ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報告が遅れましたがTouch!ボンバーマンランド、影ながらランドモードを全部クリア致しました\(^o^)/
プレイ時間は約10時間。

クリアすると「ボンバーハウスゲーム+」が出来るように。
ライフポイント3で、何人まで相手を倒せるかのサバイバルモードのようです。

ランドモードは、お使いイベントを全部こなさないとクリアできないようですね。
特に、ライバルからの果たし状(メール)は、順次こなす必要があるみたい。

アイテムはボンバーメダルで交換できる物もありますが、
「ウォーターボム」だけはメダルで交換する必要があります
※後日、マップ上で見つかりましたw

ちなみに各ピースは最高で25個ずつ見たいです。
スポンサーサイト
この前、フレンド対戦中に称号が変化しました。
14戦7勝
現在の戦績:

14戦7勝

称号=青旗
青旗の条件は「連敗する事」みたいですw
ダメな称号なんですね(´Д⊂ヽ
他にも「対戦回数が多い」とサングラスマークになるようです。
詳しくは、ボンバーマンバトルWikiを。

フレンド対戦の話に戻りますが、マッチング方式は「だれとでも」と同じですね。
部屋は作れないみたいです。
検索を掛けた後、フレンドの相手が見つかっても名前が分からないしw
ルール画面でようやく名前が確認できると言う罠。
再戦機能が在るだけ「ブリーチ DS 蒼天に駆ける運命」のWi-Fi環境よりはマシかな^^;
ちなみに、ルールは「だれとでも」と同じく、設定を変える事は出来ませんでした-ω-)・・・
来月の8月3日に発売される「あつまれ! パワプロクンのDS甲子園」についての情報。

パワプロプロダクションMailMagazine(号外)より

○選手を育て、憧れの甲子園へ行こう!
自分が監督でもよし!
自分がキャプテンでもよし!
全モード、Wi-Fi通信対応で遊べる!!
今度の甲子園は全てのモードが、
みんなとつないで遊べる!

○新しくなった育成モード
▽監督モード
・野球部の監督として甲子園を目指し、最大10年間での成果・記録を競う新モード!
・卒業アルバムの選手を再結集して、アレンジで最強OBチームを作ろう!
▽キャプテンモード
・パワーアップしたキャプテン視点のチーム育成モード!
▽Wi-Fi選手権(Wi-Fi通信専用モード)
・Wi-Fi通信対戦で試合を勝ち抜きチーム育成するモード
・Wi-Fiコネクションで通信相手を選んで対戦だ!「アクション操作の野球(守備オート)」甲子園優勝を目指す新モード!
・友だちや全国のライバルチームと戦うことができる「ネット甲子園」だ!

※「監督モード」「キャプテンモード」はWi-Fi通信をセットした状態であれば、プレイしている最中に、知らない人とイレギュラーな練習試合が出来る!もちろん、一人でも、じっくり遊べる育成モードです!
※育成モードで仲間になる選手が増えて、432名になった!
※「甲子園ポイント」「血液型」「天狗レベル」「装備アイテム」などの新パラメータが付いた!
※コマンドの種類も多数追加され、より幅広い選手育成が可能に!
※試合スケジュールもよりリアルに進行、イベントも大幅にボリュ-ムアップし、育成の楽しさ、高校野球らしさが大幅にバージョンアップ!

○充実の野球モード
★「通常操作のアクション野球」(通信対戦可能)
★「監督指示野球」(通信対戦可能)チャット可能
セミオートの試合中に、「交代」「打撃指示」「走塁指示」「投球」「守備位置」「伝令」「円陣」など、監督ならではの指示を出し、チームを勝利に導くモード
★2種類の観戦モード(ふつう・高速)

○コミュニケーションとしてのモード
★通信で仲間を集める通信広場が充実。

・チャット機能 普通のチャット、定型文を選択するセレクトチャット、いろんなタイプのキャラクタのプリセット音声でのチャット。3つのタイプで最大4人の同時チャット可能!
・選手の交換、アレンジチームの交換
・全国クリアマップ
・400種以上のアイテム集めとWi-Fiでのアイテム交換
・マイルーム(アイテムの保管庫)の自慢モード
・11種類のWi-Fi通信での色々な戦歴などのランキング!
(友達とランキングデータを自動交換してランキング情報を入手!)
今日から(7月28日現在)クラブニンテンドーで、「ゲーム&ウォッチコレクション」のポイント交換が開始されましたね^^
自分は当日の午前0時30分頃にポイント交換しました へ(゚∀゚へ)
ちなみに、交換するには500ポイントが必要です。

本当は交換開始直後の午前0時頃に交換予定だったんですが、その時間帯は「クラニン」がすごい混雑していて^^;
ログインすら、できませんでした((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ログインしてからもページが見つからないわ、在庫切れのメッセージが出るわ・・
正直、焦りましたw
おそらく、テンバイヤー(転売家)が頑張っていたと推測。
オークションでは「1万円」前後で売却されていますからね。

とりあえず何とか交換の手続きは完了したので、3週間後に「ゲーム&ウォッチコレクション」が届く予定。
自分は未開封で保存しようか、プレイして懐かしさに浸ろうか悩み中です-ω-)

参考資料
任天堂INSIDE
DSステーションで限定家具を貰って来ました。
限定家具「ハテナブロック」と「ノコノコこうら」

今回は
「ハテナブロック」

「ノコノコこうら」×2
を入手。
来月の8月3日からは「コイン」と「マリオのゆか」の2種類が配布されるそうなので、また貰いに行く予定です。
ポーラ(ペンギン♀)からバースデーケーキを貰いました。
誕生日♪
内訳:

フフン、
喜んでもらえて
光栄だわ、カユッ!
って、ノミに刺されとるw

とりあえず、ありがとう(;´∀`)

追記:
誕生日は、ニンテンドーDS本体の起動音が変わるんですね。
「ちりん、ちりん」と鈴の音が響きました。
ランドモードで「サメピエロ」に勝利。
ミニゲームの種類は「ホッケー」
って、「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」の話なんですが(;^ω^)
これでやっと1人目のボスを撃破。
結構時間が掛かりました^^;

現在の「ピース」の数は、スペード=約20個、ダイヤ=約15個、ハート=約15個、クラブ=約10個
ボンバーメダルは約10個。
未だに、景品とは交換せず。
「ウォーターボム」を探しているんですが、アレは景品と交換するしかないんですかね-ω-)
「スプリングボム」は交換しなくても見つかりましたし・・
出来れば、ボンバーメダルは使いたくない所です。
「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」はWi-Fi対戦が目的で購入したんですが、ランドモード(1人用モード)の方が面白いと感じた今日この頃(;^ω^)
ミニゲームの出来が良いんです(´Д⊂ヽ
タッチスクリーンを回したり、スクラッチしたり、スライドしたり・・
タッチペンで操作するミニゲームは面白いですね。
息を吹きかけて火を消すミニゲームなんてもう(*´Д `*)
マイクを使用したゲームは初めてでして^^;

最初プレイしていてイマイチやる気が起こらなかったんですが、設定が分かってくると自然と面白くなってきますね。
探索型なのでやりこみ要素があるのがいい!(´・∀・)b
ピース集めは、それ程苦労しないのでなかなかの難易度。
システムにメール要素が在るんですが、仲間からのメールが半端ないです。
進む事に、メールの荒らしが((;゚Д゚)ガクガクブルブル
内容はアドバイスやら、果たし状やら、お使い事やら。
まぁ、飽きさせない作りなんですかね^^;
Touch(タッチ)!ボンバーマンランド、影ながらWi-Fi対戦をプレイしています。
基本は1人用の「ランドモード」をプレイしているんですが、このモードはミニゲームの出来が良いですね^^
その話は後日する事にして、Wi-Fi対戦の話を。

Wi-Fi対戦時のルールは3ラウンド制のスコア方式なんですが、最終的にトータルポイントが1位の人に「勝ち」が付く模様。
1ラウンド事に、1位=15ポイント、2位=7ポイント、3位=6ポイント・・と振り分けられます。
更に、1人倒す事にボーナスポイントが付きます。(倒した数×1ポイント)
まぁ、2回1位を取れば「勝ち」が、ほぼ確定します-ω-)

ミソボンのルールは「スーパー」で、ミソボンで相手を倒すと復活するシステム。
「タチボン」はミソボンの初期火力が1なので、プレイヤーよりも倒しやすいCOM(Lv=弱い)を狙うと復活しやすい模様。
順位を維持するには仕様が無い事です(´Д⊂ヽ

このゲームには「拍手」と「ブーイング」機能が在るんですが、1位の人に対してブーイングする人が居るから恐ろしいw
かわいそうなので、自分は拍手で対抗してあげてます(´・ω・)
前回Wi-Fiのサーチ時間が長いと伝えましたが、どうやら発売初日だったからようですね^^;
「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」が発売してから日数も経過して、Wi-Fi人口も増えてきた模様。
今では対戦相手が見つかる見つかる。
ほぼ4人で開始される所がうれしいですね^^

2chでは、ラグ問題で騒がれていましたが自分は全くの無縁の様です。
おそらく、外人らしき人とマッチングされるとラグが醜くなるようですね。
今の所はラグらしき物もなく、快適にプレイできています。

「タチボン」のWi-Fi対戦には、レートの代わりに称号があるようです。
自分はまだ「双葉」なんですが、シューズマークやキックマークを確認済み。
称号の条件は、それらのアイテムに関係しているんですかね-ω-)
引き続き「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」の感想。
今回は肝心のWi-Fi対戦をプレイ。

まず、対戦相手は「フレンド」「ライバル」「だれとでも」から選べます。
ここでは「だれとでも」を選択。
対戦相手のサーチが自動的に開始され、しばらく待つ事に。
サーチ中は見つかった対戦相手が、上画面に表示される仕組みでした。
・・・ふうむ、対戦相手がなかなか見つからないw
サーチ時間が長いように思いました。
待ち時間は、今までプレイした事のあるWi-Fi対応ソフトの中では一番長いかな?

ようやく対戦相手が3人見つかって、設定画面へ移行。
Wi-Fi対戦時のルールは固定で、3ラウンド制の「スコア」、ミソボンで相手を倒すと復活するシステム。
CPUが標準で4人付いており、計8人にならない場合は最高で6人のCPUが付く模様。
ステージは多数決で選ばれます。
ここでは「スタンダード」(初期ステージ)を選ぶ人が多いように感じました。

いざバトル開始!
最初に自分のネームが確認されるように表示される。
その後、自キャラが動けるように(自キャラの初期位置は、ラウンド毎にランダムに入れ替わる模様)
皆、黙々とブロックを破壊。
アイテムに「パンチ」「グローブ」が無いので、初期位置でいきなり殺される事は無いようですw
画面外からの攻撃はミソボンのみ可能です(ミソボンの火力は1)
おかげで、直接対決で相手を倒す必要があり「ボムで挟む」「誘爆」が基本戦法のようですね。

参考までにオフラインプレイ時の画像を掲載します。
「Touch!ボンバーマンランド」上画面
上画面
「Touch!ボンバーマンランド」下画面
下画面
本日「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」を購入。
早速プレイ。

オープニングにちょっとしたキャラ紹介(シロボン、クロボンなど)が流れて、タイトル画面へ。
タイトル画面はボタン操作を受け付けないようで、画面にタッチするとメニューが出現。
メニューを選ぶ時もボタン操作を受け付けない見たいで、「バトルパック」モードをタッチしてみる。
すると「ここからはボタン操作」の警告が出現。
わずらわしいと思いながらも、ボタン操作に切り替える自分。
基本はタッチペンで操作なんですね。

バトルパックモードでは、手始めにオフラインでCPU7人(強さは全員「ふつう」)とバトル。
ステージは「ノーマル」、ルールは説明書を見ながらWi-Fi対戦と同じルールになるよう設定。
いざバトル開始!
自キャラを動かしてみる。
ふうむ・・、動きがもっさり(ゆったり)w
決して遅くは無いですが、早くも無いです。
初期火力は1で、ブロックを壊すのに2マス同時が狙いにくいように見えました。
が、アイテムの出現頻度が高いですね。
おかげで、すぐに火力がUPするのでブロックの崩壊スピードはなかなか良い感じでした^^
アイテムは「ボムUP/DUWN」「ファイアー(火力)UP/DUWN」「スピードUP」「下駄」「キック」を今の所は確認(計7個)
Yボタンを使用しないので「パンチ」は無いのかな?
Xボタンは相手の「ネーム」確認に使用するみたいですし。
しかも、Lボタンがブーイングで、Rボタンが拍手ってw

明日にはWi-Fiの感想を執筆する予定です・・<(_ _)>
村長さんからの「限定家具」を貰いに、DSステーションに行って来ました。
「ドカン」と「スター」を1個ずつ入手。
限定家具「ドカン」と「スター」



ドカン大きいですね(;^ω^)
4マス分の幅を取っています。
※気付いた事
メッセージボトルはいくら流しても、1個と見なされるんですね^^;
6個流しましたが貰えたのは1個だけ。
たぶん、以前に流したメッセージボトルが上書きされるんでしょうね。
結局その場で、メッセージボトルを流し直しました。
お店で「おい森」をプレイするのは、少し恥ずかしいですねw
7月15(土)と16日(日)はポイント戦をプレイ。
2chの本スレで「午後11時からルール:国内→4人→ポイント→霊符無し」のカキコが在ったからなんですけどね。
やっぱりそこは2ch、その時間帯は人がいるいる。
過疎気味だったWi-Fiに、計20人は居たんでは無いでしょうか。

久しぶりの国内4人戦はやっぱり熱いですね。
顔見知りのお方が何人も居られて、親近感が沸きましたw
ポイントは先に死んでしまう事が無いので、初心者さんでも最後までプレイが出来るのが良さげ。

自分は「J.Jan IRC」と言うDSネームでプレイしているので、見かけた時はよろしくです(・∀・)ノシ
久しぶりに「ポケモン」の通信対戦をしました。
やっぱり育成したポケモンの使い方を完全に忘れていますねw
特に3匹の組み合わせが、試行錯誤になりがちです。
負けてから「あぁ、そういえばこの組み合わせはダメだったんだ」とか^^;

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」では、全体の内の90%のポケモンが進化を遂げるようですね。
と言う事は、GBA版の「ポケットモンスター」で、例えば「ニューラ」をLv100にしてしまうと「マニューラ」には進化しないと言う事ですかね?
Wi-Fi対戦のために、今からGBA版でポケモンを育てるのも良いですが、まだ進化しそうなポケモンはLv98~99(もしくはLv48~49)で止めて置くべきでしょう(噂では「ニューラ」「グライガー」が新作で進化する予定らしいです)
とりあえず、自分はLv50を中心に育てる事にします^^
もちろん、「性格」「個体値」「努力値」「技構成」を考慮しながらの育成を(`・ω・)
公式サイトのスタッフルームでは、「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」を「タチボン」と略すのが流行っているようで。

発売まで後4日となりましたが、色々な掲示板を見ていると、ランドモードという1人用モードが「ボンバーマンランド」シリーズを通して出来が良いようですね。
自分は「ボンバーマンランド」シリーズは未プレイで、Wi-Fi対戦目的でこのゲームを購入する予定なんですが、1人用モードもプレイしてみるかな?
同じWi-Fi対応ソフトの「テトリスDS」は、1人用モードを全くプレイしなかったので^^;
それだけ「Wi-Fi対戦」が面白かったんですけどね。

ファミ通のレビューは、「7,8,8,7」(40満点中30点)とシルバー殿堂に公認されました。
ただ、この評価にはWi-Fiの感想は入っていない模様(メトロイドプライムハンターズの時もそうだったんですが)
何でも、Wi-Fi対戦の戦績は「レート」には反映されず、何戦何勝と表示されるようです。
2chより)

参考資料
ファミ通.com
公式サイトにてパッケージ写真が公開され、メインとなるポケモンの名前も判明した模様。
ダイヤモンドはディアルガ、パールはパルキアと、如何にも鋼タイプと言った感じのネーミングです。

前回、発売予定日が9月28日と記述しましたが、正式にポケモンの発売日が決定致したようで。
2006年9月28日

まぁ、予定通りの発売日でした。

ちなみに、肝心の予約受付は2006年8月11日(金)午前9時以降から開始予定。
ダイヤモンド・パールを予約すると、特典として海洋堂製作のオリジナルフィギュアが貰えるようです。
発売日に売り切れ、という事が無いためにも、購入を予定している人にとっては予約が得策だと思われます。

特典については、ダイヤモンドを予約するとディアルガが、パールを予約するとパルキアのフィギュアが付いてくる模様。
また、2つのバージョンもしくは同バージョンを2本予約すると、シークレットフィギュアが付属されるというサプライズが。
3体目のフィギュアについての詳細は明らかではないですが、兄弟などで別々のバージョンを購入する予定の場合は、一緒に予約をすると吉っぽいですヽ(゚∀゚)ノ

■関連記事
任天堂INSIDE
連夜続けての誕生日会。「ちくおんき」をプレゼントしておきました。
ヒュージくんの誕生日♪
内訳:

おかえしに ボクも
何か あげるねぇ
ハイ! たいまつ!

右に居るのはピーチク(トリ♀)
これで、ムーディな部屋になるはず。
「おい森」日記いくぞ( ゚Д゚)ゴルァ !
ピーチクちゃんの誕生日♪
内訳:

アタイの中の
オヤビンちゃんカブ、
はね上がっちゃう!

左に居るのはヒュージ(ゾウ♂)
「うしのずがいこつ」をプレゼントしておきました。

明日は「ヒュージ」の誕生日、行くぞ( ゚Д゚)ゴルァ !
最近、「メトロイドプライムハンターズ」のWi-Fiで「壁抜け」というものが流行っているようです。
その名の通りステージ内の壁に入る事ができる「バグ技」なんですがね^^;

国内ランダム戦で特に使用する方が多いように感じるんですが、その中でも「ウィーベル」というハンターが群を抜いて狙ってきますね。
壁の中に自動砲台(通称:チ○コ砲)を埋め込んで放置プレイって・・w

これを対処するにはハンターが「ノクサス」でないときついらしいです。
ノクサスの「凍結攻撃」は壁を貫通するので、壁に向かって凍結攻撃を放つとダメージを与える事ができます。
SF(シャドウフリーズ)というバグ技でも対処できますが、この技は相手が壁抜けした時のみの使用をお勧めします。
同じバグ技なので相手がアレで無い限りは使用しないのが無難です。
ブリーチ DS 蒼天に駆ける運命、今頃になって争奪戦にはまるとは・・
相手と霊圧(ポイント)を奪い合うシステムなんですが、勝つと自分の霊圧が上昇し、負けると霊圧が減少します。
最初は霊圧1000から始まるんですが、1回勝利すると霊圧が100~300ぐらい上昇します。
相手の霊圧が高いほど、勝利した時の霊圧の上昇が大きいようです。
負けると80ぐらい霊圧が下がる様ですね(相手の霊圧によって異なりますが)

あと、霊圧に比例して「席」も与えられる模様。
最初は10席から始まり、9席→8席と上がって行くようです。

自分の今の霊圧は「1680」です(;^ω^)
只今、10席当たりをうろついています。
「ポケットモンスター」の新作が近々、ニンテンドーDSで発売される事になりますが、2つのバージョンの名前の由来が公式サイトで、説明されていますね。

「ダイヤモンド」は究極の硬度を持ち、「パール」は究極の真円を表す。
これらが示すように「ダイヤモンド・パール」は、「究極」のソフトを目指して作られているようです。
これはすごく期待の持てる説明ですね^^

Wi-Fiに対応しているという事なので、対戦・トレード(ポケモン交換)のために今は発売予定日の9月28日までの間に、GBAのポケモンを育成しておくのも良いかもしれませんね^^
ポケモン新作!「ポケモン ダイヤモンド・パール」公式サイトを見る

+(0゚・∀・) + ワクテカ +しながら待ち望んでいた「ポケモン」シリーズの正式続編。
今回は、ニンテンドーDS用ソフトとして「ダイヤモンド」「パール」の2つのバージョンが発売されます(また、後々新バージョンが出るかもね^^;)
肝心の発売日は以前から今年の秋と発表されていましたが、何でもam3というポケモンの「アドバンスDSムービー」を作成している会社のサイトに「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」の発売日が記載されていたようです(しかも、パッケージの写真まで!)
今はある理由により、am3さんが発売日とパッケージ写真を削除されたようです(公式サイトでもまだ記載されていませんからね^^;)
削除される前に書かれていた情報としては、今年の「9月28日」に発売されるようです。
これが真実かどうかは、後々公式サイトにて発表されるでしょう。
ゲームソフトの予約は、まだどの店も受け付けていないようです。

パッケージ画像は、海外のサイトで確認できるようです(本記事の右上に掲載しています)

参考資料
任天堂INSIDE
メトロイドプライムハンターズのWi-Fi対戦について。

ここ最近の使用キャラは厨と名高いサイラックスを中心にサイクルしていましたが、ノクサスをメインとすることに。
まぁ、理由はモーフ狩りが行いやすいためなんですが。

簡単に説明するとジュディケイターのチャージショットがトランス(変身)状態には有効と言う事です。
ランクの☆が上がると、どうしてもモーフ狩りの作業になりがちなのは否めないですが・・。

一応、サイラックスのパワービームでも頑張ってきたつもりですが、何のためにこのハンターを使用していたのかが不明。
得意武器も使わず、使用している実感が無いなぁとふと思いましたw

とりあえず、Wi-Fi対戦で少しでもモーフ厨がいなくなれば(^ω^)・・・
3Dシューティングゲームでお馴染みの「スターフォックス」シリーズ。
この作品の最新作が、ニンテンドーDS用ソフトとして今年の8月3日に発売されます。
ゲームのタイトルは「スターフォックスコマンド」
今回の最大の目玉は、対戦モードがWi-Fi通信に対応している事ですね^^
今までのシリーズは、COMと対戦する事すら出来なかった訳ですから、これは期待ができます。

公式サイトはまだ公開されていませんが、実際の画像を見た感じは、アメリカンコミック調の画質ですね(詳しくは↓の参考資料を)
タイトルに「コマンド(指揮)」が付いているだけあって、今回のミッションモードは仲間の指揮が重要になる様です。

任天堂INSIDEより抜粋(少し古い記事です)
『スターフォックスDS』は原点に返ったフォックスで、画面の雰囲気も初代の感じが出ています。アーウィンを操作してミッションを遂行していきます。戦略要素も加えられ、味方の攻撃目標や飛行ルートを作成します。Wi-Fiコネクションで世界中のユーザーとの対戦もできるようになっています。 2006年5月27日(土)

参考資料、ゲーム画像などなど(ファミ通.com)
最新情報 2006年7月4日(火)
ストーリー 2006年6月12日(月)
任天堂の会員サービスであるクラブニンテンドーのプレゼントが追加されていますね(2006年6月23日より開始)
明日の7月7日に自分的に狙い目の「花札」が追加されます。
ルールは知らないんですがね^^;

真の狙い目はやはり、7月28日にポイント交換が開始されるクラニン限定のゲームソフトでしょうか。
タイトルは「ゲーム&ウォッチコレクション」
知ってる人も多いと思いますが、同名タイトルの携帯型液晶ゲーム機が、昔は流行していました。
ゲームのビジュアルも、操作性も現代のゲームとは比べ物にはなりませんが、いわゆるレトロゲームですので、プレイすればまた違った楽しみがあります(懐かしさ、古臭さ・・wなどなど)
今回はそのレトロゲームが、ニンテンドーDS用ソフトとなって再登場する事になりました^^
説明を見る限り、収録されているゲームは「ドンキーコング」「オイルパニック」「グリーンハウス」の3つの様です。
ドンキーコングは今でも有名なタイトルですよね。

既にオークションなどで、このゲームソフトの転売が始まっているので(大体1万円前後で売られています)ポイントで交換したい方は早めに引き換えるのが無難だと思います。
前のプレゼント引き換えであった「ゼルダコレクション」並みにプレミアが付くかも知れませんし・・
自分は7月28日に早々とポイントで交換して、未開封で保存するつもりです(笑)
ちなみに必要ポイントは500ポイントですので、ご確認を。

参考資料(クラブニンテンドー)
新プレゼント登場!
「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」を購入する事にしたんですが、Wi-Fi対戦は4人まで見たいです。
8人だと揃うまでに時間が掛かるので、それはそれで良いかも知れませんね^^

公式サイトの事を詳しく説明。

モードは全部で3つ

ランドモード=1人用モードです。ここでクリアしたアトラクションは、次で説明する「アトラクションモード」で遊べるようになります。
注意点は、フィールド内の移動方法がタッチペンでの操作に固定している事です(噂)。噂ですので、実際は十字キーでも動かせるのかもしれません。

アトラクションモード=「ランドモード」でクリアしたアトラクションを使用して1~4人で対戦するモードです。
対戦相手はCOMも選べるようで、1本のソフトで4人までダウンロードプレイが出来ます。
このモードはWi-Fiには対応していません。

ボンバーマンバトルパック=唯一、Wi-Fiに対応しているモード。
爆弾で相手を爆殺し、最後まで生き残れば勝利するお馴染みのシステム。これが本家の「ボンバーマン」です。
1本のソフトで8人までダウンロードプレイができます。
Wi-Fi対戦は1~4人までで、上画面と下画面に分かれて戦う方式。
十字キーとAボタンのみでプレイできると表記されていますが、対戦動画を見てみるとキックしたボムをBボタンで止めていたので、1つ上のテクニックを使用する場合は他のボタンも使う必要があるみたいです。

「タチボン」のソフトには「ボンバーマンバトルパック」のマークが付いてあり、「ボンバーマンバトルパック」のマークが付いたソフト同士ではWi-Fi対戦が出来るそうです。
「タチボン」のソフト同士でWi-Fi対戦が出来るのは当たり前の事ですが、他にも「ボンバーマンバトルパック」のマークが付いたソフトが発売されるらしく、そのソフトともWi-Fi対戦が出来るようです(対戦できるモードはもちろん「ボンバーマンバトルパック」のみ・・なのかな?)

任天堂INSIDEより抜粋
DSについては発売するタイトルにWi-Fiに対応した「ボンバーマンバトルパック」を搭載するという計画を明らかにしています。恐らく、ハドソンのDSタイトルをどれか1つでも持っているユーザー同士ならそのソフトの種類に関わらずWi-Fiで対戦できるという仕組みになるものと思われます。
Joshin(関西の家電量販店)からバースデーポイント(300ポイント)プレゼントのご案内が届いていたので、ポイントを貰いに行ってきました。
ついでですから、ニンテンドーDSの周辺機器を購入。

購入した物
ゲームテック「タッチペングリップDLite ブラック」(300円)
ゲームテック「カードケース6D クリアブラック」(500円)
計800円

【使ってみた感想】

㊧タッチペングリップDLite
やっぱり持ちやすいです。
大きいと力加減もおのずと減りますからね。
腕の負担が減りました^^
自分的にはグリップを持つよりも、更にその上を持って長めに持つ方がしっくりきます。
この持ち方の方が自分は楽ですね。
タッチペンをDSの天井に収納できるのも良いです。
但し、この状態でプレイするとL、Rボタンが押せません。
カードリッジも取り出す事ができないのであしからず。
上にタッチペンを取り付ける方式こう見えて6個入ります。
㊨カードケース6D
こう見えて、後5個カードリッジが入ります。
3個分のスペースで6個入るのは良いですね^^
開け口も硬くなく、ひらけやすいです。
「Touch!ボンバーマンランド」を予約してきました。
次のブログのサブタイトルは「Touch(タッチ)!ボンバーマンランド」になると思います。
もちろんWi-Fiの感想を執筆する予定です^^

「ボンバーマン」とは、爆弾で相手を爆殺するゲームです((;゚Д゚)ガクガクブルブル
「ランドモード」という1人用モードも充実しているそうですが、自分はやっぱりWi-Fi対戦に期待ですね。
特にフレンド対戦でのチーム戦が楽しみです。
グローブで相手を崖に放り込んだ時なんて、もう・・(*´Д `*)
たまりません。
昨日、久しぶりに「メトロイドプライムハンターズ」のフレンド対戦をしました。
やっぱりフレンド対戦は良いですね。
常時トランスフォーム(変形状態)で突っ込んでくる人がいないのでw
Wi-Fi国内対戦ではこれが日常茶飯事なんです(´Д⊂ヽ

フレンド対戦はルール:ディフェンダーがおもしろいですね(昨日は全戦、このルールでしたw)
ステージ内にある陣地を探して、そこを一番長い間占領したプレイヤーが勝利するシステムなんですが、これがまた熱いです。
陣地には敵が自然と群がってくるので決まって打ち合いになります。
倒した数が関係ないので、隠れて狙撃してても勝てないのが良いですね。
チーム戦も出来るんですが、1人で陣地を守っている時の孤独感といったら・・
(´;ω;`)ブワッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。