ポケットモンスター(ポケモン)プラチナの攻略プレイ日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
実況パワフルプロ野球14・Wiiの総合的なレビューでも。

■打撃
ボールはカットしやすく、三振は意図的に減らす事が可能。
しかし、しっかりミートしないと凡打の確率が高く、スコアボードに「0」が並ぶ事も。
また、ストレートの体感速度が速いため、デジタル操作でプレイしている人には若干厳しいものがある。

■投球
パワプロ14では間違いなく投手有利。
ストレートの体感速度UP、スライダー系統の変化幅UPが今までのパワプロに慣れてきた人にとっては辛い仕様変更。
しかし、そんな投手の強化された仕様でも対:CPU(めちゃつよ・パワフル)では普通にジャストミートしてくるという罠。

■走塁
走塁スピードは至って平凡で、セーフティバントなどの内野安打も狙う事が可能。
また、予約盗塁が廃止されたため、「盗塁4」以上を修得していれば盗塁はほぼ成功と言うシチュエーションは無くなった。
つまり、盗塁のスタートダッシュを行うタイミングが成功率の大方を左右する。

■守備
全体的に少し守備範囲が狭まっているが、ダイビングキャッチなどのアクションにより多少は補う事が可能。
特に、外野手のバック走のスピードが低下しているため、打球が左中間・右中間を抜けると長打が確定するようになった。

■総合
対人戦では「投高打低」
対CPUでは「投低打高(よわい・ふつう)」「投高打低(つよい・めちゃつよ・パワフル)」
何連戦も試合を行ってようやく分かりましたが、「慣れ」が応じてきても非常に打撃が難しいですw
対人戦ではスコアボードに「0」が並ぶ事はザラで、やはりストレートとスライダー系統の変化球だけでもかなりの威力を発揮するので俄然投手有利といった所。

また、打撃ではカットしたつもりのボールがファールとして打ち取られる場面が多く、迂闊にボールには手出し出来ないと言った現状でした。
最後に、パワプロ14・Wiiの店頭デモムービーでも。
※動画は続きを読むにて
■選手データの閲覧
メニューの「データあれこれ」にてコナミコマンドを入力。
入力するごとに「実在選手→ホームラン競争ご褒美選手(現役)→OB選手→サクセスオールスターズ」とデータが切り替わっていく。

PS2=↑↑↓↓←→←→L1R1
Wii=↑↑↓↓←→←→YX(GCコントローラ・クラシックコントローラ)
Wii=↑↑↓↓←→←→12(Wiiリモコン)

■隠し球場
メニュー画面にて以下のコマンドを入力。
※隠し球場のセーブは不可能なため、毎回ゲーム起動時に入力する必要がある

共通=↑↑↓↓←→←→スタート(素早く入力)

ちなみに、出現する新たな球場は、
室内=猪狩ドーム
野外=地方球場・河川敷球場・山ノ手市民球場

の全4つ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。