙げると、マムルは特技は無し。
しかし、この属性システムにより「必中攻撃」が可能に。

モンスターの属性はその外見(色)で判断され、マムルの場合は青色より「知属性」を授かっています。

詳しくは、画像より判断できますが、以下にまとめを。
属性効果モンスター(例)
ピンク直接攻撃に満腹度を減らす追加効果デブータ、マゼゴン
ダメージの何割かを弾き返すカラクロイド、スーパーゲイズ
ダメージをHPの回復に変える将軍、ガマゴン
直接攻撃が痛恨の一撃になる死神、ロックガン
直接攻撃が必中になるマムル、マゼモン
杖の効果を無効化する鬼面武者、ドラゴン
直接攻撃や遠距離攻撃をかわす地獄の使者、妖怪にぎり元締
直接攻撃にかなしばりの追加攻撃ケンゴウ、マゼルン
姿を消して移動するケロぼうず、オヤジ戦車

注意すべき属性は、ずっと俺のターンの金縛り効果(黄色)と、一定の防御力を貫通する痛恨属性(赤色)
ちなみに、モンスターが「混乱」などの状態異常の場合は、これらの発動率が2倍になるため、更に用心する事。
主に出現条件など....φ(・ω・` )

■レベル1ダンジョン
 階層出現条件制限
サヌキノ竹林30F過去の世界に最初から出現仲間同行不可能
道具持ち込み不可能
ヲチミヅ峠50F
ブフーの洞窟99F現代の世界に最初から出現
荒れ寺の上
隠し穴10F武芸大会で免許皆伝
オオツツキ村の大岩を調べる
仲間同行不可能
脱出の巻物が禁止
ツヅラの迷宮99F武芸大会で免許皆伝
サブイベント(虫除け薬、月の石)をクリア
酒場の隣家の住民に話を聞き、村長の家のツヅラ(右部屋)を調べる
道具持ち込み不可能

■レベル継続ダンジョン
 階層出現条件制限
武芸大会初段~7段
免許皆伝
新章クリア後、ギタンを払うと参加可能仲間同行不可能
ツワモノの穴99F新章クリア後、鍛冶屋の「かまど」を調べる特になし
地脈のほこら40Fホウライ王国 イワクラ(四つ目岩を調べる)に最初から出現
千年洞窟999F
本編をクリア後に追加される要素の一覧↓

1.過去と現代の行き来
オオツツキ村の入り口にある「井戸」を調べると、千年前の過去に帰還することが可能。

2.鍛冶屋の病気
鍛冶屋から「巻物」を貰った状態で過去に戻り、鍛冶屋の先祖に話しかけるとイベントが発生。
秘薬を貰えるため、そのまま現代に戻った後、寝込んでいる鍛冶屋の親父に話しかけると病気が回復する。

以後、1回ダンジョンを潜ったあとに営業を再開するため、武器の強化が行えるように。
ちなみに、剣・盾の強化に1500ギタン、印の消去に5000ギタン、印数を増やすには10000ギタンと指定のアイテムが必要。
※最後の項目はクリア後に追加される

3.首なし地蔵
オオツツキ村で浜辺にいる男女から「地蔵」の噂を聞いた後、荒れ寺へと向かう。
左手の奥地に首のない地蔵が立っているため、調べるとイベントが進行(選択肢は、引き受ける)

一旦、過去に戻り、オオツツキ村の上方に位置する「石屋」にて、地蔵の頭を作って貰えるようにお願いする。
ちなみに、選択肢は「爺さんに作ってもらい、埋めてもらう」、更に500ギタンが必要なため、あらかじめ準備しておく。

現代に戻ると、村の入り口の一番左上に「お墓」が立っているため、調べると地蔵の頭が出現。
それを荒れ寺のお地蔵さんに備えることによりイベントは完了、以後、ダンジョンにランダムで「地蔵」が出現するように。
※ダンジョンで話しかけると、色々な特典(回復など)を1回だけお願いできる

4.おセン婆の強力な虫除け薬
村長の家にて、「からくり屋敷の謎を解いたら~」と話していた男に会話。
クリア後では秘伝の虫除け薬の作り方を伝授してもらえるため、これを講義してもらう。

必要な材料は、全てブフーの洞窟で入手する事が可能。
めまわし大根の肉・・・18F~
分裂クラゲの肉・・・22F~
無影虚無増の肉・・・28F~

材料が揃った後、水車の近くの民家に入り「おセン婆」に話しかける(その後、1回マップに出る必要あり)
虫除け薬を貰った後は、過去の世界に戻り「大樹」の下にいる男性と会話>再度、現代に戻る。
同じく、大樹の下にいる男性に話しかけると木が枯れていないため、お礼?に「千年丸」と「大樹の盾」が入手可能。
→千年丸=復活の草と同様の効果、大樹の盾=鈍足状態で攻撃力アップ

5.月の石の回収作業
新章での武芸大会を一通り終えると、全体マップの右上に「月人の船」が出現。
そこにはマムルZZの中の人が待ちかまえているため、お願いを聞いて「月の石」を集める作業を引き受ける。
※以後、ダンジョンにこの道具がランダムで落ちているように

ちなみに、合計99個の石を献上すると「紅ホタルの盾」(アスカ専用装備、回復速度アップ)をお礼として受け取れる。

6.スケゴローの思い出
新章の攻略チャート(武芸大会、サヌキノ森)をクリア後に訪れると、施設の小屋にて「思い出」の購入が可能に。
100種類ほど用意されている中、値段はムービー=10000ギタン、イベント=5000ギタン、サウンド=3000ギタン
新章攻略チャート1(武芸大会)の続き

新6章 永遠なれ! 風来だましい

1.武芸大会のあと、オオツツキ村にてイベントが発生
但し、鍛冶屋の病気をサブイベントで治している必要あり。
会話を聞いた後、村長の家に向かうとシナリオが進行>鍛冶屋に戻るとカスケが行方不明に。

2.荒れ寺への道中の「サヌキノ森」へ向かう
救助要請不可能の最大5Fまでの浅いダンジョン。
このイベント中のみモンスターが強化されており、発生している「霧」により視界が悪くなっている。

3.KO(カミナリオヤジ)戦車、ゴウジョウ戦車×2、イッテツ戦車×2とご対面
KO戦車
最下層にて、ボス戦あり。
丁度、アスカとセンセーの直線上に通常モンスターが固まっているため、封印の札などで無力化しておくことを推奨。

ボスのKO戦車については、これらのアイテム(巻物は除く)が通用しないため、近接距離で殴りあう事になる。
ちなみに、倍速移動では無いが、一度に前方3方向に固定50ダメージの砲弾を放ってくるため油断は禁物。

特に、密集地帯では運が悪いと、巻き添えの爆風で1ターンで150のダメージを受けることもある。
4.荒れ寺へ向かうと、新章の一通りのイベントは終了
カスケより、お礼として「天衣の太刀」「無縫の太刀」を貰える(センセー専用武器、二刀流で共鳴効果)
ここより先は、クリア後ダンジョンなどで各々の旅路を歩む事になります。
新章がスタート。
空飛ぶ 女風来剣の逆襲
新1章 またまた帰ってきた風来人

風来のシレン外伝2
女剣士アスカの新シリーズ

「空飛ぶ 女風来剣の逆襲」

この章が始まると共に、どこでもダンジョンのフロア数が30Fから99F(最大)にまで拡張します。
また、センセー・アスカでも攻略する事が可能になり、持ち込み上限数が30から20個まで減少します。
クリア後について、ちょっと簡易的なまとめを↓

1.風来通信を頼りに、オオツツキ村の鍛冶屋に向かう
イベントが発生(おにぎり、薬草を入手)、全体フィールドの「四つ目岩」にて武芸大会の受付を申し込む。

2.一回戦=カール(大ワシのイトコ)
鉄砲による固定ダメージに注意。
ちなみに、武芸大会では試合前に自動でセーブが行われないため、ノーマルでもやり直しが可能。

3.一度、会場から出るとイベントが発生
その後、フィールドに出ると「外道丸」と言う浮遊船が左手に現れるため、そこへ向かう。
船内では、2倍速移動の忍者×5と戦闘になるが、目潰し攻撃にさえ注意していれば、強化された装備品で安定。

4.二回戦=そぼろ
会場に戻ると、ようやく次の試合の準備が整う。
分身の術に関しては、本体を倒せばその他も一緒に消滅する。

5.準決勝=マムルZZ
モチーフは恐らくガンダム。
ダジャレには眠り効果があるため、腕輪などが欲しい所。
ちなみに、ナノ粒子砲(ハイメガキャノン?)は固定ダメージのため、睡眠状態からハメ殺されないように。

6.会場から出ると、またもやイベントが発生
その後、指示通りに「荒れ寺」へと向かうと、次の試合の準備が整うため会場へとUターン。

7.決勝戦=ふくめん先生
センセーと、うり二つの人物。
二刀流による攻撃力は低いが、奥義による固定ダメージが馬鹿にならないため、回復手段は多めに準備。

8.キュラス、黒雷千女、魔蝕虫と3匹同時に連戦
旧作のボスモンスターのオンパレード。
黒雷仙女については永遠に「運命のサイコロ」を振っているため無視、まずは左手に移動し魔蝕虫より排除。
鬼の手による攻撃力は大した事はないが、キュラスと魔蝕虫の攻撃力が高いため、地道に攻撃しつつ回復で凌ぐ。

残りが黒雷仙女だけになった場合は、ワープ先を追い駆けつつもこれを排除。
直線上にビームを放つが、周囲の鬼の手ごと一掃してくるため、同士討ちに期待すると吉かも。

※ここまでが新1~5章、続きはこちら=新章攻略チャート2(サヌキノ森)
      ,.‐''" ̄`丶、
    /        \
 /´           \          レベル継続性なんかじゃなくていい……!
 /    |\_>、_ 、r‐、    \
  レ! ||_| |/_ ヽ\}      \
  |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \       モンスターの属性システムもいらない……!
    / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
     |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝ
    ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \    Lv1からスタート……! 残してくれよ…
      \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
      |u  |  /|(l(l「|  | |   |
       | u| / | ヾ-イ .||  l、           シレンのごく普通のシステム…死んだら最初からを……!
       _|   |/| |  \_|_|,. く. \
      ハ.___ハ     >、 \ \  \

■プレイ感想
最初は八頭身のキャラクターや、挙動の遅さに違和感を覚えますが、従来の2Dグラフィックをそのまま3Dに昇華したような感じです。
また、書き込まれた量が増えたためか、民家に入る時のロードや記録に約2~3秒と快適さには欠ける印象でした。

ダンジョンについては、一部を除きレベル継続性のため、今までのコアユーザーはシステムの食い違いには注意。
本編(ストーリー)に用意されているダンジョン数は全部で「26個」と非常に多いのですが、10Fを越える階層は片手で数えるほど(ほとんどが5~8Fと浅い作り)

そのため、2ちゃんねる(大型掲示板)の本スレでも論議されていますが、丁度「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」と同じ様な感覚だそうです(いわゆる、個々の階層が浅いぶつ切りダンジョンが多い)

■音楽・シナリオ
今までどおり「和」をテーマにした感じ。
初代のオープニングBGMが要所のイベントに使用されていたりと、結構グッと来る部分も少なからずありました。
ただ、モンスターハウスについては、アレンジではなく全くの別物と化しているため、お馴染みのBGMを期待していた人は落胆する気配も。

シナリオに関しては、シレンの「過去」について大きく語られますが、正確には「ご先祖様」の千年前のお話が中心。
中盤辺りでピークに差し掛かり、その後センセーが話を付け足していく感じのため、エンディングまでは盛り上がりに欠けた印象です。
とは言え、あくまでシレンシリーズのストーリーは伏線であって、肝はダンジョン巡りにありそうな気もしますが(ノ∀`)

■システム(変更点など)
最初の記事に書き忘れましたが、全ての操作はWiiリモコン、もしくはクラシックコントローラのみ。
※GCコントローラは使用不可能

持ち物の上限数が30に拡大されたり、転ばぬ先の杖が回数制になったりと旧作のファンには若干戸惑う部分も。
特に、モンスターの属性システムは抽象的で、ケンゴウが金縛り効果を備えたり、オヤジ戦車が透明化したりとアンチに叩かれる要素が追加されました。
今作では、後方にいる仲間が弾かれた武器などをキャッチ出来なくなったため、武器ロストの危険性が高まっている事も賛否両論となっています。

ちなみに、相変わらずゲイズ系などは特技を多用するため、尚更ウザい事この上ないです┐(´∀`)┌

あと、個人的にですが「倉庫」の使い勝手が非常に悪化している印象。
→矢を預けても蔵内でまとめてくれない(一々出す必要あり)
→剣や盾は、項目の一番上が何故か「装備する」(間違えて装備すること多数あり)
→保存の壺などもしかり、一番上の項目が中身を「のぞく」( ゚д゚ )
→使用人の会話のテンポが妙に悪い(からくり茶屋などはメッセージのワンテンポが邪魔)
→選択肢の「いいえ」が、何故かBボタンでキャンセルできない

・・何と言うか、自分で項目を選択する要素が多いです(今までは連打に近いスピードで迅速に利用できたが)
また、ダンジョンでは物を拾う「動作」などをカット出来ない仕様でしたら、色々な部分で余計にストレスが溜まったかも。
保存の壺にまとめ入れした際も、今まで無かった1個ずつの道具の出し入れの確認も相当邪魔に感じます。

■総合レビュー
ひとまとめに言うと3Dになった事により、今まで(2D)の快適さが失われた感想です。
※ダンジョンRPGの「RPG」の部分が強く?

シナリオの進行により、徐々に拾えるアイテムのグレードが上がっていく仕様(こんぼう>カタナ・・)のため、まさしくドラクエのような新たな武器を新調していくRPGと化している感が。
特に、シレンの醍醐味の一つと言えば序盤で運よく強力な武器を入手する事だったりしますが、今作では中盤以降に差し掛からないと目にすることも出来ないのは何とも。

また、どのダンジョンも階層が非常に浅い作りのため、そのフロアの攻略よりも最下層のボス戦がメインとなっています。
あくまで今までのシリーズはボス戦がメインではなかった事だけは確かですが、今作から始めるライトユーザーさんが勘違いしないか非常に心配(;^ω^)

とりあえず、今作はPS2・GBAの「トルネコの大冒険3」をベースにしているの?と思えるほどの出来のため、従来の「シレン」を望む場合は、年末に発売される風来のシレンDS2 砂漠の魔城(GB2のリメイク)を待ち望んだ方が無難かも知れません。
まぁ、このWii版が何でもその「DS2」と連動する機能を備えているみたいなんですが(詳しくは公式サイトにて)

補足事項として、これから始めるプレイヤーさんは最初の難易度はイージーを推奨(武器ロストの危険性が増えたため)
さもないと、途中で難易度の変更が不可能のため、自分のように後々後悔する羽目に。・゚・(ノ∀`)・゚・。

初代からのシレンファンですが、スタッフの総入れ替えを行ったの?と思えるほどの完成度(悪い意味で)
新規ユーザーを獲得するのは良いのですが、コアユーザーを切り捨てるのも何だかなぁ・・。

※補足事項(仲間について)
唯一、マシになったかな?と思えるシステム。

1.目に見えているワナは自らの判断で回避する
2.体力が減ったり、プレイヤーのHPが少なくなると回復行動を行う
3.矢や岩などの投擲道具があれば積極的に利用する(と言うよりもその場面であれば100パーセント?)
4.但し、プレイヤーが装備している「矢」などは使用しない(ストック分のみ)
5.敵との間に味方がいると間接攻撃は行わない(中々賢い)

ちなみに、設定でこれらの項目は細かく調整可能です。
黄泉御殿
黄泉神殿(最大8F)

本編のラストダンジョン。
最後のシナリオだけあり、救助要請が不可能な事には注意。
推奨レベルは50~55辺り。

浅い階層ではビッグボンボン以外での危険性は無いが、下層の4~5Fより登場するハイパーゲイズと鈴なり少年には注意。

特に後者については、倒した部屋がモンスターハウス化してしまうため、固め飛ばしの杖などで隔離しておきたい所。
ちなみに、通路で倒しても「ワープ→モンスターハウス」と言う流れ。
但し、クイの盾であればその「ワープ」を御製することが可能なため、印数に余裕があれば「止」の印が欲しい所。

ラスボスの黄泉津大神イザナミについては、盾を構えている方向(左手)を攻撃するとカウンターが飛んでくるため注意。
また、二刀流の際は2撃目にカウンターを合わせてくるため、シレンとセンセーは片手持ち推奨。

イベントのあと、第二形態(完全体イザナミ)と対峙する事になるが、全体攻撃の「天罰」には用心すること。
効果はあらゆる状態異常を重ねがけしてくるため、腕輪(混乱・睡眠よけ)もしくは与薬の巻物を用意しておく必要あり。

とりあえず、ここまでで本編のストーリーは終了。
以下、クリアデータ↓

ちょっとしたネタバレ画像を含むため、まだクリアしていない方は閲覧注意!
27章はシナリオの核となるムービーのみで終了します。
ちなみに、「かぐや御陵 寝台」でイベントを進行させてしまうと、暫くの間は引き返す事が不可能となるため注意。

第28章 黄泉への誘い 転び風のやむ時
黄泉比良坂
黄泉比良坂(最大12F)

黄泉の世界のダンジョン。
シナリオの都合上、シレン1人での攻略となりますが、画像の通りこの旅のみ無敵状態となるため、難易度は低め。

ただ、もちろん満腹度は徐々に減少していくため、腹減りだけには注意(特に、経験値稼ぎする場合は)

諸事情によりシレンが「三度笠」を外した状態となっているのですが、この姿も中々華があります。
最下層のボス(赤鬼、青鬼)については、片方を倒すのみで強制的に戦闘が終了。
その後、出現する黒幕(魔神イカヅチカミ)が本番ですが、前回とは違い2回攻撃では無いため、特に注意すべき事もなし。

強いて挙げるなら、ボス戦の前に復帰する「アスカ」の装備品が外れた状態となっているため、付け直しを忘れずに。
ちなみに、この章をクリアする事により「どこでもダンジョン」の最大フロア数が20Fから30Fにまで拡張。

次は、いよいよ最終ダンジョンへ。
天守閣
天守閣(最大5F)

丁度、センセーの前にいるのはゴウジョウ戦車。
オヤジ戦車の進化系なんですが、今作ではオヤジ戦車>ガンコ戦車>ゴウジョウ戦車>イッテツ戦車とレベルアップの順序が変更された模様(アスカ見参から?)

DS版では、最高レベルに「ヘンクツ戦車」が配置されていた気がしますが、色々とシステムの練り直しが伺えてきます。

爆炎の腕輪、地雷ナバリの盾などが欲しい所。
ちなみに、ゴウジョウ戦車は倍速移動ですが2回攻撃では無いため、イッテツ戦車にレベルアップされないように注意。
最下層のボス(イカヅチカミ)については、2回攻撃と手数は多いが、センセー以外は強化された盾があれば余裕に近い。

そのため、該当するキャラのHPにさえ気を払っていれば半ば安定。

第26章 咲く花 散る花 戻れないふたり
かぐや御陵
かぐや御陵(最大4F)

サクラが散るダンジョン。
画像はギタンマムル(とガマゴン)

このモンスターは倒すと必ず2000ギタン落とす模様で、今作でのお金稼ぎとして重宝されているみたいですね。

ただ、このダンジョン自体はクリア後に救助以外で進入する事が不可能になるため、ストーリーを進めてしまうと戻ってこれなくなるみたいですが。
ちなみに、階層自体は浅めの作りですが「そっくりダケ」のキグニ化(狂戦士状態)には注意。
特に、操作キャラ(シレン)が盾を装備できないセンセーを標的にしてしまうと、完全にアウト(風来救助隊は利用可能)

対策としては、面倒ですが全員操作、もしくは各自の装備品に自信があれば「作戦」で別行動を促す必要あり。
最下層のボス(アスカ)については、4Fの階段を降りる前に事前にアスカの装備品を外しておくと、弱体化するっぽいです。

ちなみに、こちらの手持ちアイテムを遠慮なく共用で使用してくる事には注意(矢・背中の壺など)
但し、保存の壺に収納された道具は使用しないようで、危険なアイテムはあらかじめしまっておく事を推奨。
銭蔵
銭蔵(最大5F)

財宝が眠るダンジョン(壁の中に宝物庫あり)
画像は、はぎガラス(特技は道具を1つ盗む)

レベル3以上の「ぬきガラス」系は通路でも特技を行ってくることには注意(盾を装備できないセンセーは盗みよけの腕輪が欲しい所)

ちなみに、盗まれたアイテムは「羽根」が落ちている場所に、杖の閃光弾を命中させないと回収できない模様。
このダンジョンでは4Fから、装備品弾きで武器ロストの危険性があるシハンが登場。
対策としては、操作キャラ以外の仲間には「その場で待機」の指示を煽り、フロアの攻略は基本1人で行うと吉。

イージーを選択している場合は多少の無茶は可能ですが、ノーマルの場合は慎重に行動しないと⊂(^ω^)⊃ アウト!!
ボス(魔狼太、ひょっとこゾンビ×5)については、成仏の鎌の「印」があればお供は一撃、本体は数ターンで撲殺可能。

第24章 竹取の翁の真実 月の彼方から囁く声
空中舞台
空中舞台(最大11F)

DS・SFCのムゲン幽谷を豊富とさせるダンジョン。
画像が暗めですが、赤色のモンスターはお馴染み死神。

属性システムにより、痛恨の一撃を放ってくるため、壁抜け+倍速2回攻撃と至れり尽くせりなモンスター。

補足事項として、このダンジョンには壁が無いため「合成の壺」などは割れず、また「ケンゴウ」などの装備弾きモンスターは出現しないため比較的安心。
最下層のボス(徐福、青銅の埴輪×4)については、周囲のハニワを4体掃除するのみで強制的に戦闘が終了。
そのため、本体には近づかず、無視するなどして周りのお供を優先的に排除する必要アリ。
ちょっと諸事情で一気に記事を放出します。
詳細なレビューに関しては、ストーリーをクリア後に改めてまとめる予定です。
からくり姫
拝殿部(最大4F)

最下層の「祈祷の間」では、いつものボス戦。
周囲のクモについては無限湧きするため、適当に相手をするかもしくは放置し、本体(からくり姫)を優先的に攻撃。

ちなみに、ダンジョン自体は4階までと非常に浅い作り。
特に注意すべきモンスターもいないため、難易度は低め。

補足事項として、この章をクリアする事によりどこでもダンジョンのフロア数が最大20Fまで拡張します。
第22章 ワナ! 世界と異界との狭間にあるもの

いよいよ、からくり御殿に突入。
本丸
本丸(最大9F)

何と言うモンスターハウス・・。
部屋の中央付近で急に出現したんですが。

確か、GB版の「月影村の怪物」でもこの様なスタイルだった気がしますが、あかりの巻物や透視の腕輪などでモンスターハウスがばれないようにしているのか。

とは言え、従来の入り口で判明するパターンも存在しますが。
ちなみに、モンハウでよく利用する目薬草などについては、使用した仲間にしか効果が働かない事には注意。
NPCは見えているワナは回避するのですが、プレイヤーだけが見えているワナについては素で踏んでしまう模様。

ボスの「からくり部屋」については、常に床が移動しているため仲間と分断されやすいため注意。
また、本体については前後についている「目」を正面から攻撃しないとダメージが通らない(固定1ダメージ)

補足事項として敵のHPは10ほどと少な目、矢などの投擲攻撃では「正面」などの向きは関係なくダメージが通ります。
この章より、ようやくセンセーが復帰します。
ちなみに、19章は千年前の過去の回想シーンのみで終了。
持ち物1
■現在の持ち物(装備品データ)

1.シレン
牙の剣+24 仏・ド・金・縛
獣王の盾+19 腹・盗・止・金

共鳴効果あり(剣と盾の強さ+3)

2.アスカ
白鋼の剣+15 ド・金・縛・後
青銅甲の盾+18 盗・止・バ・金
持ち物2
3.センセー
牙の剣+8 目・仏・爆・金
白鋼の剣+2 解・ド・遅・金

・・センセーの装備品は明らかに間に合わせです(ノ∀`)
急に帰ってこられても、3人分の武器はすぐには用意できないと言う現状。

ちなみに、復活の草2個持ちはデフォ。
保存の壺には簡易的な名前を付けておくと、中々便利です。
縁日の境内
第20章 遠ざかる時の残響 神迎えの祭りの宵に

縁日の境内(最大7F)

初の3人でのダンジョン潜り。
同行する仲間が多いと通路ではぐれる事が多いのですが、シレン3では全員操作できることもあり、その心配は皆無。

画像の黒豚は、おなじみデブートン。
周囲10マスまでに誘導する岩投げを行うのですが、特に盾を装備する事のできないセンセー辺りは注意。
どの仲間を狙うかはお豚様の気まぐれみたいですが、運が悪いとセンセーに集中砲火なんて事も、ゴクリ・・。

最下層のボス(コダマ&コトダマ)については、合体と分離を繰り返すが、どの状態でも倒すことは可能。
一見、二人が寄り添うように合体を狙ってくるが、分離中に倒さなければイケないと言う訳ではない模様です。
竜が池
竜が池(最大6F)

画像は「大岩」と言う列記としたモンスター。
雪で少し見づらいですが、うごくせきぞう的なポジション。

注意点としては、こやつは死ぬ間際に最後の一撃(固定300ダメージ)を放ってくるため、基本的には放置推奨。
命中率こそ低確率なんですが、矢などの投擲武器が通用しないため、相手にはしないのが至って堅実。

ちなみに、この大岩は縦横から押すことが可能。
補足事項として、4階からはイアイが登場します。

しかし、初期設定でノーマル(難易度)を選択しても特に恩恵が無いのが何とも(2ch情報)
今作ではゲイズの催眠に装備品を投げると言う項目が追加されたため、武器ロストの危険性が高まっています。
そのため、これから始めるというプレイヤーさんは、最初の設定ではやり直しの効く「イージー」を選んでおくのが無難かも。

最下層のボス(センセー)については、固定70~80ダメージの「攻めの奥義」には注意。
また、矢などの投擲武器は通用するみたいですが、異様に回避率が高いため回復手段は多めに準備。

本スレのシナリオの評判は宜しくないみたいですが、シレンの父とセンセーの因縁の過去には不覚にも感動(´;ω;`)ブワッ

第18章 からくり屋敷は嘲う! 十狼太の秘密
からくり櫓
からくり櫓(最大24F)

初の20階以上という長丁場のダンジョン。

画像は新モンスターのライトボンボン。
丁度、爆弾ウニや爆弾岩などと同じく、瀕死になると周囲8マスに自爆攻撃を行ってきます(大型地雷と同様の効果)

どうやら、矢などの投擲武器で止めを刺すと100%に近い確率で爆発する模様で、近接攻撃ではたまに爆発するぐらい。
最下層のボス(十狼太)については素手での殴りあいになるため、強化された装備品があれば半ば安定。
ちなみに、吹き飛ばし攻撃については「クイの盾」などの効果で防ぐ事が可能(油壺のツルツル床もしかり)

このダンジョンにはタイガーウホホが出現しますが、同様に投げ飛ばし効果をクイの盾で防ぐ事が出来るため重宝します。
水の山
水の山(最大11F)

画像はお馴染み、いやすぎガッパ。
特技は地面に落ちている道具を投げつける事なんですが、今作より投擲アイテムを跳ね返してくるようになった模様。

つまり、カッパが道具の上で立ち往生している時に「矢」などを打つと、キャッチして投げ返してくるというw
そのため、地面のアイテムをロストしたくない場合は、遠距離から「杖」か「巻物」を利用するしかなさそうな気配(ノ∀`)

まぁ、場所替えの杖などがあれば良いのですが。
最下層のボス(外法海月、分裂クラゲ×4)については、サビ避け対策は必須。
あらゆる攻撃がサビ効果を持つため、メッキの巻物などで「金」の印を付けていない場合は、恐らく装備品がご臨終です。

第16章 冥き谷底にて力尽きて朽ちよ 風来人
死者の谷
死者の谷(最大9F)

画像は新モンスターのケタケタ提灯。
特技は同エリアを「あかりの巻物」状態にする事なんですが、たまに未確認の部屋がマップに表示されるのはこやつの仕業。

シレン3より登場した「お札」についてなんですが、矢などのように最大10枚までストックでき、草や杖などと差別化できている感想です。
また、対象の周囲8マスにも攻撃判定が応じるため、特に密集地帯で効果を発揮(更に、味方は巻き込まない親切設計)
但し、「痛み分けの札」などの効果対象は1匹だったりと、例外もある模様。
また、恐らくですが「火炎入道」みたいなタイプの炎モンスターには、このお札が通用しない気も?
対象ではなく、周囲8マスの効果範囲内にいれば巻き添えにはできそうな気配もしますが。

最下層のボス(からくりローズ)については、固定ダメージの攻撃が主体のため、強化した盾はあまり役に立たないかも。
また、本体に仲間を「捕食」されると数ターンの間は取り残されたキャラがリンチを受けるため、回復手段は多めに用意。

ちなみに、この捕食中にボスを撃破してしまうと仲間も一緒に道連れ扱いとなってしまう事には注意。
そのため、復活の草がない場合は不条理なゲームオーバーを導いてしまうため、このことは肝に銘じておく必要あり。
リュイーグ
火の森(最大8F)

画像は新モンスターのリュイーグ。
特技は直線上に貫通する炎を吐き、また雷属性のため金縛り効果も併せ持つ。

どこでもダンジョンにて「マゼルン」を利用した合成を行ったため、少しだけ装備品が強化。

剣=倭刀+10(印:金、仏、ド、縛)
盾=ばん族の盾+15(印:金、腹、盗)
アスカ自身も、確かこれと似たような装備品をワンセット作成済み。

ちなみに、合成の際には他人の専用装備などの「印」も重ねる事が出来るみたいでした。
つまり、センセー専用武器の効果を、カタナなどの汎用武器に付与することが可能と言う事に。

また、杖の合成上限値(使用回数)はクリアするまでは「9」までだとか(クリア後に「99」まで増やす事が可能)
壺店主
☆お店☆

ネタ画像なんですが、壺店主とは一体(浮遊タイプ?)
風来のシレン3では店主がレベルアップした場合は「店主2」と表示されていた気がしますが、別の系統なのだろうか・・。

そういえば、今作ではオヤジ戦車などの大砲を受けると、壺に入れていない「おにぎり系」のアイテムが全て焼きおにぎりなるという要素が、ゴクリ・・。

これは腐ったおにぎりも例外ではないようで、地雷などのワナによっても作用するらしいです。
まぁ、元はDCなどのアスカ見参から導入されたシステムみたいですが。

竜脈。
竜脈
火の森より登場する新システムの竜脈

画像に少し補足事項を加えてきましたが、竜脈の存在するフロアには右上に「目印」のマークが。
また、ダンジョンにより竜脈の属性(色)が変化する模様で、画像の場合は赤色より「熱」属性となります。

この地点にアイテムなどを供えると、対象の属性が付与されたり、剣や盾の強化上限値が底上げされたりします。
ただ、常に竜脈は移動しているため、結界の巻物で移動を封じないと上手く利用できませんが(ノ∀`)
主な利用手順は、

1.まずは、強化したい道具などを供える
2.その後、部屋で「結界の巻物」を使用(竜脈の周囲に壁などが隣接していると駄目)
3.モンスターなどが「結界」に進入するとアウトのため、一定ターンが経過するまではひたすら防衛

経過したターン数が多いほど修正値が上乗せされるそうですが、粘りすぎてクロンの風に吹き飛ばされないように。
ちなみに、ご利益があるとメッセージウィンドウで表示されるため、一定ターン経過したかの確認は行いやすいです。

初モンスターハウス。
モンスターハウス
シレンユーザーにはお馴染みの光景。

今作より、遭遇してもマップに全敵の位置が表示されなくなったみたいですね(いわゆる「あかりの巻物」状態にならない)

画像では、全モンスターが睡眠状態ですが、これは「忍の腕輪」の効果のため。
ちなみに、仲間は眠り状態や金縛り状態の敵には攻撃を加えないようなので、中々賢く感じます(^ω^)

ただ、睡眠草で眠らせた場合は例外ですが。
そういえば、モンハウのBGMが少し変化。
音楽が微妙にアレンジされたのか、曲調がすごくポップ調に感じます(個人的には、前のBGMの方が好きだったかな?)

最下層のボス(からくり火車)については、混乱よけの腕輪もしくは「いやし草」などの状態異常を回復する道具が欲しい所。
とは言え、事前に装備品の強化を行っていれば回復薬を少し消費するだけで、比較的楽に倒せそうな予感です。
まぁ、記事タイトルの「12章」は1000年前のご先祖さまのお話だけで終わりますけどね(´・ω:;.:...
壺中夢幻
第13章 壺中転生 ツボとともに去りぬ

壺中夢幻(最下層3F)

場所はホウライ王国のイワクラ。
センセーを助けるために攻略する事になるのですが、毎フロアごとに落ちている壺の破片を全て回収しないと先には進めない模様(全3個)

ちなみに、ダンジョンに入る前にアスカともはぐれますが、2階ですぐに合流できるみたい。
ツボキング
VSツボキング

壺の破片を全て集めると最下層で対峙する事に。
Wiki曰く、討伐ターン数が少なすぎるとリトライとなるそうですので、召喚されたモンスターを排除しながらもネチネチと相手するのが良いかも。

ちなみに、このゲームでは味方が力尽きてもゲームオーバーとなるため、体力の危うい仲間に無理は禁物。

ツボ繋がりのネタですが、今作より壺の中身の簡易整頓が可能に、ゴクリ・・。
現在のステータス(第14章)
第14章 ホウライ王国 地の底で惑うものども

現在のステータス画面。
シレンとアスカは共にレベル28。

ちなみに、13章を無事にクリアする事ができると「どこでもダンジョン」の階層が最大10→15Fまでアップ。

特に、13~15階には合成モンスターのマゼルンが登場するため、倉庫に合成素材が余っている場合はこの機会に武器防具を強化しておくと吉かも。
また、過去の世界で鍛冶屋の先祖からサブイベントをこなしていると、オオツツキ村の鍛冶屋が利用できるように。
正確には、イベントを達成した後に1回ダンジョンに潜らないと、営業を再開しないみたいですが。

とりあえず、この辺りでようやくある程度の環境が整う事になります。
まぁ、刀の強化に1500ギタン、印の除去に5000ギタンとすごい値上がりしていますが(ノ∀`)

持ち物をお店に売っても買取値段が10分の1では、やや鍛冶屋の利便性が失われた感じもします。
ちなみに、現在の銀行(貯金額)は1万ギタンほど、今作では本当にお金が貯まりにくくなった感想です(ヽ´ω`)
無事、現代に戻ってきました。
外郭
外郭(最下層10F)

いよいよ、からくり屋敷に突入。

画像は新モンスターのジャンポコン。
特技は、たまにプレイヤーの頭上を乗り越える(ドラゴンヘッド系と同様の効果)

このダンジョンには「ケンゴウ」「ゲイズ」と言った厨モンスターのオンパレードですが、特にケンゴウの雷属性(かなしばり効果)が非常にウザい・・。
うーん、この属性システムは風来のシレンDS2 砂漠の魔城にも採用されていたら発狂しそうかもね。

ちなみにボスモンスターの戦鬼×6については、いかずちの巻物×3~4枚で一掃が可能。
とは言え、あらかじめ準備しておく必要があるため、結局は「回復薬」を駆使して力押しになりそうですが(ノ∀`)

第10章 内郭 突入! 正義の味方は遅れて来る
光陣丸参号
光陣丸参号(最下層3F)

空飛ぶ船の中。
画像は、アンペリウム(特技は周囲8マス攻撃)

ちなみに、風来のシレン3より敵モンスターは近接距離でプレイヤーを把握しなくなった模様。
つまり、今までは通路などで周囲2~3マスぐらいまで近づくと、こちらの位置を把握していました。

まぁ、兵隊アリなどがこちら目掛けて掘り進んでくる事が無くなったと言う事かな?
内郭
第11章 からくり屋敷の怪 その弐・伍

内郭(最下層10F)

からくり屋敷の内部。
画像は厄介なリップルバード。

特技のウィングガードで近接攻撃を半減するだけでなく、回避率が妙に高いのがネック。
トルネコ3のモシャスナイト程ではないと思いますが、結構イライラさせてくれる相手です(;^ω^)
そういえば、最近クラコンの右スティックで「視点移動」が可能な事に気づきました・・。
3Dマップで頭上の道具が見えない場合などは、この機能で微妙にズラしてみると吉です。

内郭 屋上。
内郭 屋上
ここではセンセー、十狼太、ひょっとこ党員×4人が出現。
恐らく、シナリオ中の最初の難関であり、自分が初死した場所でもあると言うことは内緒(/ω\)

1.3つのマス目に敵味方を同時に配置するとクリア
2.センセー、十狼太は無敵のためスルー

ポイントとしては、開幕にシレンが右に、アスカが左に移動して敵を二手に分断させることが肝。
その後、アスカが攻撃を耐えながらもシレンが「ひょっとこ党員」を気絶させ、右のマス目に押し込んだ後、中央にシレンが移動(丁度、画像の様な感じ)
あくまで一つの例なんですが、気絶した「ひょっとこ堂員」は斜めからは押せないことには注意(縦・横のみ)
とりあえず、レベルは最低でも25前後、盾の強さは10以上は欲しい所です(念のために復活草、いやし草なども)

ちなみに、ここで力尽きてしまうと風来救助隊を利用できないため、ノーマルでプレイしている貴方は注意 m9っ`Д´)
どこでもダンジョン
7章の始まりに表示されるメッセージ。

どこでもダンジョンとは、レベル1から始まる携帯ダンジョンの様なもので、主な目的は道具集めや腕試しなど。

とりあえず、最大フロア数が5Fから10Fにまで拡張。
アイテムの持ち込みは可能だが、仲間は同行不可能。

また、シナリオを進める事に徐々に成長(最大フロア数が増加)していく仕組み。
しかし、ブログの記事スピードがまだ本編の半分まで行っていないとは・・、まずいです。

1000年前の世界。
ヲチミヅ峠
ヲチミヅ峠(最下層5F)

訳ありで過去編に突入。
いきなり丸裸で見知らぬダンジョンに投げ出されるとは・・。

画像はお馴染み、豆山賊。
過去の世界のため、シレンが少し古臭い衣装に。

ちなみに、レベル1からスタート。
やはり初期状態で始まるダンジョンの方が、しっくり来る感じがします。
双破の大刀
シレン専用武器。
双破の大刀+1 基本値(強さ)12 強化+60 印数6

両手持ちのため、盾の装備は不可能。
前後に攻撃判定が出るとのことですが、実用性は不明。

モンスターに囲まれるといった状況は基本的に避けたいため、合成用の「印」に成り下がるのか・・。

そういえば、今作より復活草の効能が変化しているような。
※1ターンの間なら何度力尽きても消費数は1つ(同ターン内に仲間が死亡しても同様)
そして、ようやく1000千年前のオオツツキ村に到達。

第8章 嗚呼ご先祖さま 悪党どもは眠らすな
サヌキノ竹林
サヌキノ竹林(最下層6F)

ストーリー上、過去でシレンが重要な人物だったとかで、とりあえず「神社」に巣食う悪党退治に。

画像はチンタラ。
しかし、このモンスターも土属性でエーテルデビル(透明)化しているとは・・。

ちなみに、この時代で入手したアイテムなどは現代に戻るときに全て失うそうです(´・ω:;.:...
ので、さっさとクリアするのが吉かも。
ケンゴウ
大天狗の城(最大7F)

ホウライ四天王最後のダンジョン。
画像は、お馴染みケンゴウ。

装備品を弾き飛ばす事で有名なモンスターですが、風来のシレン3からは後方にいる仲間に装備品が直撃するようになったんですね(´・ω:;.:...

64版では後方に「アスカ」を配置しているとキャッチしてくれたのですが、何故この様なシビアなシステムに仕様変更されたのか。
やり直しの効かないノーマル難易度を選択した自分としては正直つらいかも。
また、本編は基本パーティプレイのため、尚更と言った所。

大天狗の城 中腹辺り。
緊縛の矛
アスカ専用装備。
緊縛の矛+1 基本値(強さ)8 強化+40 印数6

両手持ちの武器。
盾が装備できない分、剣の強さと印数に優遇具合が感じられます。

シレン64にも2マス先を攻撃できる「槍」などがありましたが、ほとんど実用性は無かった記憶。
果たして、今作ではネタ武器から昇華できているのか・・。
大天狗の城
特殊床

今作からの新要素。
画像の場合は、青色が「杖封印」、茶色が「巻物封印」

想像できる通り、該当するマスの上では上記の行動が行えない仕組み。
たまに部屋全体がこれらの特殊床で埋め尽くされている場合もあるため、困ったもの。

ただ、ガイコツまどうなども「杖」が封印される効果等を例外なく受けるため、どう利用できるかが鍵となりそうですが。
ちなみに、ボスモンスターの「大天狗」については、妙に体力が多いため回復薬・回復の杖の複数積みは必須。
たまに、特技で「盾」を弾いてきますが、落ちた道具については回収し損ねてもクリア後に手元に戻ってくる模様。

まぁ、どうでもよい小ネタですね(ノ∀`)
アスカ見参
ようやくアスカが仲間に。

ホウライ四天王2人目(大ワシ)を倒した辺り。
少し訳ありで、シレンとセンセーがいないため、一人旅です。

画像はチョットしたネタバレ。
今作から語尾が「ござる」ではなくなったアスカですが、なるほどこういう理由で・・。

ちなみに、レベルなどはシレン達から引き継いでいるため、前記事でガマドーンを倒した甲斐がありました m9(^Д^)
ガイコツまどう
大ナマズの巣(最大7F)

画像は、初代から登場しているガイコツまどう。
相変わらず旧モンスターのデフォルメが初見では区別できなくなっていますが、いつの間にやらガイコツまどう系が浮遊タイプに(;^ω^)

ちなみに、このアンデット系にダメージを与える事ができる回復アイテム(薬草・弟切草etc)が未だに見つからなかったり。
恐らく、レベル継続性のため、トルネコ3のようにレア化している感が?
その代用として「回復薬」は多く存在するのですが、HPが最大の時に使用しても上限値は変化しない模様・・。
うーむ、レベル1からスタートするダンジョンで、普通に落ちていれば何ら問題は無いのですが。

大ナマズの巣 中腹辺り。
大ナマズの巣
☆マムル☆

訳ありでモンスター化されているシレンを救出。
すごいアスカがピンチになっていますが、やはり1人だと敵から受ける攻撃回数が断然違うというか┐(´∀`)┌

とりあえず、このまま二人旅で「大ナマズ」を討伐。
フェミニストを謳っているだけあり、序盤は通常攻撃オンリー>終盤「地震」による全体攻撃と、典型的なボスモンスター。

レベルのせいもありますが、ホウライ四天王の中では弱めの部類だった感想。
※猛禽(もうきん)
ケロぼうず
大ワシの砦(最大7F)を攻略中。
画像は64版からお馴染みの「ケロぼうず」

・・何ですが、こやつが少し問題になっているようで。
2ちゃんねるの本スレでも騒がれていますが、今作よりモンスターの色ごとに属性と言う新規要素が追加。

例を挙げると、このケロぼうずの場合は「茶色」の容姿から土属性(=たまに姿を隠す)
つまり、サビ効果+エーテルデビルの様なモンスターと化しているのが何とも・・。
これはまだマシな方で、旧モンスターの中には痛恨属性を持つ「死神」や金縛り効果を持つ「マゼルン」が居るらしいとか。
アンチから叩かれるのも無理は無いかもね(;^ω^).。oO(やべーよ…)

大ワシの砦 中腹辺り。
ガマドーン
ガマドーン狩り。

この辺りのフロアには鬼面武者が出現するため、今後の事も兼ねて少しレベル上げ。
レベル4にもなると、拾ったお金で「ギタン投げ」してくるとは。

ちなみに経験値は1000EXP

そういえば、風来のシレン3は基本パーティプレイのため、持ち物の上限数が20→30となっているんですが、本編クリア後もこの設定のまま引き継ぐのだろうか。
混乱の太刀
☆初店☆

お馴染み店長の露店。

今作では、この店の主人は通路の入り口を防がないようで、会計を済まさずに店外に出ようとすると、店長がワープで追いかけてくる仕様(丁度、トルネコ3みたいな感じ)

つまり、お店が安全エリアでは無くなったのはダンジョンマニアとしては賛否が分かれるところ。

画像は、混乱の太刀(センセー専用武器)
ちなみに、今作よりお店にアイテムを売るときの売値が10分の1に変更された模様(今までは半額程度で買い取り)
また、「杖」や「壺」などの値段がかなり下がった印象です(保存の壺は一律1600ギタンだったが、大体一つ500ギタンほどに)

ダンジョン最上部。
大ワシのジョニー
大ワシのジョニー。
名前がちゃんと存在してワロタw

画像は、少し訳ありの会話シーン。
選択肢を粘ってみましたが、どうあがいてもストーリーは進行する模様。

ボス戦については、遠距離から敵の「鉄砲」を喰らうのを覚悟で、飛び道具の「矢」などで撃ち合うのが堅実。
ちなみに、近接すると硬化液(行動封印、移動は可能)で動きを封じられるため、あまり得策ではないのだけは確か。
共鳴
大ムカデの巣穴(最大7F)
最初のホウライ玉を入手するために攻略中。

画像は装備の共鳴シーン。
このシステムは確かGB2から導入された気がしますが、ある武器の組み合わせで相乗効果が生まれると言うもの。
図の場合は、青銅の太刀と盾を同時に装備する事により、剣と盾の強さが+1されています。

ちなみに、風来のシレン3は基本パーティプレイなんですが、プレイヤーが操作していないキャラはお腹が減らないんですね。
つまり、シレンの満腹度が0%に差し掛かる前に「センセー」に操作を切り替えると、一時しのぎが可能と言う裏テクが・・。

大ムカデの巣穴 中腹辺り。
影縫いの太刀
センセーの専用武器。
影縫いの太刀+2 基本値(強さ)5 強化+25 印数3

今作から専用武器なるものが登場したんですが、従来通り「強化上限」や「印数」などのシステムも継承。
ちなみに、

シレン=二刀流・両手持ち・盾装備可能
センセー=二刀流(両手持ち・盾装備不可能)
アスカ=両手持ち・盾装備可能(二刀流不可能)

・・センセーの打たれ弱さは異常w
とりあえず、最初のホウライ四天王である「大ムカデ」は無事に討伐完了。
攻略メモとしては、ボスモンスターは「札」や「毒草」などの効果を無効化するため、「回復薬」で体力を維持しながらも近接攻撃で削っていくのが基本。

一応、いかずちの巻物などでダメージを与える事も可能だが、プレイヤーがシレン達を全員操作すれば1ターンに巻物を2回使用なども可能なため、特にボス戦ではこのモードを推奨。
何と言うか、今まで以上にパーティプレイの重要性が上がった気がします(今までのシリーズは、どちらかと言うとシレン一人で戦っていた感が)
からくり峠
inからくり峠

無事、荒れ寺に巣食うチンピラ共から酒場の娘を救助した訳ですが、当ブログの記事進行が遅いのは仕様です(恐らく、ここまでの過程は約1時間程度)

ちなみに、画像のモンスターはボウヤーとねずみ子分。
2Dからモンスターが新たに書き直されているため、初めて見た時はボウヤーとは気が付かなかった・・w

ねずみ子分がGB版から可愛らしくデフォルメされているのは中々。
以下、新モンスターに関するメモ。

コガタナバチ・・・攻撃後、1マス後退する
シュンライさま・・・プレイヤーの力を1下げる

そして、からくり峠(7F)を抜けた辺り。
ホウライ四天王
立ちはだかるホウライ四天王。

四天王の面子は、大天狗・大ナマズ・大ワシ・大ムカデ。
シレン達は財宝が眠ると言い伝えられているからくり屋敷を目指しているのですが、どうやら対峙する事に。

にしても、若干メッセージのコマ送りスピードが落ちた感想。
会話中にも八頭身のキャラクターが身振り手振りでよく動くようになったため、台詞(セリフ)のテンポが少しだけ悪くなったような気が?
まぁ、今までの会話スピードがA連打で早送り出来過ぎただけかも。
とりあえず、プレイ経過を記事にまとめていきます。

ダンジョンの攻略に関してはこちらを参照に
風来のシレン3 ~からくり屋敷の眠り姫~ 攻略まとめWiki

ちなみに、今作の主人公設定は21歳。
時代的には、GB2の「砂漠の魔城」から続くストーリーの模様。

画像は最初に立ち寄るオオツツキ村。
オオツツキ村
ゲーム開始時にイージーとノーマルの2種類の難易度を選択できるんですが、自分はノーマルを選択。
何でも、ノーマルだとダンジョンに入る前に自動的にセーブされるため、力尽きると従来通り持ち物が全てなくなるそうな。

逆に、イージーではこの「オートセーブ」が無いため、RPGのように力尽きてもリセットすればセーブした所から再開できるらしいです。

どちらを選択してもゲームバランス(モンスターの強さなど)は変化しないそうですが。
個人的には、ノーマルを選択した際には後々何らかの恩恵があれば嬉しいかな∩( ・ω・)∩

下記は初ダンジョンのサヌキノ森。
サヌキノ森
れ・・レベル継続性だと?

オオツツキ村の酒場の亭主に頼まれてダンジョンに潜り込む事になりましたが、どうやらシナリオ中は基本レベル継続性みたいです(´・ω:;.:...
うーむ、まさかレベル継続が強制させられるとは思っても見ませんでしたが、本編をクリアするまではしょうがないのか。

肝心のダンジョン内のプレイ感想は、八頭身のためか歩き速度がやや遅めな感じ。
また、マップが3D描写のため、最初は敵との遠近感が分かりにくいかも(特に斜め関連)
とは言え、ここら辺は「慣れ」でカバーできそうな予感です。
ちなみに、サヌキノ森の最大フロア数は3F。
風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫
正式ナンバリングタイトルである「風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫」を購入しました。
期待しているタイトルのため2chなどのフラゲ情報(ネタバレ)はスルーしているのですが、じっくり腰を据えてプレイできれば・・。

発売前情報によると結局はレベル継続性も採用されていると言うお話ですが、実際にゲームを始めてみないとココの所のシステムは全くの不明∩( ・ω・)∩

ユーザーが任意に選択できるようになっていれば良いのですが。
ちなみに、シレンシリーズのプレイ履歴は↓

■GB
月影村の怪物
砂漠の魔城(GB2)

■DS
SFCのリメイク

■SFC
第1作目(初代)

■N64
鬼襲来!シレン城!

つまり、DC/Windows版の「女剣士アスカ見参!」のみ未プレイ。
ちなみに、今冬に風来のシレンDS2 砂漠の魔城(GB2のリメイク作)がリリースされるとか何とか。

そういえば、アメブロにセガチュンプロジェクトの公式ブログが開設されていることを最近知りました(→金のしおり
以下、週刊ファミ通のクロレビ。
風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫

■レオナ海老原 9点
頭身の上がったキャラやシナリオ重視な部分に目がいきますが、プレイ感覚はまぎれもなく『シレン』です。
両手に武器を持てたり、結界によるアイテム強化などの新要素は、さらなる緊張感をもたらせてくれます。
イージーモードのおかげで、シリーズ未経験者も安心して遊べるのが◎。

■ででお 9点
前作を知らなくても楽しめる。
ボタンを押さないとグリッドが表示されないので、グラフィックが美麗になったぶん、マス目の境界が判別しにくくなった。
あと、Wiiリモコンではマイナスボタンが斜め移動固定のため、操作しづらい。
クラシックコントローラでの操作をオススメします。

■戦闘員まるこ 8点
武器やアイテム、ワナなどが多く用意され、強敵に立ち向かう手段が増えた。
キャラクターへの指示や切り替えを駆使しして、ピンチを乗り越えることも可能。
戦略の幅が広がった分、知識や細かな判断、指示出しなどがより重要に。
物語中盤以降は何かと気を使いながらプレイするかも。

■河田スガシ 9点
根底に流れる『不思議のダンジョン』スピリッツは健在で往年のファンは大安定。
それだけでなく、驚くほどの追加要素により、新機軸のRPGとしても楽しめる内容に進化。
ネットワークを介したサービスも充実。
幅広い層が楽しめる作品だ。
Wiiリモコンでの操作は少々しっくりこない。

9 + 9 + 8 + 9=35点(プラチナ殿堂入り)


リモコン操作に難ありの模様です。
恐らく、突撃!!ファミコンウォーズVSの最後の記事。

■協力
マップは全部で4つ。
そのため、協力プレイができるミッションが意外と少ない事にガックリ。

プレイヤーは二つの所属軍からどちらかを選び、ミッション開始と言う流れ。
協力相手については、「プレイ回数」と「Sランク」を取った回数が表示されるため、優秀な戦績の方が相方だとウハウハ。
ちなみに、ミッション中に挿入されているムービーは、お互いの了承があればスキップ可能。

自分はこれに期待していましたが、何を思ってか味方攻撃などを駆使するプレイヤーさんがおり残念(ダメージは無いが)
いわゆるミッション放棄なのかもですが、自軍のユニット数が減ると自分の意思で抜ける方がいるのも、少しアレな感じ。

補足事項として、片方の軍が全滅すると自動的に観戦モードとなる。

■攻防
マップは全部で6つ。
自軍を率いて施設を攻める側と、その施設を防衛する側に分かれて対戦。
攻防がはっきりと分かれているため、至ってシンプルなルール。

ちなみに、制限時間はジャスト5分(防衛側は5分間「旗」を守りきると勝利)
戦績については、「勝利数」と「敗戦数」が記録されていく。

個人的には、オートガンやMGネストが使える防衛側が若干有利かなと言った感想。
とは言え、両軍のユニットは無限湧きするため、多少強引に攻め込む事もできるのが、攻撃側の救済措置かも。

■合戦
マップは全部で6つ。
敵機を撃墜するごとに、そのユニットに応じたポイントが自軍にプラスされる仕組み(最終的なポイントが多いほうが勝利)
個人的にはこれが一番面白いかも?

やはり、攻防と同じで「待ち」有利(対艦砲などが備えられている自軍施設辺りをウロウロ)な感じ。
とは言え、お互いが同じ状況のため、ジリジリと基地を攻め込むか一気に仕掛けられるかが、「合戦」の醍醐味の予感。

制限時間は狭いマップで4分、広いマップで8分。
ちなみに、時間切れで同点の場合は延長戦となる(先に規定点数を獲得したプレイヤーの勝利)
■6.5(木)
バンダイナムコゲームス
 99のなみだ
テクモ
 DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 古都に舞う花三輪 京都殺人事件ファイル

■6.6(金)
スパイク
 難読漢字DS ~難読・四字熟語・故事ことわざ~

■6.12(木)
サクセス
 BREATH 吐息は茜色
マーベラスエンターテイメント
 魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧 推理つき グルメ&ミステリー
メガハウス
 オセロdeオセロDSWi-Fi
グローバル・A・エンタテインメント
 世界はあたしでまわってる
アイイーインスティテュート
 もっと TOEIC(R) TEST DSトレーニング
ディースリー・パブリッシャー
 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズDS Vol.2 CR新世紀エヴァンゲリオン ~使徒、再び~

■6.19(木)
アイディアファクトリー
 スペクトラルフォース ジェネシス(通常版)
 スペクトラルフォース ジェネシス(限定版)
スターフィッシュ・エスディ
 わたしのポニー
ケイブ
 お姫さまデビュー
フォーウィンズ
 日本珠算連盟監修 いつでもそろばんDS
学研
 学研 毎日のドリルDS めざせ!ミラクル!小学1年生
ドラス
 みんなで読書DS 源氏物語+ちょっとだけ文学
 みんなで読書DS 捕物帳 半七&右門&安吾&顎十郎&旗本退屈男

■6.26(木)
任天堂
 大合奏!バンドブラザーズDXWi-Fi
セガ
 BLEACH the 3rd Phantom
コーエー
 国盗り頭脳バトル 信長の野望Wi-Fi
エンターブレイン
 ダービースタリオンDSWi-Fi
サクセス
 箱庭生活 ひつじ村DS
ハドソン
 おでんくん~たのしいおでん村~
バンダイナムコゲームス
 ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし
日本一ソフトウェア
 魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月
 ジグソーワールド 大激闘! ジグバトル・ヒーローズ
デジトイズ
 The Tower DS
インターチャネル・ホロン
 DEMENTIUM-閉鎖病棟-
ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
 ディズニーフレンズWi-Fi
THQジャパン
 スポンジ・ボブとアトランティス、行きたいんデス
ディースリー・パブリッシャー
 SIMPLE DSシリーズ Vol.39 THE 消防隊
アルケミスト
 ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟(通常版)
 ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟(限定BOX)
アスキー・メディアワークス
 狼と香辛料 ボクとホロの一年(通常版)
 狼と香辛料 ボクとホロの一年(初回限定版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。